お節介オヤジの呟き

フジテレビ社長交代でジャニーズピンチ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレビ局は盗撮の常習犯?
Reading Time: 2 minutes




テレビは朝の天気予報と時計代わり位にしか見ていないお節介オヤジですが、フジテレビの低迷が続いているのは知っています。そのフジテレビの社長交代で何やら芸能界が騒がしいらしいです。

フジ新社長誕生でいよいよジャニーズがTVから消える? “月9消滅”の次は嵐番組の可能性も!

TOCANA > 芸能 > 日本 > フジ新社長誕生でいよいよジャニーズがTVから消える?から引用

 フジテレビの亀山千広社長が退任したニュース芸能界にも驚きを持って広まった。

「退任の原因は明らかにされていなかったが、視聴率が回復できなかったことに加え、自身の出身であるドラマ部門に対しての肩入れがひどく、多くの社員から恨みを買っていた。亀山さんの号令で大胆な社員の配置換えを行い、制作から営業や経理に回された社員もいる。そんな経緯もあり、東スポで報じられたように亀山氏のセックススキャンダルに関する怪文書が出る事態にまで発展した」(フジテレビ関係者談)

そんな中で社長となったのがビーエスフジの宮内正喜氏(73)。スター社員だった亀山氏(60)や、民放の中核を担っていた日枝久氏と比べると地味な印象だが……。

「正直、社内でも誰?という声が多い(笑)」とフジテレビに出入りする制作会社の社員は話すが、実際は大きな変革を起こす人事だという。それは、フジテレビと蜜月関係だったジャニーズ事務所にも大きく影響するのだとか。

「実は、亀山氏にはもう1つ追求された問題があるといい、それがSMAP×SMAPでのメンバーの公開処刑のような謝罪会見です。視聴率は良かったものの、公共の電波で放送するものか? と社内で意見が飛び交った。特に報道部からは痛烈な批判もあったようで、亀山氏は追い込まれたようだ」(民放関係者談)

その中での宮内氏の社長就任は、何を意味するのか?

「良くも悪くも地味な宮内氏は、芸能事務所との癒着がほとんど無い。これまで、月9ドラマの大ヒットを足がかりに出世した亀山氏はジャニーズ事務所とも近く、大ヒットを飛ばした『踊る大捜査線』の専属に近い立場になってからも、月9のキャスティングに大きな影響力を持っていたと聞きます。フジテレビで唯一、木村拓哉のことを『拓哉』と呼び捨てにし、ジャニー喜多川、メリー喜多川とも対等に交渉ができるなど、ジャニーズの専門家として有名。亀山氏の誕生会に、木村拓哉と長瀬智也、藤島ジュリー景子がSMAPの解散騒動の中で参加していたことも週刊新潮に報じられている。視聴率が取れない中でも、不思議と月9ドラマにだけはジャニーズのタレントが出演し、ドラマの制作費もさほど削減されていなかったと聞きます。

 これにはジャニーズ事務所も納得がいかないのは間違いないだろうが、強く抗議ができないという。

なので直接、トップの宮内氏まで意見を言える状況にジャニーズ事務所がないということです。また、フジテレビは現在ジャニーズに頼らなくても番組編成ができる状況にあり、蓋を開ければドラマ以外ではジャニーズタレントがいなくても番組作りが成立することがデータでもしっかり出てしまった。これを知った上層部は、各事務所との付き合いをもう一度改め直し、ギャラの見直しなども含め大改革をするようです」(週刊誌記者談)

フジテレビが決断すれば、各局でもジャニーズ外しが一斉に起きるのかもしれない。

記事全文はこちら:フジ新社長誕生でいよいよジャニーズがTVから消える? “月9消滅”の次は嵐番組の可能性も!

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください