お節介オヤジの呟き

選挙に大義って何ですか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute



国会議員を選ぶ権利があるので選挙にはいくともりではありますが、緑のおばさんこと現東京都知事の小池さんが新党を設立してかなり引っ掻き回せれている感がありますが、緑のおばさんは都知事選挙で公約していた事を何の動いていない。そんな方が党首の党に1票いれる形になる様な消去法の選挙って意味あるのでしょうかね?(あくまでも個人的な意見です)

選挙に大義って何ですか? 選挙にテーマって必要なんでしょうか?

衆院総選挙

衆議院総選挙が始まります。前回は2014年の年末に行われましたのでおおよそ三年ぶりの衆議院総選挙になります。投入される予定の税金はおおよそ700億円ともいわれる巨費が投入されます。国家運営のかじ取りを決める重要な選挙であり、国民の権利を行使する機会ですので、いやがおうにも注目が集まりますね。

選挙の意味

今回の選挙において、マスコミ各社や各政党がこぞって批判しているのが「大義がない」という点です。大義の意味を調べてみますと①人として守るべき道義②重要な意義とありますが、今回使われているのはおそらく②のほうの意味であると思われます。

筆者は特定の政党支持者ではないのですが、今回、解散総選挙を批判する政治家やマスコミはいったい何が言いたいのか正直、よくわかりません。「大義がないから――」その後に続く言葉がよくわからないのです。大義がないからけしからん、大義がないからけしからん解散をしかける安倍首相率いる自民党に入れるな、大義がないから選挙に行くな、なのでしょうか?そもそも選挙そのものを批判するような形は、往々にして選挙への関心を低下させ、投票率の低下を招き、その結果野党側にとっては不利な状況になるというのが目に見えています。それとも野党側は勝ち目がないのでヤケクソ? そうであるのならばあまりにも情けないとしか言いようがありません。

過去の総選挙

あるTV番組でコメンテーターが「巨費の血税を投入して選挙を行うのだから選挙に大義は必要だ」と発言していました。果たしてそうなのでしょうか? 選挙とは国民の意志を示す機会ではありますが、大きなテーマを全面に打ち出して、その是非を問う事だけが総選挙なのでしょうか? そもそも過去の総選挙に大義ってあったのでしょうか? 筆者的に記憶に残っているのは消費税導入の是非、郵政民営化、および自民党から民主党(元民進党)へ政権交代が行われたこの三つの総選挙くらいしか記憶にありません。

いろいろな政党政治家に対する、いろいろな世の中の問題に対する国民一人一人の考えを、自身の考えを実現してくれそうな政党、政治家に票を投じて託す、これ以上でもなければ以下でもないのが、我々の投票に対するスタンスであると思われます。

皆さん、選挙に行きましょう!!

関連記事:頑張り過ぎて疲れたビジネスマンに捧げる

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください