お節介オヤジの呟き

テレビ局は盗撮の常習犯?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



カメラ付き携帯が発売になってから何年位経つのでしょうか?発売当時も手軽に写真が撮れて便利!位だったと思いますが今はSNSがかなり定着してきているので投稿する写真がプライバシーの侵害等になるのでは?と言う事で…

国民総カメラマン時代の盗撮とは?

テレビ局は盗撮の常習犯?

毎日、全国各地のテレビ局ではニュースや情報番組などで街中やイベントなどの風景を流しています。そこには、たまたま通りかかっただけの通行人や、楽しい時間を過ごしている一般人の姿があります。そして、その多くでは画面に入っている人の“許可”などは取っていないと思われます。取っていれば、それは内容次第で“ヤラセ”の問題にもつながりますが…。

テレビ局は盗撮の常習犯?

ぱくたそ 報道陣の様子

連休明けのニュースなどでは、これから仕事をする人としては見られたくないような、遊び疲れたのであろう出勤途中の複数人の姿がモザイクもなく流れていました。これ、盗撮レベルやん!本人が放送して構わないと言ったのなら別ですが。

個人情報の保護やいわゆる肖像権に配慮する観点から、放送時には画面全体のボカシや、一部モザイクなどの加工処理がなされている場合があります。しかし、それは事後の話であって、無許可撮影が許可撮影に変わるわけではありません。また、生放送では加工処理すらできません。会社をズル休みして遊んでいたらテレビに映ってバレタとか、不倫現場を全国放送されてしまったとかの「不都合な真実」を無許可で撮影される側は自業自得なのでしょうか?

そもそも、誰がどこで何を撮影しようが、原則として自由なのが民主的な自由主義国家です。そのなかで、一定の規制をかけているわけです。例えば、人が通常衣服をつけていない場所や、他人の家の中などは撮影は勿論ですが、見ることもダメです。当事者の許可があって初めて可能になります。

つまり、浜辺の美女であろうが、公衆の面前に公開されている場景を無断で撮影すること自体に違法性はありません。勘違いしている人もいるようですが、テレビ局だから合法なのではないのです。誰がやっても合法なものは合法です。しかし、第四の権力であるマスメディアの特権だと勘違いされるのも仕方ありません。移される側にそのような意識があるためです。それが通報につながることもあり、呼ばれた警察官も撮影者に“協力”を求めざるを得ないでしょう。

ぱくたそ 空港内を自転車で巡回中のポリスメン

大勢になら見られたいけど少数相手は嫌?

テレビで全国に流されるのは大歓迎だけど、個人の写真・ビデオだけに写されるのは嫌だという人が少なくありません。一方はタレント気分を味わえるけれど、もう一方は個人的趣味の道具みたいで気持ち悪いということでしょうか。その気持ちもわからなくはありませんが、不特定多数に見られるもの気持ち悪いですよ?

オヤジなら誰に見られてもなんとも思わないかも知れません。しかし、国民総カメラマン時代の現在では、単なるカメラ小僧vsマスコミという旧来の構図で盗撮?を語ることはできません。まず、そのマスコミ自体が個人趣味の映像をアテニしているからです。

近年、動画サイトの作品を引っ張ってきた番組進行が当たり前のように増えています。また、一般視聴者からの映像提供を促進する仕組みを作っているテレビ局が少なくありません。それに応えようと、暇さえあればカメラを持って行動している人もいるようです。こうなれば、もはやテレビ局は良いけど個人はダメという被写体側の安易な基準も意味がなくなります。さらに、動画サイトへの投稿で生活するモデルが普及すれば、収拾がつかなくなる事態も危惧されます。

記事の全文はこちら

街頭インタビュー、全面シルエット化へ プライバシー配慮 これは嘘ニュースです

ニュースやバラエティ番組などで一般人を映す際、原則的にシルエットのみで放送する方向で検討に入っていることが民間放送関係者の話などでわかった。デジタル放送時代のプライバシーに配慮した対応で、遅くとも20年には開始する。

プライバシー意識の高まりから、近年テレビ番組では街頭ロケを放送する場合、本人の許諾が取れた場合を除いて、通行人の顔にモザイクやぼかし処理を入れることが一般的になっている。

画像が鮮明なデジタル放送では、瞬間的に映り込んだ通行人でも身元が特定されるおそれがある。ぼかし処理はプライバシー侵害による訴訟リスクを回避するための対応だが、人通りが多い場所ではまるで視力が落ちたかのようなモヤモヤ画面になるなど視聴者の不満は高まりつつある。

民放各局では今後さらに解像度が高い「4K・8K」放送が本格的に始まるのを前に、より自然な映像処理のあり方について協議してきた。

独自に入手した検討案によると、映像は専用の処理ソフトを使い、人物のみシルエットに加工して放送。プライバシー処理の方法としては世界的に見ても珍しい例だが、日本では長年親しまれている青いシルエットがぼかし処理より自然で受け入れられやすいと判断したようだ。

ソフトはリアルタイム処理も可能で生中継にも対応。音声処理と併用すれば個人のプライバシーを完全に保護できるようになる。今年秋から実施している視聴実験では、シルエット処理の方がぼかし処理より気になりにくいと答えた視聴者が多数を占めたほか、殺人事件の報道ではなぜか処理後の方に臨場感を感じやすいという結果が出た。

全面シルエット化は当面街頭ロケのみの予定だが、用途を拡大すればこれまで「お蔵入り」にせざるを得なかった不祥事を起こした芸能人や俳優が出演するドラマの再放送にも活路が開けそうだ。

虚構新聞全国版 ([テキスト])

価格:600円
(2017/5/29 06:54時点)
感想(0件)

まとめ

今の所、虚構新聞に書かれている嘘とありますが実際には検討されてもいいでしょうね。実際、友人などは子供や孫をSNSにアップする際には加工をしてアップしているのが事実ですからテレビのインタビューのシルエット化は十分ありえると思いますよ。

 

関連記事:公務員の不祥事(盗撮)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください