お節介オヤジの呟き

殺人アリ「ヒアリ」日本上陸?身近に居るかもしれない危険な外来種はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute




最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

アニサキスやマダニなどについて何度か書いてきましたが、これから夏場に向けて外での活動が多くなると思いますが、そんな時期にニュースでご存じとは思いますが、外来種の蟻、「ヒアリ」が輸入品と一緒に港に上がっている。接触する可能性は低いとは思いますが注意しておきましょう!

殺人アリ「ヒアリ」日本上陸?身近に居るかもしれない危険な外来種はコレだ!

より引用

ヒアリ、遂に日本で発見

先頃から日本で初めて確認されたとニュースを騒がせているのがヒアリです。
尼崎市で中国からのコンテナの中に大量のヒアリが発見されたとのことで、その後、神戸市でも見つけられました。
それを受けて全国の外国船の訪れる港でヒアリが侵入していないか確認作業も進められています。

6月30日のニュースでは名古屋港でも発見されたとの事。コンテナの着く港の近くでは注意が必要ですね。関東では、東京港や横浜港などは港からオフィスエリアも近いので注意しないといけないですね。

ヒアリとは

ヒアリとは火蟻と書く外来種の猛毒を持った蟻です。蟻の一種でそのネーミングの由来は刺されると火にあぶられた様になってしまうと言う小さな体に似合わない怖ろしい蟻なのです。わずかな量の毒でそれだけの脅威を持っていながら体は小さいので発見もしづらいのも頭の痛い生物です。体長は2~3ミリの赤茶色で腹は黒っぽい。お尻の先に毒針を有しており敵と判断すれば何度も刺す高い攻撃性があります。原産は南米で世界中にその生息範囲を広げています。既に中国や台湾にも及んでいてその駆除は大きな問題となっています。とても小さいので目視でヒアリと確認するのが容易ではないのがその駆除を遅らせているのです。数も大量で小さな隙間があればどこへでも逃げ出す事も出来ますので、捕獲も容易ではありません。ですが早期発見、即刻駆除してしまわなければたちまち全国に広がってしまい駆除は至難の業となるのです。これだけの悪条件が揃っているため、世界の侵略的外来種ワースト100にも指定されている厄介者なのです。

輸入品のコンテナや商品の段ボールなどに付着して上陸されたらたまったもんじゃないですね。それに中国、台湾で駆除が問題になっているとの事なんで、全国に拡散する前に駆除対策をとって頂きたいですね。

ヒアリに刺されたら

ヒアリに刺されるとまず火傷のような痛みと腫れ、そして痒みを感じます。それだけならまだしも、じんましんを起こして全身に広がったりすることもあります。刺された回数や体質によっては、ひどくなってアナフィラキシーショックを起こし呼吸や意識に障害を起こして死に至るケースもあるのです。実際にアメリカでは年間に約100名が死亡しています。刺されたらとりあえず安静にしておいて、それでも重篤な症状が出始めたら病院に直行しましょう。

何かに刺された感覚があって、じんましんの様なものが出たら病院にいった方が良いですね。

ヒアリ並みに恐るべし外来種

・セアカゴケグモ
数年前に発見されて騒がれたセアカゴケグモは今や日本全国42都道府県で生息が確認されています。
暖かい場所を好んでいますので、日当たりの良い場所の物陰には注意をしたいものです。
例えば、エアコンの室外機の陰、ブロックの隙間、排水溝などです。
足を除く大きさは5ミリ~10ミリで黒い胴体の背中に赤い筋が入っています。
刺された時の症状はヒアリほどではありませんが、痛み、痒み、腫れが生じます。
症状によっては毒が全身に周って頭痛、筋肉痛、脱力感などが継続します。

・カミツキガメ
国内では東京、千葉など一部の都道府県でしか発見されていないが、ペットから池に放されているケースがあると警戒されています。
大きさは最大で50センチほどにもなります。
素早く伸びる首と強力な顎で噛みつかれると大きな外傷を受けます。
出会う頻度は低いかもしれませんがもしもの場合の被害は大きなものになります。

関連記事:アニサキスの次はマダニ?死亡例も




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください