お節介オヤジの呟き

契約などを交わした事実はない 本当でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
契約などを交わした事実はない 本当でしょうか?
Reading Time: < 1 minute



契約などを交わした事実はない 本当でしょうか?

 

JKビジネスの一斉捜査について紹介させて頂きましたがその一斉捜査の余波が議員さんにも影響があったんですね。

昨年の報道どおりようやくJKビジネス一斉補導開始

上西小百合議員、JKビジネスで逮捕の芸能事務所社長に「契約などを交わした事実はない」

坂上忍、上西小百合議員の写真や名前のHP無断掲載に苦言

逮捕された近藤容疑者は、芸能プロダクション「エリアプロモーション」の社長であり、その公式ホームページには、所属タレントとして、上西議員の写真と出演情報が記載されていた。

これに対して、上西議員は「近藤容疑者と面識はあるものの、契約などを交わした事実はない」と、その事務所への所属を否定した。

現在の所属事務所を通じて、ホームページの管理会社に厳重抗議して、削除依頼したところ、削除されたと言う。

坂上は「勝手に名前とか、プロフィールとか写真とか載っけたら、そりゃだめでしょう」と弁護士・佐藤大和氏に尋ねると、佐藤氏は肖像権やパブリシティー権を解説していた。

上西小百合議員に、怒りの直撃インタビュー

坂上は「近藤容疑者ですけれども、どんな人だったんですかね」と述べ、上西議員への直撃インタビューのVTRが流れると、上西議員は「秘書が、(近藤容疑者)を連れてきたときに、ご挨拶させていただいたり、何度かお会いさせていただいています」と打ち明けた。

その時の近藤容疑者の印象を問われると「身なりもしっかりされていたし、喋り方も乱暴ではなかった。高級な外車を乗っていたので、裕福な方なのかなと思っていました」と、違う一面の近藤容疑者のイメージを語っていた。

また、近藤容疑者が「元暴力団」だと、女子高生に言っていたという報道があったことに対して、上西議員は「まったく、そういう素振りは見受けられなかった」と驚きの様子が見られた。

フィフィ、今のJKに警告

坂上が「いろんな顔を使い分けてたってことなんですかね」とタレントのフィフィに話を振ると「JKブランドってものがある」とフィフィがコメント。

続けて「お小遣い稼ぎにって、ちょっと働いてみようという所からの(犯罪の)入口、多いと思うんですよ」と発言。

更に「この代償、大きいんだよってことの教育、すごく大事なんだなと思います」と見解を述べていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください