お節介オヤジの呟き

白髪は直すことができる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute



本当に白髪は直すことができる?できるなら実践しないといけません。白髪は若い頃からあったので結構、若い頃から白髪染めをしていましたが最近は染めるのもあまりしていません。が、しかし、最近、旋毛のまわりが薄くなってきました。髪の毛の量が多い事が悩みでもあったのですが50歳を手前にしてまさか薄くなってくるとは思っていませんでしたので…白髪か薄毛どちらかなおしたいです。

白髪は直すことができる?

みるみる増えていく白髪

自分も歳をとったな……。鏡を見るたびに増えていく白髪。

ロマンスグレーなんていう白髪に対するポジティブな言葉もありますが、それは髪全体が美しい銀髪ともいえる状態のことで、黒髪にちらほらと浮かぶ白髪からは、とてもそんなイメージを持つ事は難しいですね。同じ年代であっても白髪のあるなしでは、見た目の若々しさも随分違って見えるものです。白髪染めを使っているけれど、使っても使っても根元から白くなってくるし、何より面倒くさい。白髪って直すことはできないのでしょうか

白髪が治った!

筆者は50代ですが、今現在白髪はまったくありません。毛量も年代にしては多いといわれます。

しかしながら30代後半から40代にかけて、新しい業務についたことと私生活においても色々あったこともあったのでしょう、白髪になることなく一気に髪の毛が抜け始めてしまいました。それこそ髪の毛を洗うたびにごっそり抜けおちていくという感じで、ほんの半年ほどでいわゆる『ツルツル頭』になってしまいました。

しばらく病院にもいかずそのままにしていたのですが、業務にも慣れ、生活のほうも落ち着いてくるにつれて髪の毛が生えてきました。ここからが本当に不思議なのですが、生えてきた髪の毛は全くの白髪でして、毛量は通常の量くらいに戻ったのですが、髪色は戻ることなく、40代前半にして総白髪になってしまいました。

いかに白髪とはいえ、また元の毛量に戻ったことも不思議でしたが、しばらくすると根元のほうが黒くなり始め、完全に白髪になってから半年後くらいには、髪色も真っ黒に戻ってしまいました。

この間、海藻などがよいと聞いていたので意識して食べていたのですが、あまりの変化に、髪の毛が抜け落ちてしまってから通っていなかった美容室の方も「こんなのは見たことがない」と驚いてられました。

髪が抜けた理由も生えた理由も、医療機関に通っていたわけではありませんので不明ではありますが、前後の状況から考えると、間違いなくストレスに因るものであったろうことは容易に想像ができます。ここで私がこんなことを申し上げたのは、何も自分の経験を自慢したいわけではなく、「白髪は治るもの」ということをわかっていただきたい、と考えたからです。

薄毛も白髪もストレスという事みたいですが信じられないと言うのが本音ですね。

白髪の原因はよくわかっていない?

人体というのは本当に不思議なものです。実は白髪ができるメカニズムというのはまだ完全に解明されていないというのが現実です。

体の中で生まれた髪の毛は、生まれたばかりの状態のときは、白髪と同じように色はありません。それが日焼けした際に肌を黒くするメラニン色素が髪の毛の中に取り込まれることで黒くなります。

何らかの原因でメラニンが髪の毛の中に取り込まれなくなって白髪が発生するのですが、この「何らかの原因」というものが何なのか、がわかっていません。メラニンと髪の毛が白髪に関係していることまではわかっているのですが、原因が不明な為、白髪を実際に治療するところにまでは至っていないのです。

しかしながら白髪は間違いなく治すことができます。まずは強い気持ちを持ってあきらめない事。治った人間がこの世にいない、というのなら話は別ですが、実際に十年前まで真っ白だった筆者の髪は今や黒々としています。

原因も不明なら治療はあきらめないことか…

白髪の改善に役立つ食事など

医学的な治療は難しいにしても、一般的に白髪によいとされる成分や食物はあります。こういったものを積極的に採ることによって白髪の改善をはかっていくことは可能です。白髪によいとされている食物は以下が代表的なものです。

①ゴマ類:ゴマには白髪に有効な成分である亜鉛が多く含まれています。毎日摂取する食物ではありませんので、意識して採るようにしてください。

②大豆・アーモンド:これらは銅ミネラルが豊富といわれている食物です。銅ミネラルも白髪によい、といわれている成分ですが、食物事態に脂分が多い事、銅ミネラルの採り過ぎはよくない、ともいわれているので摂取量には注意をしてください。

また、食物以外には、以下の点にも気を付けてください。

①暑い季節は紫外線対策を:日焼けのメラニン色素が白髪に関係しているのならが、どんどん日焼けしたほうがよい、との誤解を持たれてしまうかもしれませんが、紫外線は肌に大きなダメージを与えるものです。頭皮も肌ですから、同様に紫外線によってダメージを受けます。頭皮へのダメージは白髪云々の前に髪の毛そのものにもマイナスですので、できうるだけ暑い季節には紫外線から頭皮を守るようにしていることが重要です。

②髪の毛を強くこすらない:髪の表面はキューティクルで覆われています。髪の毛を強くこすったり、ブラッシングなどを強くすると、このキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。キューティクルが剥がれ落ちてしまうと髪の内部の色素成分が外に出てしまいます。頭皮マッサージと称して髪の毛を強くブラッシングすることは、結果、キューティクルを剥がしてしまう結果になってしまいます。
上記以外にもちろんできるだけストレスを感じないようにするのは勿論なのですが、何をするよりも、それが一番難しいのではないか、と思います。したがってここではストレスを感じているという前提で、白髪改善に有効な方法を上げてみました。

「白髪は治ります!」この信念を持ってぜひとも続けてみてくださいね。

食事に気を付けてなおると信じてみたいと思います。結果はどうなることやら
関連記事:今日からヤメるべき男性が老ける生活習慣

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください