時間とお金があれば行ってみたい

時間とお金があれば行ってみたい世界遺産(日本)ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
世界遺産
Reading Time: 3 minutes



時間とお金があれば行ってみたい世界遺産(日本)ランキング


時間とお金があれば行ってみたい」と言って海外ばかり書いていましたが、日本にも沢山行ってみたい所がありますよね。それがユネスコ世界遺産に登録されている場所です。

今回は楽天トラベルでの日本人なら行っておきたい!本当に行ってよかった日本の世界遺産ランキングから上位10位をご紹介します。

第10位:富士山-信仰の対象と芸術の源泉

山梨県・静岡県 昔から、山岳信仰のシンボルとして崇められてきた富士山。成層火山としての美しさはもちろんのこと、日本人と密接な関係を持つ信仰の対象であること、文学や芸術の源泉として多くの文化発展にも影響を与えたことが評価されました。

 

ホームウェイで休日の家を予約して、ご家族やご友人、恋人と最高の休暇を満喫しよう!

第9位:日光の社寺

栃木県 徳川幕府の聖地である東照宮と、1200年の法灯を伝えてきた輪王寺の二社一寺が世界遺産として登録されています。美しく豪華な9棟の国宝と94棟の重要文化財があり、その周辺の山林には樹齢360年を越える杉などを見ることができます。

 



第8位:原爆ドーム

広島県 元はチェコの建築家によって建てられたヨーロッパ風の建物で、原爆により変わり果てた姿が、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へと発信するシンボルになっています。

第7位:法隆寺地域の仏教建造物

奈良県 18万ヘクタールもの広大な敷地内には多数の文化財が現存していて、法隆寺の建造物47棟と法起寺の三重塔を加えた48棟が世界遺産に指定されています。中でも、法隆寺の西院伽藍は世界最古の木造建築として広く知られています。



第6位:屋久島

鹿児島県 樹齢7200年以上の縄文杉をはじめ1,500種類の植物が確認されていて、その数は日本の植物の7割以上とも言われています。さらに屋久島のみに自生する固有種が約40種類もあるなど、その特異な生態系から「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。

第5位:白川郷・五箇山の合掌造り集落

岐阜県・富山県 豪雪地帯に合わせた建築様式で、急勾配の屋根は雪が降っても自然に下に落ちるように工夫されています。「合掌造り」の名の由来は、屋根の形が合掌した時の手の形に似ていることから。茅葺屋根は30年~40年に1度葺き替えられます。

第4位:知床

北海道 世界遺産に指定されているのは、知床半島とその沿岸海域。海から陸へとつながる生態系がわかりやすく見られること、希少な動植物の生息地となっていること、それらの自然を保全する管理体制が整っていることが評価されました。

第3位:姫路城

兵庫県 1333年に砦が築かれて以来、歴代の城主が拡張を重ねいま見られる全容は1617年に整いました。当時の建築技術を極めた傑作と言われていて、その美的完成度や保存状態の良さが認められ、法隆寺とともに日本初の世界文化遺産に指定されました。



第2位:嚴島神社

広島県 朱く塗られた大鳥居が海にそびえる姿は圧巻。現在の鳥居は1875年(明治8年)に建立されたもので、平安時代から数えると8代目です。嚴島神社を中心として、海や弥山原始林など宮島の14%ほどが世界遺産に登録されています。



第1位:古都京都の文化財

京都府 かつての日本の首都として、さまざまな歴史の舞台となった京都。街のあちこちに文化財が立ち並ぶ古都には、国内外から多くの人が訪れます。京都にある数多くの文化財の中から、16社寺と1城が世界遺産に登録されています。



まだまだ行っていない所が沢山あるので是非、時間とお金を作って行ってみたい。

関連記事:混浴温泉に賭ける!3年越しの脱S〇Xレス お薦め混浴温泉紹介

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください