お節介オヤジの呟き

フットボールアワー岩尾、容姿差別批判のCMに持論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute



CMや地上波のテレビにしても色々と規制をし過ぎではないでしょうか?テレビ離れと言われだして大分たちますが、”規制=現実離れ”と言う気がしますが、今回のCMだってそんなに嫌悪感はないけど…規制をしたがるお偉い方々が地上波のテレビやCMをダメにしているのではないでしょうか?あくまでも個人的な意見ですけど

ALFACE(オルフェス )CM

ALFACE(オルフェス )CMチャンス篇

YouTubeの評価もGood評価よりBad評価の方が多い。

ALFACE(オルフェス)CMピンチ篇

こちらも圧倒的にBad評価の多いけどそんなに嫌な感じになるか疑問ですが…

フットボールアワー岩尾、容姿差別批判のCMに持論

日刊スポーツ 2017年9月28日より引用

フットボールアワーの岩尾望(41)が、容姿差別との批判を受けているCMの放送中止について「やめた方が腹立つ」とコメントした。

28日放送のフジテレビ系「バイキング」は、ロハス製薬「ALFACE(オルフェス)」新CMの炎上騒ぎを紹介。同CMの「チャンス編」では女性がイケメン男性から微笑みかけられて笑顔になり、「チャンスはいつでもやってくる」のキャッチコピーで締めくくられるが、「ピンチ編」ではイケメンに代わってぽっちゃり体型の男性が登場。女性が嫌悪の表情を浮かべて「キレイはピンチを招くときもある」というキャッチコピーで締めくくられる。女性が男性の容姿によって表情や対応を変える内容が、容姿差別だと批判を受けているという。

しかし、よしもとブサイクランキングの殿堂入りを果たしている岩尾は「ブサイクって言われてる人間からすると、あれを観て『許さん!』とか『けしからん!』とかいう気持ちは何も起こらない。何を怒ってるのかな」と批判に首を傾げた。

タレントのホラン千秋は「今、こういうことにすごく敏感じゃないですか。だから深読みに深読みを重ねて、さらにその下も深読みしちゃって、何が正解なのかわからなくなってる部分もあると思う」と今回の炎上騒ぎを分析。俳優の坂上忍は「言論の自由が表現の自由を潰すんじゃないか。言いたい放題言うのも結構だけど、ノイジーマイノリティーをあんまり尊重しちゃうと何もできなくなっちゃう」と懸念した。

ロハス製薬は同CMの製作意図について「笑いで印象をつけ他社との差別化を図った」とした上で、「容姿差別を意図したり炎上商法を狙ったわけではない」とコメント。ただ批判を受け、CMの放送中止も検討しているとした。

しかし坂上は「絶対やめちゃダメだよね」と放送継続を支持。岩尾も「これでやめた方が腹立ちますよ。そんな生半可な気持ちでブサイクをイジってたんかって。1回笑いで印象付けたいCM作ってイジってきたなら、胸張ってイジっていいんですよ」と私見を述べた。


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください