Reading Time: 2 minutes

ハットグを売っている立ち飲み屋が大繁盛は水戸でのこと。やはり韓国フードの発信は新大久保。その新大久保がハットグのゴミで地元住民が大迷惑を被っているらしいです。外国人のマナーが悪い云々いう前に日本人のマナーを直さないといけないですね。

韓国式「チーズドッグ」ポイ捨てに困惑 新大久保「日本人のマナーどこへ」

税理士ドットコム2018年12月07日 09時42分配信記事より引用

644 - 日本人のマナーは何処へ 外国人のことをとやかく言える立場ではない

コリアンタウンの新大久保(東京都新宿区)で、住民がゴミのポイ捨てに悩まされている。商店街だけでなく、環境美化を図る新宿区も危機感を強めている状況だ。主因は、韓国グルメ「ハットグ(チーズドッグ)」の食べ残しや食べた後のポイ捨て。地元住民は「インスタ映えだか何だか知らないが、写真だけとってひと口食べてポイ捨てする若者もいた。迷惑だ」と憤る。

●「ハットグ」のゴミ、自販機の下にも

ハットグ(400円程度)は、ソーセージの代わりに大量のチーズが入っており、韓国版アメリカンドッグとも呼ばれる。食べるときにチーズが長く伸びるのが特徴で、「インスタ映え」するとして若者を中心に人気。現在、新大久保では約20のハットグ店があるという。

12月上旬、記者が実際に付近を歩いて確認したところ、狭い歩道でしゃがんで食べるひとだけでなく、自動販売機の下に捨てられた食べ残しもあった。ハットグ店では店前にゴミ箱を設置し、店員が「並ぶ時に横に広がらないでください」「そこでは食べないでください」などと呼びかけているが、大量に押し寄せる客のすべてに注意するのは難しそうだった。

また、この問題を12月3日に報じた情報番組「モーニングショー」(テレ朝系)では、実際にポイ捨てする男性2人組に取材班が注意したところ、「じゃあいいっすよ」などと逆ギレされていた様子が流されていた。

●年配者のポイ捨ても

新大久保商店街振興組合では月に数回、清掃活動をしたり、一部のハットグ店では店員が周辺のゴミ拾いなどをしたりしているが、労力は限られており対応には限界があるという。商店街振興組合の事務局長は取材に、「みなさんのマナーに呼びかけるしかない」と話した。

さらに、インスタ映えを求めてやってくる若者だけでなく、年配のひとによるポイ捨ても確認されているという。事務局長は「本来、日本人のマナーは素晴らしく、世界に誇れるもののはず。どこへいってしまったのか。その精神をどうか取り戻してほしい」と求めている。

●新宿区、店舗にゴミ箱設置を依頼

新宿区も新大久保の状況に懸念を抱いている。今年に入り、新大久保でハットグ人気が膨らむのにつれて、「ゴミが散乱している」「自販機の脇に捨てられている」などの住民からの苦情が増えたという。このため新宿区の担当者は、食べ歩き可能なものを売っている店舗をまわって、客への啓発や店前でのゴミ箱設置を依頼した。

新宿区の多文化共生推進課は、「店側に聞いたり客の動向調査をしたりしていると、マナー違反をしているのは多くが日本人のようだ。ポイ捨てはしてはいけないというマナーは当然わかっているはず。ゴミが落ちているとそこに捨てられやすいという問題もある。新大久保が汚いというイメージをもたれることがないようにしていきたい」としている。

商店街振興組合では、新宿区に対し、清掃サービスなど人的支援をしてもらいたい考え。この点について、新宿区の多文化共生推進課は「当然コストとして、税金を投入するべきかどうかという問題になってくるので簡単な話ではない」と難色を示す。

週末の新大久保駅がカオスと化すチーズドッグの異常人気

NEWSポストセブン2018.11.18 07:00配信記事より引用

shinokubo00 - 日本人のマナーは何処へ 外国人のことをとやかく言える立場ではない

台風や事故などが原因で駅にキャパシティを超える人が集まってしまい、入場規制をかけることがある。2018年の夏からずっと毎週のように、土日休日になるとJR新大久保駅では入場規制が始まる。毎週、イベントがあるのではなく、大久保を訪れる人が多いからなのだ。

「まっすぐ歩くのも難しいんですよ」と話すのは、韓国料理を食べるため、友人と週末に新大久保を訪れた日本語教師のAさん(女性・40代)。

「近くの学校に勤めている友達から、最近の人出は普通じゃないと聞いていましたが、これほどとは思っていませんでした。駅のホームに降りてから改札を出て、明治通り方面へ向かって数百メートルのあいだ、ずーっと新宿駅の通勤ラッシュみたいな人混みなんです。通勤ラッシュと違うのは、みんなゆっくり歩いているから、なかなか前へ進めないこと。以前の韓流ブームのときよりも、今の方が道を歩きにくいです」

歩きにくい理由は、キャパシティを超える多くの人が訪れていること以外に、数十メートルおきくらいにあるのではと思うほど乱立している韓国風チーズドッグ(ハッドグ)店舗にもある。チーズドッグを買うために行列をつくり、スマホで自撮りしながら買い食いする若者たちが歩道にあふれているのだ。あまりの混雑に、店舗によっては警備員を配置して「最後尾」のボードを持たせ、整列して道をあける努力をしているところもあるが、殺到する人をさばききれないのが実情だ。

地元住民は「そろそろブームが落ち着いてほしい」という本音を漏らす。

「街がにぎわうのは嬉しいけれど、チーズドッグ目当てのお客さんには、あまりマナーがよくない人が目立ちます。そのあたりにゴミを捨てたり、表通りが混んでいるからと奥まった普通のマンションエントランスで座り込んで食べて、ゴミを置いていったり。貼り紙もしていますが、ゴミはなくならない」

 いったい、チーズドッグの何が、多くの人を引きつけるのか。

shinokubo01 - 日本人のマナーは何処へ 外国人のことをとやかく言える立場ではない

「チーズダッカルビもそうだったけど、いわゆるインスタ映えする食べ物ですよね。ワンコインと価格も気軽なので高校生くらいの若い子がたくさん並んでいました。興味はあったけど、行列してまでスナックを食べる気分にはならないので、目的の韓国料理店へまっすぐ行きました。BTSが『ミュージックステーション』出演を取りやめたすぐの週末だったから、ヘンな人に絡まれたくなくてみんな新大久保を避けるんじゃないかなんて友達と話していたんですけど、チーズドッグに並んでいる子たちには、全然、関係なかったみたいですね」(前出・Aさん)

K-POPグループのBTS(防弾少年団)は、日本ツアーが始まる前の11月9日(金)に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演を予定していた。ところが、メンバーの一人が過去に着ていたTシャツが、原爆投下直後のキノコ雲をデザインしたものだったため批判を浴びてもいた。そして、このTシャツ着用問題を協議した結果として、8日になって出演見送りが発表された。こういった注目を集める問題が起きると、とくにその有名人に興味がなくても、持論を強く主張したい人たちが押しかけてくることがある。だから面倒に遭わないように、多くの人が新大久保駅を避けるのではと大人は予想していたのだが、若者たちには関係のないことだったらしい。

「ニュースを見ていないのかもしれないし、理屈よりも、自分たちの感性を信じているんでしょうね。韓国コスメのお店は、若い女の子たちでいっぱいでしたし。だからといって、この混雑はひどい。帰りは新大久保駅を利用するのをあきらめて、地下鉄の東新宿から帰りました」(前出・Aさん)

新宿区の新大久保駅周辺が、外から遊びにくる人たちで賑わう週末を迎えるのは、今回が初めてではない。2004年にドラマ『冬のソナタ』放送によって第一次韓流ブームが起きた頃、韓流スターのグッズや韓国雑貨、料理店などが急増しコリアンタウン化して多くの韓流ファンを呼び寄せた。その後いったんブームは静まったが、2010年代初めにK-POPグループが日本で人気を集め、第二次韓流ブームがやってきて、新大久保駅周辺に、ふたたび多くの人がやってきた。

JR東日本は毎年、各駅の乗車人員(※列車に乗った人)トップ100を発表している。東方神起や少女時代、KARAがNHK紅白歌合戦に出場した2011年度には、新大久保駅は4万2千433人と初めて4万人を突破し初めて100位に入った。だが、ブームが去ると新大久保駅の乗車人員は減少し、再び100位圏外に。ところが、2016年度には前年比9.8%増で4万8220人となり、99位になった。

shinokubo08 - 日本人のマナーは何処へ 外国人のことをとやかく言える立場ではない

新大久保駅の前年比増加率9.8は極めて高い数字で、トップ100位内に前年比で5%以上の増加をみせた駅はほかにない。前述のように入場規制になることが増えており、新大久保商店街振興組合は2018年4月にHPで「特に、16時から19時ころの間は、大混雑することがあり、入場規制をすることがあります」と混雑についての注意を呼びかけているほどだ。

ところが、新大久保駅は大きな問題を抱えている。山手線で唯一、エレベーターもエスカレーターもない駅なのだ。日常的に電動車椅子で移動する新宿在住の50代男性は「ようやく工事が始まった」と言う。

shinokubo07edited - 日本人のマナーは何処へ 外国人のことをとやかく言える立場ではない

「敷地の権利の問題がややこしかったらしく、なかなかバリアフリー化がすすまなかったのですが、ようやく工事が始まって、2019年度にはエレベーターが使えるようになります。2020年東京五輪までに、駅舎も新しくなるそうです。もともと小さい駅なので、今のように大勢の人が来るとすぐに入場規制になります。なので、少し歩きますが中央線のJR大久保駅は空いていますし、地下鉄の東新宿駅も最寄りですので、私はそちらを利用しています」

第三次韓流ブーム、第二次K-POPブームはまだ続く気配が濃厚だ。山手線だけが止まる、ホームがひとつだけの新大久保駅では、入場規制がかかる週末がしばらく続きそうだ。

関連記事:BTS独占配信他、人気作品を配信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー