お節介オヤジの呟き

山口県周南市が「しゅうニャン市」に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute




山口県周南市が「しゅうニャン市」に!?

今日の笑点を見ていたら司会の春風亭昇太さんが収録の周南市は「しゅうニャン市」と言って猫のかぶりものをかぶってお題をだしていました。

VISIONSの無添加国産キャットフード – visions(ヴィジョンズ)-

そうしたら本当に町おこしの一環なのかはわかりませんが真剣に取り組んでいるのにびっくりしました。なかなかユニークで面白いですね。

キャッチフレーズは「人がネコになれるまち」:山口県周南市、本当に「しゅうニャン市」を愛称に

山口県周南市が愛称を「しゅうニャン市」に。市のPR活動などに活用していく。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/20/news143.html引用

山口県周南市は1月20日、「しゅうニャン市」を愛称として市のPR活動などに活用していくと発表した。2016年のエイプリルフールに「周南市はしゅうニャン市になります」と宣言する動画が話題になったため、実際に愛称として活用。「人がネコになれるまち」をキャッチフレーズに、さまざまな取り組みを進める。

「しゅうニャン市プロジェクト」と名付け、市の認知度アップや、市民の市への愛着醸成に取り組む。地元企業とのコラボレーションを進める「しゅうニャン市パートナーズ」や、市民によるプロジェクト支援「しゅうニャン市サポーターズ」などを通じ、市全体で盛り上げていく考えだ。

特に食に関連する企画に注力。旬の食材を使った「しゅうニャン弁当」を販売するなどして地場食材のPRにつなげる。

きっかけは、昨年の4月1日に合わせて公開した動画。木村健一郎市長が「しゅうニャン市になる」などと宣言する内容が話題になったことから、「本当にしゅうニャン市でいきます」と愛称に。「市民1人1人が猫のように伸び伸びと自由に、居心地よく暮らせるまち」を市民と共に目指していくという。

猫ちゃん大喜び。魚の鯵(アジ)を使ったドライフード。 – visions(ヴィジョンズ)-

お節介オヤジの住んでいる東京都多摩市にはサンリオピューロランドがある関係で京王線多摩センター駅の名誉駅長は「キティーちゃん」だけど多摩市は何もやっていない…地方の方がいろいろと頑張っているなぁと感心しました。

愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』





スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください