お節介オヤジの呟き

やっと決まったドラマタイトルが…えなりくんって

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレビ局は盗撮の常習犯?
Reading Time: 2 minutes




AKB48のまゆゆこと渡辺麻友さん主演ドラマのタイトルが「サヨナラ、きりたんぽ」これを秋田県とかが抗議してドラマタイトルが未定で進んでいたドラマのタイトルが「サヨナラ、えなりくん」ってなんだか秋元康さんらしくないという感じがしますが

“きりたんぽ騒動”のテレ朝ドラマ「えなりくん」に変更

シネマトゥデイ 4/21(金) 5:00配信記事より引用

テレビ朝日系で放送予定だったドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトルについて、「きりたんぽ」のイメージを損なう恐れがあるとして秋田県などが抗議し、同局が謝罪してドラマ名の見直しを発表していた問題で、ドラマに俳優のえなりかずきが「えなりくん」という役名で出演しており、タイトルが「サヨナラ、えなりくん」に変更されたことが21日、明らかになった。渡辺麻友(AKB48)演じる主人公は、「きりたんぽ」では純愛を貫くがゆえに男性の下腹部を切断してしまうという設定だったが、「えなりくん」では男性の裏の顔を見た途端に豹変して「特殊能力を発揮する」と発表された。渡辺とえなりは今回がドラマ初共演となる。

特殊能力を発揮って何でしょうかね。そもそもの内容から変わってしますのでしょうか



Twitterでの反応

渡辺麻友さんご本のTwitterではドラマタイトル未定のままなのはあまり気に入ってないのでしょうかね?

恋愛禁止のアイドル・まゆゆが、“恋多き女”に…!?渡辺麻友×えなりかずきが、新境地に挑戦!恋愛の闇を描く異色作!!

公式HPより引用

やっと決まったドラマタイトルが…えなりくんって

恋愛禁止のアイドル・まゆゆが、“恋多き女”に…!?渡辺麻友×えなりかずきが、新境地に挑戦!恋愛の闇を描く異色作!!

■AKB48・渡辺麻友主演の連続ドラマが決定!

“まゆゆ”こと渡辺麻友主演を務める連続ドラマが、4月30日(日)いよいよスタートします。そのタイトルは ――『サヨナラ、えなりくん』渡辺麻友とえなりかずきが、初共演!異色の純愛コメディーをお送りします。

■「わたしは、ただ純愛がしたいだけ」…。

清純派・まゆゆが“黒い女”を熱演! 渡辺麻友ふんする主人公・桐山さおりは、過去にはさまざまな恋愛遍歴があったものの、現在は“純愛”を求めて奔走する25歳理想の相手を探して婚活に精を出しますが、さおりが出会うのは浮気男だったり、マザコン男だったり、ドケチ男だったり…と驚くべきウラの顔を持つメンズばかり。そして彼らにひどい仕打ちを受けた瞬間、さおりはその表情を一変。特殊な能力を発揮するのです。いったいその不思議な力とは…!?清純派アイドルとして活躍してきた渡辺が、自身のイメージとは異なる“恋多き女”を体当たりで熱演! 『AKBラブナイト 恋工場』(2016年4月~9月)や『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』(2015年)、『松本清張二夜連続ドラマスペシャル 地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理』(2016年)などで女優としても着実に歩みを進めてきた渡辺が、これまでにないキャラクターに挑み、新境地を拓きます!■前代未聞――!? “悪いえなりかずき”、降臨!! そして今回、タイトルにもその名が刻まれているえなりかずきは、物語のカギを握る重要な存在として出演! 誰もが“いい人”の印象を抱く好青年・えなりが、これまで見たことのない、悪キャラ=“えなりくん”として出演! 自分でありながら自分とは正反対の要素を持つ“えなりくん”をどう表現していくのでしょうか…!? そして、タイトルに込められた、真の意味とは…!?また、さおりの友人であやしげなバーの店長“村ちゃん”役で、池田成志が怪演。舞台を中心に俳優、演出家として活躍する池田が、渡辺と丁々発止のやりとりを繰り広げるのも大きなみどころです!そんな斬新な物語を紡いでいくのは、新進気鋭の脚本家・喜安浩平。劇団の主宰者、俳優、声優、演出家、作家など多彩な顔を持ち、脚本として参加した映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)では、第36回日本アカデミー賞優秀脚本賞も受賞しています。はたして、ヒロイン・さおりが純愛をつかむ日は来るのでしょうか…!? 日曜の深夜、翌朝からはじまる1週間の活力となるような、笑える純愛コメディーをお届けしていきます!

純愛を夢見るさおり(渡辺麻友)は、婚活パーティーでイケメン社長・下野倉と出会う。理想の恋愛を語るさおりに、下野倉はプラトニックな交際を約束する。だが、下野倉のデートは毎回2時間限定。しかも何かと理由をつけて、さおりに触れようとするため、さおりの友人・村ちゃん(池田成志)は女慣れした様子を怪しんでいた。やがて、さおりは彼の本性に気づき…!?

秋元さんの作・演出ということもあり面白そうではありますが、北野武さん曰く「えなりかずき」は何を演じても「えなりかずき」だって発言もありどんな悪人になるかも少し楽しみと言えば楽しみではあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください