お節介オヤジの呟き

アニサキス報道について鮮魚店が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute




アニサキス食中毒被害が拡大している事は以前にも触れさせて頂きましたが、その報道で実際に販売されている鮮魚店さんがこの報道は誤報とTwitterで丁寧に解説していますのでご紹介させて頂きます。

アニサキスが増えてるから魚はやめよう?待って! 鮮魚店が「誤解です」

刺身などを食べて寄生虫『アニサキス』による食中毒を起こすケースが増えている、との報道がありました。

タレントの渡辺直美さんもTwitterでアニサキスによる食中毒になったことを報告。注意を呼びかけました。

アニサキスの幼虫は長さ2~3cm、幅は0.5~1mmほど。白色で太い糸のような姿をしています。

通常は魚介類の内臓に生息しますが、寄生主が死亡すると筋肉部分に移動するといわれています。アニサキスが寄生している魚介類を食べてしまうと、胃壁や腸壁が荒らされて激しい痛みを伴い、医療機関の受診が必須です。

報道では「2017年に入り急増」と伝えられています。しかし、本当に増えているのでしょうか。

食中毒を不安がる人が増え、刺身や寿司など生食商品の売り上げが減少。市場での魚価にも影響が出始め、鮮魚に関わる業種の人々は頭を悩ませています。

報道では「アニサキスの被害件数が10年前から20倍に増加」と伝えられていましたが、その要因は2012年に食品衛生法が改正されたことにあったそうなのです。

つまり、もともと被害を受ける人はいたものの、報告が義務付けられていなかっただけということになります。

鮮魚店の解説

まとめ

今回、泉 @瀞鮪物産店 博物ふぇす@syo_izumiさんのツイートが多くの方に拡散されて、リプライに丁寧に回答を頂いてますね。非常に参考になりました。みなさんも刺身は怖いものではありませんので注意して美味しく頂きましょう!

関連記事:アニサキスによる食中毒を予防しましょう②

皆さんからのクリックが更新意欲につながっています




スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください