Reading Time: 1 minute

害獣問題としてかなり深刻な問題になっている”鹿””猪”ですよね。”鹿”の場合は、山や畑の植物の食いつくし、繁殖力も半端ないみたいですね。”猪”も同様に畑を荒らしまくることもさる事ながら住宅に出現して人を襲ったりする被害もあったりしますよね。なので真剣に害獣駆除をしていかないと問題が大きくなりますよね。その害獣駆除と特産物にかえる手法をとっている様です。

害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫

農家にとって「激増する猪被害」は死活問題

害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫能登半島では近年、イノシシが激増しているという。理由は、温暖化によって里山に雪が少なくなっているから。兵庫県や京都府内にいたイノシシが北上し、北陸にまで生息域を拡大。石川県内では、農作物を食い荒らす被害が相次いでいる。そこで能登半島の中ほどの中能登地区では害獣であるイノシシを駆除し、転じて「特産品」とするために知恵を絞っている。捕獲されたイノシシは食肉となるだけでなく、いろんな商品に生まれ変わっている。イノシシのユニークな活用法について聞いてみた。

イノシシは足が短いので、積雪30センチ以上の日が70日以上続くと生息できないといわれている。このため、かつては12、1、2月には大雪に見舞われる北陸にイノシシは少なかった。しかし近年、温暖化に伴って爆発的に増えている。石川県では明治から大正にかけて獣害として駆除されて絶滅したとされてきたために対策が遅れ、田畑が食い荒らされる被害が深刻化していた。

温暖化によって北上し、能登半島で激増
石川県羽咋市では、イノシシとの戦いに疲れて農業をやめる人まで出てきたため、市を挙げて対策に乗り出した。田畑を守るための電気柵を設置し、おりやわなを仕掛けて捕獲。捕獲者には奨励金を払っている。同市では捕らえたイノシシを自然の恵み・資源として特産品にする方向を模索し始めた。

そこで、イノシシの活用を進めるために2015年4月「地域おこし協力隊」として2人の県外出身男性を採用、2人はイノシシの解体技術などを習得した。同年10月にはイノシシ専用の獣肉処理施設を整備し、「のとしし大作戦」と名付けて食肉加工と商品開発・販売を担い、「のとしし」をブランド化。さらには、協力隊の任期が3年で終わることから、2017年12月に「合同会社のとしし団」を立ち上げ、施設の運営を開始した。害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫

のとしし団の事務を担当する髙田守彦さん(62歳)によると、石川県内には年間、18万頭から20万頭のイノシシがおり、2017年度は7700頭が捕獲された。2018年度の捕獲数は8000頭を超える見通しとなっている。宝達志水町、羽咋市、中能都町、志賀町で捕獲されたイノシシの約2割が、羽咋市の獣肉処理施設に持ち込まれる。捕獲から解体までは、食の安全を徹底し、慎重に作業が行われる。

詳しく聞いてみると、猟銃で撃ったイノシシは対象とせず、わなにかかったもののみを扱うという。まず、生きた状態で病気などがないかを確認し、とどめを刺す。「放血」といって血を抜く作業をした後、内臓を出して異常が見つかれば、食肉にするのはやめる。

続いて皮をはぎ、洗浄してから骨を除き、ブロックに切り分けた後、金属探知機で異物がないかを確かめ、真空パックに密封して急速冷凍し、保存する。

「解体に手間取ると、肉の味が落ちます。獣臭さや血生臭さが残り、まずくなる。我流ではだめです。手早く解体処理し衛生管理され安全なおいしい肉でないと、特産品として提供できません」

「のとしし」としてブランド化

羽咋市の獣肉処理施設では2016年度に300頭、2017年度は340頭のイノシシを解体し、2016年度は4トン、2017年度は4.8トンの食肉を販売した。同市内の飲食店や道の駅などでは、ぼたん鍋のほか、イノシシを使ったカレー、カツや、ソーセージなどの加工品が販売され、人気を集めている。メニューの名称は「のとししカレー」など「のとしし」と入れることで、地元で捕獲されたイノシシが使われていることをアピールしている。マークやキャラクターを作ることでも、ブランドの認知度は高まってきた。

羽咋市は「害獣」を食肉として活用することには成功したが、まだ悩みはあった。それは、皮、骨、内臓など廃棄しなくてはいけない部分が多いこと。解体すると1頭の半分以上の重量の産業廃棄物が出るため、これまでは産廃処理業者に処分を依頼し、その費用は年間100万円以上の負担になっていた。そこで同市では「自然の恵みを大切にしよう」と知恵を絞った。

アイデアを生かして実現にこぎ着けたのが、イノシシの皮の活用である。都内にある専門の業者に依頼して皮をなめし、着色してもらったものを材料とし、髙田さんは名刺入れやキーホルダーなどの試作を始めた。作り方は、ネットで調べて見よう見まね。道具も試行錯誤しながらそろえた。害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫

イノシシの皮は、体長が大きいものだと厚く、小さいものだと薄くなり、体の部位によっても質感が違う。それがかえって味のある手作りの風合いを醸し出し、人気を集めている。

夫が猟師で、食育アドバイザーとしてジビエの普及に当たっている中村恵美さん(32歳)も革細工の製造・販売を手掛ける。「自分が欲しいものを作ろう」とイヤリングやキーホルダーを制作していたところ、女性からの人気が集まり、販売するようになった。イノシシの革を使った製品について、いろんなアイデアが浮かぶという。害獣の「猪」を特産品に変えた石川の創意工夫

「色の出方がバラバラで、面白みがあります。傷やでこぼこも個性になる。集まっていろんなアイデアを出しながら、おのおのが好きなものを作るワークショップを開いていきたい。また、革細工を趣味にしている方は、どんな色・手触りのものがあるかぜひ見にきて、イノシシ皮を使ってほしいです」

中村さんは髙田さんと、製品を販売してもらっているカフェで、革細工の批評をしながら、新作のアイデアを練っている。第2子妊娠を契機とし、6年前に都内から夫の実家がある羽咋市へ移住して、里山の生活を楽しんできた。革細工を販売しながら、ジビエの魅力も伝えている。

「イノシシの肉はコラーゲンが多く、煮込むほどとろみが出ます。ルーに小麦粉を使わなくてもシチューになる。ひき肉は豚や牛と違って、こねても手に脂が付かず、脂が甘くておいしい。イノシシ肉を常食とすると、貧血が治り、体温が高くなりました。少ししか食べなくても満足できます」

中村さんによると、イノシシは女性にお勧めの食材。「のとしし」のスライス肉は、ふるさと納税の特産品としても人気が高い。

骨でスープを取ったラーメンも人気

また髙田さんによると、石川県小松市内のラーメン店がイノシシの骨でスープを取ったラーメンをメニューに加えたところ、「野性味はあるが、あっさりしている」などと好評を得ているらしい。しかし、一部の利用だけでは産業廃棄物を大幅に削減できないので、羽咋市では炭化装置を導入して頭部・内臓・骨などを処理し、土壌改良のための肥料とするための準備を進めている。2018年度内にも本格的に肥料を作る工程が整う見通しで、これにより害獣・イノシシは100%、活用できることになる。

「のとししを、余すことなく活用します。害獣を殺生して終わりでなく、特産品にして感謝できる存在としたいのです」

関連記事:今年の干支は亥としで追い風となるか?“ジビエラーメン”ブーム到来!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー