お節介オヤジの呟き

ますます親方との不仲になる?横綱稀勢の里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
稀勢の里優勝
Reading Time: < 1 minute


ますます親方との不仲になる?横綱稀勢の里

大相撲夏場所(14日初日、東京・両国国技館)の横綱審議委員会による稽古総見に欠席した横綱稀勢の里。無断欠席なんて付き人もいるのにおかしいなと思っていました。親方が忘れたのでは?なんて言っておりましたがまさにその通りだったので驚きました。

稀勢の里「無断欠席」に本人ビックリ、師匠が不手際

日刊スポーツ 5/3(水) 20:49配信記事より引用

大相撲夏場所(14日初日、東京・両国国技館)の横綱審議委員会による稽古総見が3日、国技館で行われた。

夏場所前恒例の無料の一般公開とあって、約8000人が訪れたが、左上腕部などをけがしている横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)は欠席した。

この連絡が日本相撲協会になかったため、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「これ(無断欠席)はダメ。自覚を持たないと。大関とは違うんだから」と苦言を呈した。だが、この“無断欠席”騒動に一番驚いたのは、稀勢の里本人だった。

前夜に師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)と話し合い、欠席すると決めた。「関取衆と相撲が取れないので、休ませていただいた。四股や基本動作だけなら行くことはできたけど(部屋で若い衆と)相撲を取ってみたいのがあった。申し訳なかったですけど」。それだけに、騒動となっていることをニュースで知って「びっくりしました」と驚いた。

実は欠席するという連絡を、師匠が失念していたという。その後、八角理事長(元横綱北勝海)に謝罪したという田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)は「本人から聞いていたので、連絡しなければと思っていたのですが…。僕の不手際です。迷惑をかけて申し訳ない」と謝っていた。

これは不手際、申し訳ないで済ましてはいけないのでは?元前頭隆の鶴に何等かの処分をかさないといけないのでは?これでますます不仲が浮き彫りになる事でしょうね?

19年ぶり日本出身横綱誕生でも「稀勢の里」親方と不仲5年間

スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください