お節介オヤジの呟き

2017年10月21日 オリオン座流星群が極大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
GWお金をかけずに楽しめる天体ショー
Reading Time: < 1 minute



ここの所、雨が降って気温もかなり下がっていますが今週の土曜日に大きな天体ショーがあるのをご存じですか?何でも今回の様なのは2025年までないらしいですよ。でも気になるのは天候ですね。今の予報ではあまりよくない様ですが…

10月21日に迎えるオリオン座流星群の極大日 17年は最高の観測条件

livedoor 2017年9月23日 13時45分より引用

2017年のオリオン座流星群は観測条件が最高 このチャンスを逃さないで

2017年10月21日の夜中、秋の夜空を飾る天体ショー、オリオン座流星群が極大日(もっとも活発になる時)を迎えます。しかも、今年は「観測条件がたいへんよい」と、国立天文台も太鼓判をおすほど!

観測するには?

オリオン座流星群のピークは、10月21日の20時ごろ。天体観測というと、深夜のイメージがありますが、その必要はなさそうです。また、当日は新月のため月明かりの影響がなく、観測にはもってこいの条件。ここまで条件がそろう年は、2025年までないとの予測も…。これは、見逃せません!

オリオン座流星群は流れ星の速度が速く、明るいのが特徴です。そのため、明るくあとを残すようなものが多く見えやすいといわれています。そして今年は観測条件もよく、例年より、流れ星に願いをこめるチャンスがアップするかもしれません!ちなみに、21日は土曜日。家を空け、街頭の少ないキャンプ場で過ごしながら、オリオン座流星群を観測…なんていうのも素敵ですね。とはいえ、10月も終わりのころのため、深夜や夜明けはかなり冷え込みます。観測時は、防寒対策を忘れずに。

2017年10月21日 オリオン座流星群が極大

AstoroArts 2017年10月16日 より引用

10月21日、オリオン座流星群の活動が極大となる。21日深夜から22日明け方が一番の見ごろで、1時間あたり15個程度の出現予想だ。

10月21日、オリオン座流星群の活動が極大となる。予測極大時刻は20時ごろで、放射点が昇ってくる21日深夜から22日の明け方にかけてが見ごろとなる。月明かりの影響がまったくない好条件なので、広く空を見渡そう。空の条件の良いところで1時間あたり20個程度、空が明るいところや視界が開けていないところでは5~10個ほど見えると予想される。

母天体は5月のみずがめ座η(エータ)流星群と同じくハレー彗星で、ハレー彗星の軌道は年に2回地球の軌道と近づいていることになる。そのハレー彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過することで、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込み、上空100km前後で発光して見えるのが流星群の流れ星だ。

関連記事:雨が降っても楽しく過ごせる場所を探しておこう!


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください