Reading Time: 3 minutes

4K放送の開始は、2018.12.01から始まります。家電量販店のテレビ売場にいくと当然”4K”の文字が目に入ります。ただここで注意したいのは自宅テレビは”4K対応テレビ”だから”4K”放送がみれると思っていませんか?”現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビを利用して、衛星基幹放送による超高精細度テレビジョン放送を視聴するためには、平成30年の実用放送開始にあわせて発売予定の機器が別途必要になります。”総務省も消費者に向けてホームページに掲載しています。

そもそも4Kテレビって何?

フルハイビジョンの4倍も高精細なテレビです。

テレビは大画面になるほど1画素あたりの面積が大きくなり、画素の粗さが目立つという課題がありました。4Kテレビなら、フルハイビジョンの4倍の画素数でこの課題を解決。大画面で見ても、画素の粗さが気になりません。高画質を大画面で楽しむなら、4Kテレビがおすすめです。

digitalfun whats 4k resolution01 - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

<解像度による違い>

digitalfun whats 4k resolution02 - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

<同じ画素数でも、画面サイズが大きいほど粗く見える>

digitalfun whats 4k resolution03 - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

<4KならフルHDと同じ画面サイズ以上でもきれい>

Digital FUN!より引用

超初心者のための「4Kって何?」

最近、テレビメーカーから発売が相次いでいる4Kテレビですが「4Kについて説明して」と言われるとちょっと口ごもったりしませんか?それって実はAVアンプ選びでも重要なポイントだったりします。そこで今回は「4K」についてとりあげてみました。

●「4K」って何? そもそも「解像度」って何?

「4K」とは実は映像における画面解像度のことを指しています。ちなみに解像度とは「細かさ」を意味します。「音の解像度が高い」といえば細かい音まで表現できることを示すのと同様に、「画面解像度が高い」といえば細かい部分まで精細に表示できることを意味します。では「精細に表示できる」とは、具体的にどういうことでしょう。お近くの液晶テレビの画面を虫眼鏡で拡大して見てみると、画面とは「色のついた点の集まり」であるとわかります。この点が「画素(ドット)」です。そして、画面解像度が高いとは、「画素の数が多い」こととイコールになります。

4Kの画面には、横に3840画素、縦に2160画素、全体で829万4400個の画素が敷き詰められています。

ですから4Kを正確に記載すれば「3840x2160」となります。ちなみに4Kという言葉の由来は、横の画素数が「約4000」であること。1000mを1km、1000gを1kgと記載するように、よく1000の単位をKが使われます。そのルールに則っているわけです。

スクリーンショット 2014-06-09 10.54.36.jpg

●なぜ4Kが必要なの?

4Kが注目されるようになったのはごく最近。ちょっと前までは「フルハイビジョンだから美しい」なんていわれていたのを覚えているでしょう。

4Kはフルハイビジョンの4倍の画素数ですから、さらに高精細で美しいというわけです。ではなぜそんなに高い解像度が求められるようになったのでしょう。それはテレビの画面サイズがどんどん大型化したことに関係があります。画面サイズが大きくなったとき、映像の解像度が同じであれば、画質は粗く見えます。

A4用紙に書いた絵をA2サイズに拡大コピーしたら、絵は荒くなりますよね。それと同じ理屈です。

単純にひとつひとつの画素が大きくなっただけですから、そのままではぼやけた感じでみえてしまって、逆に画質が下がって見えてしまうわけです。改めてアナログ放送華やかなりし頃を思い出すと、テレビ画面は今よりもずっと小さいものでした。なにしろブラウン管でしたから、画面が大きくなると奥行きも長くなり、大きいテレビは設置場所に困ったりしていましたね。

あの時代のテレビを解像度で示すとだいたい「720x480」でした。DVDビデオもこの時代の規格でしたから同じく「720×480」です。
(※ アナログ放送なので、正確には画素ではなく、走査線数で画質は決まります)

ところが薄型テレビ化、地デジの普及と段階を踏みながら、画面サイズはしだいに大型化し、今では50インチ、60インチというクラスも珍しくはなくなりました。そしてデジタル放送の画面解像度は、「1440x1080」、もしくは「1920×1080(フルハイビジョン)」 まで上がりました。

この地デジに慣れた今の目で、DVDビデオを80インチなどの大型テレビで見てみると「画質が悪いな」と思うはず。それはアナログ放送時代の映像(720×480)を、大きな画面で見ているから、アラが目立ってしまうのです。一方、6インチや7インチという小さなスマートフォンの画面でもフルハイビジョン対応のものが登場しています。これだけ小さなサイズに「1920×1080」もの画素を敷き詰めているのですから、逆にアラがまったく目立たないわけです。そしてハイビジョンよりもさらに高精細な画質が求められて、登場してきたのが4Kです。

3840x2160」ですから、フルハイビジョンの縦横2倍、つまり4倍の画素数を持つことになります。

画素数を同じサイズとして単純に比較すると以下のような比率になります。いかに4Kの解像度が高いか、おわかりいただけるのではないでしょうか。

スクリーンショット 2014-06-09 10.45.26.jpg

●AVアンプ選びでも「4K対応」が重要!

最近のAVアンプ(AVサラウンドレシーバー)を見ていると、「4K」対応を謳ったものが目立ちます。デノンのAVアンプも4Kに対応しています。「AVアンプは、ホームシアターで5.1chなどのサラウンドを楽しむもの、4K対応なんて映像のことだから関係ないのでは?」と思い込んでいる方も多いのではないでしょうか?

実は4Kをサラウンドで楽しむには、AVアンプも重要なのです。というのも、AVアンプを通して4K映像を4Kテレビに出力するときには、AVアンプが4K映像をそのまま出力する「4Kパススルー」に対応する必要があります。

また、先ほど説明したようにDVDビデオ(720×480)やフルハイビジョン(1920×1080)などの映像を、4K対応テレビで見ると画質が荒く見えます。ですが、AVR-X2100Wなら「4Kアップスケーリング(4K/30p)」にも対応しているので、DVDプレーヤーやブレーレィプレーヤーをAVR-X2100Wに接続したときに、映像を単純に拡大するのではなく、足りない部分を補う形で拡大してくれます。本来の4Kにはかなわないまでも、それに近い画質に補完してくれますので、今までのソフトもより高画質で楽しむことができます。というわけで、これからAVアンプの購入をご検討されている方は、ぜひ4Kパススルーと4Kアップスケーリングに対応しているかどうかをお確かめください。

超初心者のための「4Kって何?」より引用

冬まで待て 「その4Kテレビ」は買ってはいけない!

「新4K放送」が12月にスタートする。しかし現在店頭に並んでいる4Kテレビのほとんどは、実はそのままでは新4K放送を見られない。4Kテレビへの買い替えは待ったほうがいいのか? 新放送の仕組みとともにさぐってみる。

「4Kテレビは今、非常にお安くなっていますよ」。家電量販店に並ぶテレビを眺めていると店員が声をかけてきた。すすめられたのは50型の4K液晶テレビで価格は10万円前後。確かに安い。

販売中の多く、視聴できず

「家電エコポイントのときに買ったテレビもずいぶん古くなったし」と思わず財布のひもを緩めそうになるが、ちょっと待ってほしい。現在、販売されている4Kテレビのほとんどは、12月に始まる「新4K放送(4K・8K実用放送)」を見ることができないのだ。

地上デジタル放送の4倍の高精細な画質が売りの新4K放送は「BS」と「110度CS」を使った衛星放送。2011年に地上アナログ放送が地上デジタル放送へ完全移行したのとは異なり、既存チャンネルはそのままに、新たな4K専用チャンネル(放送局)が追加される。ただ、視聴には専用の4Kチューナーやアンテナが必要。量販店などに並ぶ4Kテレビのほとんどは、実はこの4Kチューナーを内蔵していない。

新4K放送の普及を推進する一般社団法人放送サービス高度化推進協会が2月に調査したところ「新4K放送を見るには発売中の4Kテレビに加え専用チューナーも必要」と正しく理解していたのは13%にすぎなかった。一般の理解度はまだまだ低いのだ。

■内蔵のモデル、冬まで待つ

ではどうすればいいのか?これから4Kテレビを買う予定の人は、取りあえず冬まで待ったほうがいい。放送開始までには4Kチューナー内蔵の4Kテレビを各社が発売することが見込まれ、機能やスペックを検討して商品選びができる。

使っていたテレビが故障したなど、時間的に余裕がない場合は、4Kチューナーを内蔵している東芝映像ソリューション(以下、東芝)の新モデルが唯一の候補になる(8月中旬時点)。東芝は、購入後に送られてくるUSBタイプの「新CASモジュール」をユーザーがテレビの背面に取り付けて、ソフトウエアアップデートを行うことで、新4K放送の受信が可能になる仕組みだ。

https%3A%2F%2Fimgix proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20180913%2F96958A9F889DE1E7E3E2E6E1E0E2E2E5E2EBE0E2E3EA999C8682E2E2 DSXMZO3510428007092018KNTP01 PN1 2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&ixlib=php 1.1 - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

アンテナ視聴の場合のフローチャート

4Kテレビをすでに購入した人は、外付けの4Kチューナーが必要になる。4Kチューナーは10月以降、各社が販売を始める見込み。価格は2万~5万円程度だろう。

新4K放送には衛星放送用のアンテナも必要になる。新4K放送は、チャンネル(放送局)によって「右旋偏波」と「左旋偏波」の2種類の放送波を使い分ける。右旋は「NHK BS4K」や「BSテレ東4K」などの無料放送、左旋は「J SPORTS(4K)」や「スカチャン4K」といった有料放送や「ショップチャンネル 4K」のような通販番組が中心だ。右旋は従来から使われている放送波なので、今までのBS・CSアンテナが使える。

つまり、これまでBS放送を受信していた人は、テレビを4Kチューナー内蔵モデルに替えるだけで新4K放送の無料番組を視聴できる。

ただし、築年数が10年を超えるようなマンションだとBSアンテナの設備が古く、すべての新4K無料放送を受信できないといったケースもありそうだ。

見極めは、BS放送波の一番高い帯域を使う「D life(BS258)」を見られるかどうか。もし映らなければ、アンテナなどの取り換えが必要になる。

一方、有料放送が中心の左旋を見るには、「右左旋共用」のBS・CSアンテナを設置するだけでなく、場合によってはブースターや分配器のほか、ケーブルを含めた宅内配線まで替えなければならない。アンテナ設置や配線工事など、視聴へのハードルは右旋よりもはるかに高い。

(日経トレンディ10月号より再構成)

日本経済新聞夕刊2018年9月8日付]より引用

ケーブルテレビで4K放送を視聴する場合

BS 4KのCATVパススルーSTBをパナソニックが11月発売。KDDIは来春Android TV搭載機

ケーブルテレビ(CATV)関連の最新技術やサービスが展示される「ケーブル技術ショー 2018」が7月19日~20日に東京国際フォーラムで開催。この中で、12月に開始される「新4K8K衛星放送」のCATV再送信に対応したSTBを、パナソニックや住友電工、テクニカラーが出展している。ケーブル技術ショーの参加は無料で登録制。

12月1日からBS/110度CSによる新4K8K衛星放送が開始され、CATVでも再送信の形で提供可能となる予定。これに合わせて、STBを手掛ける各メーカーが4K対応STBを開発している。

既報の通り、CATV事業者のJ:COMは、放送の信号をCATV信号に変換するトランスモジュレーション方式で12月1日より再送信サービスを提供すると発表している。今回のケーブル技術ショーでは、同方式に加え、信号を変換しないパススルー方式にも対応したSTBを、パナソニックと住友電工が展示している。

パナソニックはパススルー/トラモジの送受信両方をサポート

パナソニックは、BS 4Kのパススルーとトランスモジュレーションの両方に対応したSTBを展示。HDDを搭載しないBasicモデルを11月に、HDD内蔵のDVRモデルを2019年1月にCATV事業者へ発売する。いずれも3チューナ内蔵で、4K×1番組と2K×1番組などの同時録画が可能。DVRモデルは内蔵HDDに録画できるほか、両モデルとも別売USB HDDへの録画も可能。

01 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

パナソニックのBS 4Kパススルー/トランスモジュレーション両対応STB

新STBへの置き換えの際に、旧STBから録画コンテンツをLAN経由で引き継ぐことも可能で、一括ダビングのほか、個別で番組を選んでダビングすることも可能。IEEE 802.11ac対応の無線LAN子機を標準装備している。DLNAやリモート視聴など、現行機種のネットワーク機能が使えるほか、現在検討中というIP配信コンテンツにも対応する。

03 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

同STBでトランスモジュレーション方式の受信も

CATV局側にとっては、4K再送信が始まると従来より多くの帯域を使用することになるが、送信側の設備に同社のヘッドエンドを導入すると、BS 4KとBS 2Kのパススルー信号を、既存のCATV帯域とは別のBS-IF帯域へ割り当てることで、空いた部分を各CATV局による自主4K専門チャンネルなどに活用できることも特徴としている。

06 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

ヘッドエンド装置

05 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

パススルーへの切り替えで帯域を効率運用

07 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

省スペースで4Kサービスを開始したい事業者などにもソリューションを紹介

KDDIが住友電工製の小型Android STBを採用

住友電気工業のブースでは、来春にKDDIが発売予定というAndroid TV搭載STB「ST4302」を展示。BS 4Kを含むトリプルチューナ搭載で、4K×1とHD×1などの同時録画に対応。ストレージを内蔵しない小型筐体で、録画は別売USB HDDまたはNASで行なえる。

11 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

コンパクトな本体の住友電工製Android TV搭載STB「ST4302」

テクニカラーはトラモジ対応STBを11月に

テクニカラー・パイオニア・ジャパンは、トランスモジュレーション対応のSTBを、11月末に発売。2TB HDD内蔵の「BD-V5700R」と、HDD非搭載の「BD-V570」を用意する。2番組同時録画に対応。SeeQVaultもサポートし、番組引っ越しなどが可能。ハイブリッドキャストやリモート視聴などに対応する。

08 s - 今のうちに知っておきましょう!4Kテレビって何?

テクニカラーのBS 4K対応STB

送信側の設備も4K対応進む

CATV局などがアンテナで受信したBS 4K放送をトランスモジュレーション方式で再送信するための装置も4K対応が始まっている。ミハル通信は、BS 4Kなどに対応したヘッドエンド装置「MGSR-ABSTM-A」(1スロット)と、「MGSR-ABS4TM-A」(2スロット)を展示。既に多くの受注があり、生産を進めているという。いずれもBS-IF受信部を2系統備え、自局アンテナとIP伝送を活用し、積雪など悪天候時に備えた冗長化に対応できるのが特徴。2スロットタイプは、複数QAM運用時に、任意の周波数(256QAM×3波、64QAM×4波)で出力できる。

AVWacht2018年7月19日 16:02より引用


地上デジタル放送へ変更になるときにはテレビが見れなくなるという事でテレビの販売台数がかなり増加しましたよね。しかし、今回の4K放送はテレビが見れなくなる訳ではない。アンテナで4K放送を視聴しようとするとテレビ、チューナー(テレビがチューナー内蔵でない場合)、アンテナ、ブースターとなるとかなりの金額がかかりますね。一方、ケーブルテレビであれば4K対応テレビと地域のケーブルテレビと契約をすればいいという事になりますよね。どちらかを選ぶかは電卓をたたいてみて下さい。

関連記事:4K放送開始に向けてTVの準備はしていますか?4Kテレビの選び方・究極ガイド!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー