Reading Time: 1 minute

沢田研二さんのさいたまスーパーアリーナでのコンサート中止、亡くなった樹木希林さんも楽しみしていたのではないでしょうか?若い方はご存知ないとはおもいますが昭和のドラマ”寺内貫太郎一家”での樹木希林さんの名セリフ”ジュリー~~”40代後半以上の方は記憶にあると思います。

ドタキャンの真相がだんだんとわかってきました。

沢田研二、次回21日公演「予定通り」と開催会場…チケット完売

ディリーon-line2018.10.18

沢田研二さん亡くなった樹木希林さんはどう思っているでしょうか?

歌手の沢田研二が17日にさいたまスーパーアリーナ公演を急きょ中止した問題で沢田が次回21日に公演「沢田研二 70YEARS LIVE」を予定している大阪・狭山市文化会館は18日、公演は予定通り開催されると説明した。

この日、沢田の公式HPには「10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演は契約上の問題が発生したため、急きょ中止させていただくこととなりました」との説明と、ファンへの謝罪が掲載された。

一方で、次回公演が行われる狭山市文化会館は「契約上の問題」とは「関係はありません」とした。沢田側からの事情説明の有無については「すでに謝罪が行われていることを拝見しております」とした。

同会館のチケット販売サイトでは、21日の公演は完売している。

沢田研二語った中止理由 観客少なく「自分で決定」

日刊スポーツ2018年10月18日18時6分配信記事より引用

歌手の沢田研二(70)が17日、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を急きょ中止した件について18日、横浜市内で日刊スポーツなどの取材に応じた。

公演中止の理由について、「(観客の数が)当初9000人と聞いていたが7000人しか入っていなかった。また、リハーサルの時点でモニターを見た時に、客席もつぶしてあって『なんだこれは』となって。最終的に中止は自分で決定した」と話した。

「もちろん、僕の実力不足はあります」としつつ、事務所やイベンターに対しても「もっと頑張ってくれとも話してきた」といい、複雑な胸の内を告白。ファンに対しては「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

沢田研二ドタキャン!開演30分前に公演中止、管理会社「契約の問題」

SANSUPO.COM2018.10.18 05:01配信記事より引用

歌手、沢田研二(70)が17日夜、さいたまスーパーアリーナで予定していた全国ツアー公演を急きょ中止した。

管理会社はサンケイスポーツの取材に「アーティストサイドに重大な契約の問題が発生したため」と説明。午後3時半の開場時間を遅らせて主催者や所属事務所が協議を重ねたが、中止に。入場料の払い戻しは後日発表予定とした。

沢田は7月6日の東京・日本武道館を皮切りに70歳を記念した全国ツアー(66公演)を展開中。この日の来場者によると、会場では開演約30分前の午後4時半にスタッフから中止のアナウンスがあり、入り口には手書きの張り紙が掲示された。

大阪府に住むファン歴40年の50代女性は「ショック。納得できる説明をしてほしい」と困惑の表情。ネット上では「ドタキャンかよ!」の声や、沢田のヒット曲にからめ「勝手にしやがれ」などの書き込みが相次いだ。

沢田は21日に大阪狭山市文化会館で公演を予定している。2004年の茨城・水戸公演でも観客が少ないとの理由で開演直前に中止を決定していた。

中止の本当の理由は?

真実はわかりませんが…Twitterでの呟きを紹介しておきますね。

関連記事:山本彩の卒業コンサート、生配信決定!見逃し配信はdTVチャンネルだけ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー