Reading Time: 2 minutes

あくまでもエキサイト新聞こと東スポの記事から連想される人気俳優さんの噂で、実際にはどうなの?と思っていましたが田中圭さんの「賭け麻雀」は大丈夫なのかって東スポ以外から報道されると東スポの記事”超人気イケメン俳優「闇カジノ」当局が内偵”が実に真実味が出てきたと感じざるを得ません。

田中圭の「賭け麻雀」は大丈夫なのか……賭け麻雀で摘発された有名人との違いは「闇社会との接点」

日刊サイゾー2018.11.11 日配信記事より引用

11月8日発売の女性週刊誌「女性セブン」(小学館)が報じた、俳優・田中圭の「賭け麻雀」。記事によると、田中は都内の雀荘に「フリー」で入店し、1000点100円(テンピン)のレートで賭け麻雀をしていたとのこと。この日は、5,000円勝って雀荘を出て、自宅近くの飲食店にて、女優内田理央や友人男性と会食をしたという。

金銭を賭けて麻雀を打つことは、原則的には違法行為だ。過去には漫画家の蛭子能収や元プロ野球選手の東尾修などが麻雀賭博で摘発されたことがあるが、今回の田中の雀荘通いは問題ないのだろうか? ギャンブル事情に詳しいジャーナリストは、こう話す。

「テンピンの賭け麻雀であれば、賭博ではなく遊びの範疇として、事件化されることまずありません。厳密に言えば違法だけど、取り締まりの対象ではないということですね。倫理的な問題を指摘する声もあるでしょうが、あくまでも“遊び”なので、バッシングするほどのことではないと思います」

蛭子が摘発された際は、1000点200円(テンリャンピン)のレートで賭けていた。

ちなみに蛭子が摘発された際は、1000点200円(テンリャンピン)のレートで賭けていたという。「テンリャンピンになると、動くお金が大きくなるので、賭博の要素が強くなり、摘発される可能性が出てくるということですね。ただ、レートよりも問題視されるのが、どこの雀荘で打っていたかということです。看板が出ているような雀荘の場合は、基本的にテンピンかテンゴ(1000点50円)で営業しているので、そのレベルで摘発されることはほぼない。でも、看板が出ていない会員制の雀荘のようなところになると、テンリャンピンやテンウーピン(1000点500円)というレートで賭け麻雀をしているケースがあって、こういうお店が摘発の対象になるんです。そういう雀荘は闇社会とつながっていることも多く、そっちの線から摘発されることもあります」(同)

東尾が賭け麻雀で書類送検となった際は、麻雀の相手が暴力団関係者だったことが問題となった。

「賭け麻雀が暴力団のしのぎになっていることがあるので、それを摘発するという形。だから、個人経営の街の雀荘で打っている限りは問題ないということですね。ちなみに、最近は闇スロットとか闇カジノのほうが人気があって、高レートの賭け麻雀は減っているみたいですけどね」(同)

今回の「賭け麻雀」報道が大問題になるようなことはなさそうだが、少なからずイメージが悪くなってしまったのは間違いない。田中の勢いは小休止となりそう?

田中圭「内田理央と深夜密会」報道に、ファンから「やっぱり……」との声が上がるワケ

日刊サイゾー2018.11.08 木配信記事より引用



0 - テンピンなら逮捕されないの?賭博ではなく遊びの範疇らしい?4~6月にかけて放送されたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で主人公を演じ、一躍人気俳優となった田中圭。そんな絶好調の彼に8日、「内田理央との深夜個室会合」が報じられ、話題となっている。

「女性セブン」(小学館)によると、都内の繁華街にある雀荘で60代以上の高齢男性3人と共に賭け麻雀を楽しみ、その後タクシーで移動したという田中。向かった先は妻子が待つ自宅ではなく、自宅近くにある行きつけの飲食店で、そこにはモデル女優の内田理央がいたそう。田中らがいる個室からは、親しげな会話が聞こえていたとのことだった。

内田は『おっさんずラブ』で田中の幼馴染み役を演じており、当初、この報道に対し、男女の仲ではなく「ドラマ出演者同士の飲み会では?」といった声が多数見受けられた。しかしその後、「田中と内田はデキている」といった見方が強まっている。

「今年放送された任天堂CMでも2人は共演していたのですが、その際、田中さんのファンの間では、『やたらベタベタした雰囲気を醸し出している』という声が上がっていたんです。そのため、今回の報道受けて『絶対一線越えている』と見る人は多い。“イクメン”や“愛妻家”エピソードで好感度を上げていただけに、ファンは幻滅しているようですね」(芸能記者)

また、その場には内田のほか、田中の友人男性もいたようなのだが、これに対しても批判が起こっているようで、

「田中さんはこれまで、何度か飲み会での姿を週刊誌に撮られています。しかし、すべて知人を呼び、複数人の飲み会のようにカモフラージュしている。それは、妻のさくらと結婚する前に撮られた際にも同様です。そのため、ネットでは『いくらでも言い訳できるようにしていて腹が立つ男だ』と批判が。また、手口が一貫しているということで『常習犯なんだろうな』との見方もあり、田中さんへの批判が加速していますね」(同)

今年大ブレイクを見せ現在絶好調の田中だが、ハメを外しすぎるといつか取り返しのつかないことになるかも!?

関連記事:スカパー!のレギュラー番組は面白い!ダラケ!~お金を払ってでも見たいクイズ~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー