お節介オヤジの呟き

「じゃあ殺せよ」法廷で怒鳴るって異常だな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公務員の不祥事 不審者発見情報
Reading Time: < 1 minute





ミュージシャンであり女子大生の冨田真由さん(21)を何か所もナイフで刺した事件の裁判が行われましたね。衝立があるとは言え裁判所に来るのも怖かったでしょうね。その裁判中に被告が大声をだして退廷させられるって異常としか思えないが一番恐ろしいのは精神鑑定とかで責任能力が云々とかって事にはならないで欲しいですね。

小金井女子大生刺傷事件被告「じゃあ殺せよ」法廷で怒鳴る

身近に不安を感じたら。TSSP.jp
この日は、冨田さんが意見陳述した。ついたてで囲われた席で「悔しくてたまらない。犯人も、犯人の両親も許すことができない。きっと心の中では笑っていて反省は一つもしていないと思う。普通に過ごすはずだった毎日を返してほしい。傷のない体を返してほしい」と涙声で述べ、厳罰を求めた。冨田さんが「犯人は絶対に同じことをする。また犠牲者が出る。野放しにしてはいけない」と述べたところで、岩埼被告は突然「じゃあ殺せよ!」とどなり声を上げた。

記事の続きはこちら

何が起きるかわからない時代ですので自己防衛をするしかないようです。少し大げさかも知れませんがひとり歩きをする方はこんなものを身に着けて安全を確保して下さい。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください