長谷川平蔵名言集

【長谷川平蔵名言集】霧の七郎(なごのしちろう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鬼平の言葉 鬼平犯科帳
Reading Time: < 1 minute




最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』

霧の七郎(なごのしちろう)

原作あらすじ

江戸に出てきた上杉周太郎は、渋谷村の金王(こんのう)八幡宮境内で6人もの無頼どもを瞬時に倒した。これを見た霧の七郎は、そのみすぼらしい強い浪人上杉周太郎に近づき、百両で、長谷川平蔵の長男・辰蔵の暗殺を依頼する。
巣鴨村の三沢仙右衛門方に、女と遊ぶ金を借りに出た辰蔵を、三日も見張っていたかの浪人上杉周太郎は、辰蔵に声をかけるが、辰蔵が病み上がりであることを知って斬りきれず、逆に、辰蔵のおおらかな人柄が気に入って、手付にもらった25両と同じ25両で暗殺をあきらめることにした。又、辰蔵が念流を坪井主水に師事していることを知って、坪井道場を訪れる。
これを見ていた霧の七郎は、辰蔵暗殺を一時止まて本拠地である中国筋に帰って行った。
坪井主水は、上杉周太郎と供に、周太郎の父・上杉馬四郎の弟子であった。

「おそらく、この父だとて、真剣をとって斬り合ったら、上杉さんとは五分五分・・・・・いや、向こうが若いだけに、利があるやも知れぬ」

「まことで?」

「あれほどの剣士が、これまで世に出られなんだとは、な」

「ははあ・・・・・」

しばらくだまっていた平蔵が、やがて、こういった。

「上杉さんはな、あの顔かたちで損をしつづけて来たのだ。世の中の人間の多くは、うわべだけで人の値うちをはかってしまうゆえ、な

 

登場人物・他

火盗改方、他

長谷川平蔵(火付盗賊改方長官)、 長谷川辰蔵(平蔵の長男)、 坪井主水(長谷川辰蔵の剣術の師匠)、 上杉周太郎(浪人・念流の達人)、 上杉馬四郎(周太郎の父・念流の達人)、 上杉謙蔵(周太郎の偽名)、 阿部弥太郎(長谷川辰蔵の悪友)、 阿部亀七郎(弥太郎の父・高田・四家町に住む旗本)、山内一之助(市ケ谷に住む辰蔵の悪友)、

盗賊・他

霧の七郎(平蔵殺害を計画する大盗賊)伊丹屋七兵衛(霧の七郎の偽名)由太郎(霧の七郎の幼名)

お店、他

静遠時(せいおんじ・霧の七郎が、江戸見物と偽って宿泊した渋谷村の小さな寺)八百茂 (やおしげ・霧の七郎、小川や梅吉兄弟の母方の叔父。二人を一人前の盗人にした。野槌の弥平の盗人宿)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください