2017年4月7日

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「座頭と猿」鬼平犯科帳第1巻より

長谷川平蔵名言集

Reading Time: < 1 minute 蛇(くちなわ)の平十郎一味が、将軍の脈もとるという千賀道有宅押し込みを計画。千賀道有の従姉が嫁いでいる表御番医師牧野正庵の妻が三徳屋の主人の姉のお沢であることから、座頭の彦の市を三徳屋に出入りさせるが、彦の市の囲う女・おそのが、おそのの父・与助の長屋の隣に住む小間物商徳太郎と情を通じている事を知り、徳太郎が夜兎の角右衛門の手下で[尾君子小僧(猿)]と異名をとる男とは知らず、自宅前で徳太郎を殺害して逃走。千賀道有宅押し込みは中止となった。