時間とお金があれば行ってみたい

時間とお金があれば行ってみたい…その前に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes




最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

時間とお金があれば行ってみたい海外旅行ですが、今回は海外旅行と言うよりは海外出張や海外赴任における安全対策をよりしっかりしておかないと危ない雰囲気がしていませんか、そこで外務省からの呼びかけが面白い。テロ対策などをデューク東郷ことゴルゴ13が指南してくれています。



「それで大臣…要点はなんだ…」

産経ニュース配信記事より引用

外務省、ゴルゴ13に中小企業テロ対策をオファー HPに漫画全13回掲載

外務省は22日、漫画「ゴルゴ13」の主人公、デューク東郷が中小企業向けの海外安全対策マニュアルを説明する漫画をホームページに掲載した。デューク東郷が外相の依頼を受ける設定で、週1回連載。ゴルゴ13にちなみ、計13回にわたりテロの備えや有事での対応について解説する。

昨年7月にバングラデシュのダッカで発生した武装集団による飲食店襲撃で邦人を含む20人が殺害された事件を受け、海外に展開する中小企業の安全対策の周知徹底を図る取り組みの一環。作者のさいとう・たかを氏の協力を得て編集した。連載が終了する6月には全国の商工会議所などを通じ、コミック版を配布する。

デューク東郷は要人を暗殺するスナイパーという設定のため省内には懸念する声もあったが、ゴルゴ13の読者層が30~50歳代男性で中小企業経営者層と重なることや、知名度などが決め手となった。

デューク東郷は作中で、多額の報酬をスイス銀行に振り込むよう求めることで知られるが、能化正樹領事局長は22日、「会計規則に従ってきちんと振り込んだ」と説明した。



「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

外務省海外安全ホームページより引用

【あらすじ】
この数年,テロが中東や北アフリカのみならず,欧米やアジアに拡散し,今や在外邦人もテロの標的になっている。
このような状況下,外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。
ゴルゴは大臣の命を受け,世界各国の在外邦人に対して,「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・。

※このマニュアルの劇画部分はフィクションであり,実在する人物,地名,団体とは一切関係ありません。
※一話ごとに、能化領事局長が5分間の動画で解説します。安全対策講座としても利用してください。

Gマニュアル(第1話)外務省からの依頼

第1話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第2話)安全対策は「たびレジ」登録から

第2話はの内容はこちら

解説動画

「たびレジ」とは

たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。たびレジの詳細はこちら

Gマニュアル(第3話)必要なことは、全て外務省海外安全情報に

第3話の内容はこちら

解説動画



Gマニュアル(第4話)ゴルゴからの依頼(熊本特別篇)

第4話の内容はこちら

Gマニュアル(第5話)「安全対策は情報収集から」

第5話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第6話)「安全対策はホテルの中でも」

第6話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第7話)「安全のための三原則と『自由』の代償」

第7話の内容はこちら

解説動画



Gマニュアル(第8話)オフィスの安全対策の死角

第8話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第9話)「厩焚けたり……」

第9話の内容はこちら

解説動画



Gマニュアル(第10話)「有事に備えて(Gマニュアルの謎)」

第10話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第11話)「不穏な動き」

第11話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第12話)「伏せる、逃げる、隠れる」

第12話の内容はこちら

解説動画

Gマニュアル(第13話)「エピローグ」

第12話の内容はこちら

解説動画

かりやすくなっているので海外旅行などに行く前にでも参考になりますね。




皆さんからのクリックが更新意欲につながっています




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください