Reading Time: 1 minute

お節介オヤジと同年代=40代後半から50代前半なら夢中になって買ったお菓子と言えばカルビー”仮面ライダースナック”だと思います。若い人は当然知らないとは思いますが、”仮面ライダースナック”の付録のカード欲しさにお菓子を食べずに捨ててカードだけ集めるという社会現象にもなりました。今回、カルビーさんから「コンソメキック」「チョップ」が発売されると言うが…キック、チョップと言えば仮面ライダーでしょう?味がコンソメパンチだから、どうせなら”仮面ライダーチップス”にすればいいのにと思ってしまいました。

<カルビー>「コンソメキック」「チョップ」発売なら…

復刻版のときはスナックからチップスに…味はうすしお味

<カルビー>ポテチ「コンソメキック」「チョップ」発売へ

毎日新聞2018年10月26日 15時25分(最終更新 10月26日 18時49分)配信記事より引用

<カルビー>「コンソメキック」「チョップ」発売なら…

カルビーは26日、人気商品「ポテトチップス コンソメパンチ」の発売40周年を記念し、「ポテトチップス コンソメチョップ」と「クリスプ コンソメキック」を11月12日から全国のコンビニで販売を始めると発表した。19日からはスーパーなどでも発売する。期間限定商品。

コンソメパンチは1978年11月、ポテトチップスの「うすしお味」「のりしお」に次ぐ3番目の風味として発売された。「パンチ」は当時の流行語で「元気のよい」「勢いがある」という意味の「パンチがきいている」が由来となった。肉や野菜をじっくり煮込んだコンソメスープを独自の製法でパウダーにし、「門外不出」とされるスパイスも使用して味付けした。「現在でもポテトチップスの柱となっている商品の一つ」(同社広報)という。

今回発売される「チョップ」はコンソメパンチにトマトケチャップのパウダーで味付けし、甘みのある優しい味わいに仕上げた。また「キック」は形を整えて揚げた「成型ポテトチップス」で筒型の容器に入っており、ブラックペッパーなどの香辛料をふんだんに使い、インパクトのある味わいという。

同社の広報担当者は「チョップ、キックと食べ比べてもらうことで、改めてパンチのおいしさを思い出してもらうきっかけになれば」と期待を込める。「チョップ」は60グラムで想定価格は税込み120円前後、「キック」は115グラムで同235円前後。

仮面ライダー生誕35周年オフィシャルポテトチップス

カルビー株式会社Newsreleaseより引用

<カルビー>「コンソメキック」「チョップ」発売なら…

仮面ライダースナック。これがでるとカードホルダーが貰えるのが嬉しかった。当時はポテトチップスでなく鯛あられ

カルビーは、絶大な人気を誇る「仮面ライダー」の生誕35周年を記念して、『仮面ライダーチップスR』をコンビニエンスストアで2006年10月30日(月)より、その他のお店では11月13日(月)より新発売いたします。
フレーバーは、定番として人気の“ポテトチップスうすしお味”で、飽きのこない美味しさです。

「仮面ライダー」は、1971年(昭和46年)4月にTV放送が開始されると同時に大人気となり、変身ブームを巻き起こしました。その人気は衰えることなく等身大ヒーローの代表といえば「仮面ライダー」であり、現在までで全21作品が制作されています。
『仮面ライダーチップスR』に付属するカードは、懐かしい初代「仮面ライダー」から最新の「仮面ライダーカブト」まで全ての仮面ライダー・怪人が対象。月刊マガジンZ編集部(講談社)のご支援をいただき、これまでにない高品質なカードになりました。また、1袋カード2枚付にして、「集めやすさ」を実現。大人コレクターの目標である全てのカードを集める“コンプリート”やカッコいいライダーカードが欲しいお子様の“カード集め”をサポートします。
商品名の『R』は、往年の大ヒット商品「仮面ライダースナック」が当時の少年たちに与えた衝撃と興奮を現代に甦らせたいという想いを込めて、回帰(Return)・再生(Reborn)といった「再び」を意味する言葉からアルファベットの「R」を記号として商品名に付けたものです。
パッケージもカードの品質感・オフィシャル感を表現する落ち着いた“大人コレクター向け”と「仮面ライダー」が勢ぞろいした華やかな“お子様たち向け”の2種類を用意しました。
『仮面ライダーチップスR』は、「仮面ライダースナックカード」を夢中で集めたお父さん世代と、毎週の放送を心待ちにしているお子様たちが一緒に“カード集め”を楽しめるコミュニケーションスナックを目指します。

他にも『仮面ライダーチップスR』と同じデザインのピロパックに種類や出現率が全く同じカードが封入される『仮面ライダーカードR』<1パック9枚入り、全171種類¥315(税込)>も同時発売が決定。株式会社エンスカイからおもちゃ店ルートで販売されます。どちらを買っても“カード集め”を楽しんでいただけます。


カルビーさんの”仮面ライダーチップス”を再発売(実際には仮面ライダースナック改め仮面ライダーチップス)の当時、コンビニの菓子仕入れ担当だったお節介オヤジは大人買い狙いでA4サイズのPOP(写真入り)の協賛をカルビーさんにお願いしてコンビニなのにケース(箱積み)で無茶苦茶売れた事を思い出します。コンソメパンチのひねりなのでしょうがここは平成ライダーも人気なので”ライダーチップス”に絡めて欲しかったですね。

<カルビー>「コンソメキック」「チョップ」発売なら…
0 - <カルビー>「コンソメキック」「チョップ」発売なら…
何故?平成ライダーは若い主婦層にも人気なので昭和は子供がカード集めに夢中になっていましたが、”平成ライダーチップス”なら主婦が大人買いするでしょ!キックはコンビニ、チョップはスーパーみたいにすればスーパー、コンビニの業態で採用間違いないと思いますが…

関連記事:“ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー