お節介オヤジの呟き

日本は変?不倫専門SNS最速で登録者10万人を達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes




今の日本はやっぱり少し変と言うかおかしくなっているとしか思えない。生涯未婚率が調査開始から一番高くなっている一方で、不倫専門のSNSへの登録者が世界最速で10万人を突破したらしい。よくわからなくなってきた日本。

 

日本は不倫大国?! 専門サイトが大人気の実情とは

  • ViRATES 5/3(水) 22:00配信記事より引用

「人生一度。不倫をしましょう」…そんなキャッチコピーで物議をかもした、世界最大級の不倫専門SNS、「ASHLEY MADISON」。

そしてこのフレーズ以上に衝撃的なのが、2013年6月のサービス開始以来、世界最速で登録者10万人を達成した国が日本だという事実である。

日本は既婚者に不満が多い国なのだろうか?

■1. 日本人は不倫への罪悪感が少ない!?

調べて行くと、国内での評判はそこまで芳しくないようだ。倫理的な問題は一旦脇に置いたとしても、実際のユーザーからの実用性への疑問やセキュリティ面の不安などの声も多かった。しかしこれは人気や注目の裏返しとも言えるだろう。

サイトを運営するカナダの企業Avid Life Media社が実施したアンケート(世界の男女会員約7万5、000人[日本3、531人を含む]による『世界&国内不倫事情』のアンケート、調査期間:2014年3月1日~3月15日)によると、不倫への罪悪感が「ある」と回答した日本人女性は、世界平均の8%に対し、なんと2%!

男性では世界平均19%に対し、日本人は8%で、日本の男女、特に女性は、不倫に対しての罪の意識が低いことがわかったという。

■2.未婚・既婚問わず、不倫にはまりやすい女性

また同アンケートでは、84%の日本人女性が「不倫をすることによって夫婦関係が良好に保てる」と答えており、こちらも世界平均を上回っているという。

一方、未婚女性に関しても同様の結果が見られるようだ。ある女性誌が行ったアンケートによると、平均年齢が30歳の未婚女性の不倫経験率は約30%で、「身近に不倫をしている人がいる」という回答も合わせると約60%にのぼるという。

確かに自分の周りを見ても、恋人のいる30代独身女性たちの半数以上は不倫関係にあるため、納得感は強いというのが正直な感想だ。

彼女たちは皆、同性から見ても優秀で素敵な女性ばかり。多分、そのような人ほど、特に若いうちは同年代の男性が物足りなく思えるのかもしれない。

そして能力的にも経済的にも力のある年上の魅力的な男性に惹かれるが、そのような相手は既婚者である確率が高く、結果的に不倫という形になってしまう。そして話を聞いていると、本人も意外なほど不倫の関係にはまってなかなか抜け出せなくなってしまったり、別れても、他の人とまた同じような関係を繰り返したりしていることが多い。

■3. 不倫で幸せになれる確率とは

以前お話を伺った、恋愛経験豊富な人気コメンテーターさんの言葉。「男性と女性の決定的な違いは、男は不倫で満足できるけれど、女は絶対にできないということ」。もちろん中には、別に自分は結婚したくないから不倫の恋を楽しむという女性もいるだろう。

ただ、もしも心のどこかに「結婚が恋愛の幸せなゴールの形だ」という思いがあるのならば、早めに見切りをつけた方が良い…。恋愛は自由だし様々な形があって良いとは思うが、とても印象に残った一言だった。

「不倫」にまつわる日本のちょっと悲しいこの現状、あなたはどう思う!?

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」流出データ大検証! 女性ユーザーはほぼ全員偽物

http://www.gizmodo.jp/2015/08/post_18137.htmlより引用

なんだよ…。じゃぁ、女性いない場所でリークの危険冒して何やってたんだよ。

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」ハッキングにより、さまざまなデータがでてきました。ハッキングしたImpact Teamは、サイトにある女性プロフィールページのうち90から95%が偽物だと力説しています。これが事実だとしたらとんでもない割合ですが、現在実際に調査したところはありません。そこで、米GizmodoのAnnalee Newitz編集長がデータをダウンロードして検証してみました。その結果、Impact Teamの言う通り、女性ユーザーはほぼ全員偽物=サクラだというとんでもないことがわかってしまいました。Newitz編集長がどのように検証したのか、詳しくみていきましょう。

Newitz編集長の調査でわかったことを一言で言うならば、このサイトは誰の想像も遥かに超えた悲惨な状態だったということ。不倫に誘いこむ男のワンダーランドではありません。それどころか、データにある550万人の女性ユーザーに対して3100万人の男性ユーザーが群がる熾烈な場所ですらありませんでした。言うならば、アシュレイ・マディソンは地球上のすべての女性が死に絶え、どこかのエンジニアが作った粗悪なロボットが女性の代わりに存在する、そんなSFチックな悪夢のような場所だったのです。

アシュレイ・マディソンの男性ユーザーは、ふらっとプロフィールページを作っては消えてしまう女性と出会うためにお金を払っていたのです。この女性たちは何者なのか…。botか? 運営側が用意したサクラか? それとも何かの残骸か? それが何であろうとも、Newitz編集長が調査を進めれば進めるほど、これら550万人の女性ユーザーアカウントのほとんどが動きのないものだということがわかってきました。彼女たちはサイトを使ってどの男性と会話することもないどころか、プロフィールページを作ったあと、サイトを利用すらしていなかったのです。いや、550万人すべてがそうではありません。実際に活動していた女性アカウントもありました。が、それはたった1万2000件という非常に少ない数だったのです。

調査でわかったことを見ていけば、アシュレイ・マディソンに登録していた男性ユーザーの多くは不倫をしていなかったというのを否定しがたくなってきます。では、彼らは何にお金を払っていたのかと聞かれたら、それは、悲しいかな「不倫というファンタジー」と言わざるをえません。

記事の続きはこちら

この記事を見る限り日本の男性は挙って詐欺まがいにあったという事ですかね?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください