長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「馴馬の三蔵」より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鬼平の言葉 鬼平犯科帳
Reading Time: 2 minutes




口に出しては味ない、味ない

鬼平犯科帳 第十八巻 馴馬の三蔵より

大滝の五郎蔵や小房の粂八のように、改心して盗賊から密偵になったものは多い。盗賊たちからは狗(いぬ)と蔑まれ、ときにはかつての仲間を売らねばならない。平蔵のためなら死んでもいいと覚悟を決めながらも、思いが揺らぐこともある。

粂八は恩義のある馴馬の三蔵を見かけ、平蔵に報告できずに苦悩する。打ち明けようとする粂八に、平蔵は「何も言うな」と制する。暗い過去を背負う密偵たちの辛さを、平蔵は承知していた。

鬼平の言葉 現代を生き抜くための100の名言より引用

「あらすじ」

粂八兄貴分

        馴馬の三蔵のお盗めを偶然知ってーーー

 盗賊・鮫洲(さめず)の市兵衛の女だったお紋は、盗賊時代の小房の粂八とわりない仲になり、市兵衛から逃げたいと訴えた。粂八は、兄貴分・馴馬の三蔵(さんぞう)の女房・おみののもとにお紋を預ける。ところがお紋とおみのが何者かに殺されてしまった。三蔵は行方をくらましてしまうが、粂八は市兵衛を犯人だとにらんで追い続ける一方、三蔵に対する恩と負い目も忘れたことはなかった。月日が流れ、密偵となった粂八は、料理屋「万亀(まんかめ)」に居座り盗めをしかけようとしている三蔵を偶然発見する。

原作より

居座り盗(つと)めというのは、たとえば料理屋の客となって酒飯をし、勘定をすませたのちに、小用にでも立つふりをして、屋内の一角に隠れてしまい、夜がふけてからあらわれ、外の仲間を引き入れるとか、または単独で盗みをする

こうしたときに、履物が残っていては怪しまれるので、そこは、いろいろと技巧を要するわけだが、たとえば、いったん履物をはいてから、

「お庭が結構だ。ひとまわりさせて下さいよ」

などといって、外から屋内へまわり込み、隠れてしまう

そうしたことは、居座りを得意とする盗賊にとって、

「わけもない・・・・・・」

ことなのである
三蔵が野槌一味の盗めに加わったとき、顔を合わせた粂八は、

「三蔵さん。何とも申しわけがねえ。とんでもねえことを、おれはしてしまった・・・・・・」

血を吐くようにいったとき、三蔵は、

「なあんだ。おみのといっしょに殺された女というのは、お前がつれてきたのか・・・・・・」

そういったきり、いささかも粂八を咎めようとはせず、また恨みがましい言葉を口に出さなかった

「ま、仕方もねえことだ。それじゃ別れるぜ。これから先、二度と会えるかどうか・・・・・・それにもう一つ、死んだ女のことは、きっぱり忘れるがいいぜ」

これが、別れとなった

それから十何年もたったいま、浅草・橋場の料理屋〔万亀〕の物置小屋へ消えた馴馬の三蔵を見たとき、

(あ・・・・・・三蔵どんは、居座り盗めをやりなさるつもりだな)

と、粂八は見て取った

それから間もなく、小房の粂八は、小西屋久兵衛と伊勢屋太七を舟に乗せ、引きあげることになった

「親方。すこし、顔が青いよ。気分でも悪いのかえ?」

「いえ、そんなことはございませんよ。旦那の気の所為でございましょう」

さりげなく笑った粂八は、

「先へ出ております」

この料理屋の舟着きへ出て行った

このとき粂八の肝(はら)は、もう決まっていた

いかに盗賊改方の密偵をつとめてはいても、

(馴馬の三蔵さんを、売るわけにはいけねえ)

密偵には密偵の義理がある。何が何でもお上のためにはたらくとはかぎっていない

(長谷川様、今度だけは、見逃してやって下さいまし)

粂八は、胸の底で手を合わせた。

関連記事:鬼平の言葉「座頭と猿」鬼平犯科帳第1巻より






スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください