お節介オヤジの呟き

Jリーグ常務理事・中西大介氏、セクハラ辞任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレビ局は盗撮の常習犯?
Reading Time: 1 minute




最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

公務員ではないにせよ、常務理事と言う立場でいえば公人ですから言動には気を付けて頂きたいものですね。偉くなるとなんでこういう問題を起こしてしまうのわかりません?

Jリーグ常務理事・中西大介氏、セクハラ辞任…女性職員を執拗に映画や食事に誘う

スポーツ報知 6/28(水) 6:05配信 記事より引用

Jリーグは27日、「セクシュアルハラスメント及びパワーハラスメント」など不適切な言動が認められた中西大介常務理事(51)の退任を発表した。都内で理事会を開き、同氏からの辞表を受理。ナンバー3がセクハラで辞任するという、Jリーグにとっては前代未聞の不祥事となった。

会見に出席した村井満チェアマン(57)によると、中西氏は2015~16年にかけて女性職員に対し、業務時間内に高頻度で仕事と無関係の電話をかけ、好意を抱いていると疑われるメールを送った。執拗(しつよう)に映画、美術館、食事などにも誘い、職場内外で一般的な女性感情の基準において不快感をもたれる行為をした。セクハラ、パワハラの被害者は複数いるという。

約2週間前にリーグ内のコンプライアンス部門に通報があり、弁護士による関係者への聞き取り調査が行われて事実と確認され、中西氏は26日に村井チェアマンに辞表を提出。常務理事以外に関連会社の役員などの職も辞した。村井チェアマンは「中西自身は深く反省している」と語った。

1997年に一般企業からJリーグに入局した中西氏は、競技・事業総括本部長などを経て14年に常務理事となり、Jリーグが今季からダ・ゾーンと10年2100億円の放映権契約を結ぶ際に中心となって動いた。

理事会では村井チェアマンの報酬3か月10%の返納も受理された。村井氏は「Jリーグは夢や感動を与える立場にありながら大変申し訳ない」と頭を下げ「再発防止へ全力で取り組んでいく」と語った。

記事全文はこちら

関連記事:二日連続盗撮?なのに故意ではないっておかしいだろ!




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください