Reading Time: 2 minutes

名古屋というと東京でもなく大阪でもなく食文化も少し、独特な文化をもつ名古屋。テレビでも吉本興業の今田耕司さん東野幸治さんがメインMCをしている本能Z(ほんのうずぃ~)でもご本人自ら”東京や大阪ではできないコメント””名古屋なら許される”など言ってかなり過激な発言も多く面白い番組になっています。話しは大分それましたが”名古屋めし”について紹介させて頂きます。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京
レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!

0 - 名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

JR名古屋駅が進める「名古屋めし強化」の勝算

東洋経済オンライン2017/11/13 5:00大坂 直樹 :配信記事より引用

駅ナカにあふれる「みそカツ」や「天むす」

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

JR名古屋駅のレストラン街「名古屋うまいもん通り」。名古屋駅の駅ナカでは「名古屋めし」を出す飲食店が増えている(記者撮影)

東京や大阪から新幹線に乗ってJR名古屋駅にやってきた人が最初に目にする「名古屋めし」はきしめんだろう。立ち食いきしめんの店「住よし」は、新幹線の上り・下りホーム、在来線の1~11番ホームなど名古屋駅のホーム上だけで7店舗もある。

住よしが名古屋駅で開業したのは1961年。それから半世紀以上にわたって駅ナカ店舗を増やしてきた。店舗によって味が違うらしく、ファンの間では「どのホームのきしめんが最もおいしいか」といった論争が絶えない。ある愛好家に言わせれば、「在来線の店舗のほうがおいしい」。新幹線ホームの店ほどには利用者が多くなく、注文が入ってから天ぷらを揚げているため、揚げたての天ぷらを食べられるからだという。住よしを運営するのはジャパン・トラベル・サーヴィスという東京の会社で、関東、東海、関西のJR駅ナカを中心に店舗を展開している。

名古屋駅は「名古屋めしの見本市」

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

名古屋駅の駅ナカに店を構えるカフェ「アバンテ」の看板メニュー「小倉トースト」(写真:JR東海)

名古屋駅の駅ナカに店を構えるカフェ「アバンテ」の看板メニュー「小倉トースト」(写真:JR東海)

初心者にとっては、きしめんが名古屋めしの代表格だが、きしめんだけが名古屋めしではない。あんかけスパゲティ、みそ煮込みうどん、ひつまぶし、みそカツ、天むす、エビフライ、手羽先、台湾ラーメン、小倉トーストなど、名古屋人が愛する名古屋めしは多種多様だ。これらの中には名古屋以外の地方で生まれ名古屋に根付いたものもある。

こうした名古屋めしの名店が、名古屋駅の駅ナカに続々とオープンしている。名古屋駅のメインのレストラン街は飲食店と弁当類の販売店など約50店で構成されるが、そのうち16店が名古屋めしを提供。名古屋駅はさながら名古屋めしの見本市といった様相を呈する。

1987年に国鉄からJR東海(東海旅客鉄道)へと衣替えしたとき、名古屋駅ナカのグルメといえば、「日本食堂」や「レストランみかど」。当時の鉄道駅では定番のレストランが主体だった。地元の鉄道通のベテランは「当時の名古屋駅で名古屋めしと呼べるものは、きしめん、みそカツ、あとは売店で売っているテイクアウトの天むすくらいだった」と回想する。

では、いつ頃から名古屋駅は名古屋めしを強化するようになったのか。JR東海傘下で名古屋駅の店舗開発を担当するのが名古屋ステーション開発だ。その企画開発課の古谷野岐彦課長によれば、「正確な時期はわからないが、名古屋めしがメディアで注目されるようになってから少しずつ増えてきた」。だとすると、名古屋めしが全国区になったきっかけの1つである愛知万博が開催された2005年以降ではないか。

名古屋めしは有名店誘致でブレーク

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「味仙」の台湾ラーメン。2015年に名古屋うまいもん通りの拡張に伴って誘致された(写真:JR東海)

誰もが知る名古屋めしの人気店は2010年に登場する。手羽先で有名な居酒屋「世界の山ちゃん」が立ち飲み店の営業を開始した(現在はリニア中央新幹線の工事に伴い閉店)。

ブレークしたのは、名古屋うまいもん通りが拡張された2015年だ。新店舗として、台湾ラーメンの「味仙」、あんかけスパゲティの「スパゲティハウス チャオ」、ひつまぶしの「まるや本店」といった名古屋めしの有名店を多数誘致。これによって、名古屋駅における名古屋めしの注目度が一気に高まった。

名古屋駅ナカのレストラン街はうまいもん通り以外にもいくつかあり、名古屋めしの店はあちこちに点在している。だが、名古屋めしを出す店を1カ所に集約したほうが、観光・出張客にとってはわかりやすいようにも思える。たとえばJR仙台駅には牛たんの専門店を集めた「牛たん通り」があるなど、地方の駅は郷土料理を出す店を1カ所に集めて、観光客の注目度を高めている。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

あんかけスパゲティ専門店「スパゲティハウス チャオ」の看板メニュー「ミラカン」(写真:JR東海)

しかし、古谷野氏によれば「そうした考えはない」という。それは、名古屋駅周辺で働く会社員もターゲットにしているからだ。「今日は何を食べようか」と迷うことが多いビジネスパーソンにとっては、名古屋めしを1カ所に集約せず、あちこちに分散させておくほうが、選んでもらいやすいのだそうだ。

ちなみに名古屋駅には全国の人気ラーメン店を1カ所に集めた「名古屋・驛麺通り」がある。「昼は必ずラーメンを食べるという人は結構いる。そうした人向けにはラーメンだけのエリアを設けておくほうがよい」(古谷野氏)とのことだ。

名古屋駅の駅ビル、JRセントラルタワーズとJRゲートタワーにもレストラン街がある。その店舗構成は、フレンチ、焼肉、すし、中華などバラエティに富む。名古屋めしの店はゼロではないが、名古屋うまいもん通りと比べると圧倒的に少ない。その点で両者はうまく差別化を図っている。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

名古屋うまいもん通りに12月に出店する「山本屋本店」のみそ煮込みうどん(写真:JR東海)

12月には、うまいもん通りに4店舗が新規出店する。うち2店が、みそ煮込みうどんの「山本屋本店」とえびフライが名物の「まるは食堂」だ。名古屋めしの存在感がさらに高まることになる。だが、駅から一歩外に出ると、その存在感は駅の比ではない。新幹線側の駅前に広がる地下街「エスカ」では、33ある飲食店のうち実に23店が名古屋めしを提供する。まさに激戦区そのものだ。

JR名古屋駅は実は劣勢?

エスカの名古屋めしシフトは、駅前にある「ビックカメラ」が開業した2003年にまでさかのぼる。それ以前、ビックカメラの場所には衣料雑貨系の店舗があり、エスカもその店の客層に合わせた飲食店を並べていた。しかし、2003年にビックカメラがオープンすると、エスカも店舗の入れ替えに舵を切り、徐々に名古屋めしの店を増やし始めた。その結果が、今日の23店につながっている。2015年に名古屋めしを強化したJR名古屋駅は、エスカから見れば、「何を今さら」といった感じなのだろう。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

名古屋うまいもん通りは名古屋めし強化で客をさらに取り込めるか、12月の新規出店の成否が注目される(記者撮影)

エスカの名古屋めしシフトは大当たりし、「観光・出張客も地元客に負けないくらい多い」(エスカ広報担当者)という。そう考えると、名古屋駅の名古屋めしシフトは、実は駅の外で勢いづく名古屋めし店に客を取られないための囲い込み策だという構図が浮かび上がってくる。

名古屋駅周辺の地下街はエスカだけではない。「ユニモール」「メイチカ」など多くの地下街があり、それぞれが独自の飲食店網を展開する。新幹線では独り勝ちのJR東海が、飲食店戦略では多くのライバルと向き合っている。「男子家を出れば七人の敵あり」という格言は、JR東海が名古屋駅で置かれている現状に、まさにぴったりくる。

台湾で「名古屋めし」が人気化した根本理由

東洋経済オンライン2018/10/14 6:00永谷 正樹 : 配信記事より引用

名古屋と何が同じで何が違うのか

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「コメダ珈琲店 南京建国店」の店内の様子(筆者撮影)

現在、台湾で名古屋の飲食店が続々とオープンしているのをご存知だろうか。味付けが濃厚でオリジナリティあふれる「名古屋めし」が台湾でどのように受け止められているのか。それを確かめるべく、台湾現地を取材してみた。なお、台湾の通貨単位の元は渡航時のレート1元=3.8円で計算し、端数は四捨五入した。

日本のラーメンは台湾人には辛すぎる!?

台湾進出の先駆けとなったのは、名古屋のソウルフードともいえるラーメンの「スガキヤ」だ。1995年、台湾に合弁会社を設立し、現在は台湾全土で20店舗を展開している。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「壽賀喜屋(スガキヤ) 比漾百貨」。ポップな雰囲気の日本の店舗と違い、落ち着いた雰囲気(筆者撮影)

日本のスガキヤは、ショッピングセンターのフードコートを中心に出店している。それは台湾でも同じだった。筆者が訪れたのは、新北市にあるデパート「ビヨンドプラザ」地下2階のフードコートにある「壽賀喜屋 比漾百貨」だ。

しかし、メニューは日本とはかなり違っていた。まず、ソフトクリームやクリームぜんざいなどの甘味メニューがない。ラーメンも鶏の唐揚げをのせたものなど日本にはないメニューもあった。さらにお弁当や丼もの、餃子や揚げ出し豆腐などサイドメニューがかなり充実していた。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

シンプルな「玉米拉麺」。ほかにもカニかまぼこ入りや唐揚げ入りのラーメンがあった(筆者撮影)

筆者が注文したのは、シンプルなコーン入りの「玉米拉麺」(98元=約370円)。台湾に出店している日本のラーメン店と比べるとかなり安い。まずはスープをひと口……。あれ? 食べ慣れているはずの和風とんこつスープが少々薄く感じるが……。

「和風とんこつのベースは同じですが、台湾の人々の味覚に合わせて、ややマイルドな味わいに仕上げています。日本で出しているラーメンの味にあまり執着はしていません。とにかく現地の方に、良いものをより安く提供できれば」と話すのは、スガキコシステムズ管理本部のゼネラルマネジャー、吉田博之さん。フードコートへの出店とリーズナブルな価格という「スガキヤ」のビジネスモデルは台湾でも支持されている。

「日本のラーメンを台湾人は塩辛く感じるんです。だから、台湾進出した日本のラーメン店の多くは、日本人が食べておいしいと感じるギリギリまでスープを薄味にしています」と話すのは、今年9月、MRT(台湾の地下鉄)忠孝復興駅にプレオープンした「半熟堂 台湾台北店」のオーナーで、愛知県内の刈谷市、岡崎市、安城市でラーメン店を営んでいる杉浦正崇さんだ。

杉浦さんの実家は愛知県安城市の人気中華料理店「北京本店」。しょうゆと砂糖がベースのタレで味付けしたトロトロの玉子丼に豚肉の唐揚げをのせた「北京飯」が名物で、それを台湾出店の目玉とした。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

杉浦正崇さん(写真中央)と台湾人スタッフ(筆者撮影)

「まず、台湾と中国の微妙な関係から『北京飯』という名称はNGでした。そこで店名を冠した『半熟飯』にしました。それよりも大変だったのは、味付けでした。台湾人のスタッフに食べてもらったところ、『辛すぎる!』と言われ、レシピを変えざるをえませんでした」(杉浦さん)

台湾人向けの半熟飯やラーメンを作りながら、杉浦さんは「本当にこれでいいのか?」と自問自答を繰り返した。そもそも台湾進出は、“安城のソウルフード”である北京飯を広めるためであるとの原点に立ち返り、今ではローカライズせずに出している。実際、「半熟飯」(160元=約610円)を食べてみたが、安城の「北京飯」そのものだった。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「半熟飯」。テイクアウトの注文も多いとか(筆者撮影)

「名古屋の台湾ラーメンも当初は辛すぎて受け入れられなかったと聞いています。しかし、2回、3回と食べるうちにハマっていくのが台湾ラーメンに限らず、味が濃厚な名古屋めしの魅力でもあります。ゆくゆくは、台湾で名古屋の台湾ラーメンを定番化させたいと思っています」(杉浦さん)

「矢場とん」や「コメダ珈琲店」も出店

台湾人が日本のラーメンを塩辛く感じるなら、名古屋めしに欠かせない豆みそは、どのように感じるのだろうか。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「矢場とん 台北東門店」。MRT東門駅からすぐの好立地にある(筆者撮影)

名古屋めしの代表選手ともいうべきみそかつで有名な「矢場とん」は、一昨年2月、MRT東門駅前に台湾第1号店となる「矢場とん 台北東門店」を開店。さらに、同年9月には台北市内のデパート、新光三越A11にも出店した。

お昼時に東門店へ行くと、1階はほぼ満員で2階に案内された。ぱっと見たところ、8割は女性客が占めていた。注文したメニューをスマホで撮影している客もいた。

「台湾でとんかつは珍しくはありませんが、みそかつを初めて食べる方もいらっしゃると思います。オープン当初は私も調理や接客の指導で台湾の店へ行ってましたが、料理を残される方はいませんでした。ウチのみそかつは台湾でも十分に勝負できると思いましたね」と、矢場とん店舗営業部部長の千野広仁さん。

豚肉やキャベツなどの食材は現地調達だが、味の要となるみそだれとソース、カレー、パン粉は日本から送っているそうなので、日本の味とほとんど変わらない。調理技術においても、3~4カ月間はみっちりと研修しているうえに、日本国内で店舗が新規オープンする際にも来日して研修を行っているので、今では安心して任せられるという。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「ひれとんかつ定食」。ご飯がすすむ味付けは日本とまったく同じだ(筆者撮影)

「ひれとんかつ定食」(320元=約1220円)を食べたところ、コクのあるみそとサクサクの衣、やわらかいひれ肉との絶妙なマッチングは名古屋で食べた味そのまま。

会計時、私が日本人であるとわかった店員さんは、片言の日本語で味の感想を求めてきた。「とてもおいしかったですよ」と言うと、とても満面の笑みに。深々とお辞儀をして店を送り出してくれた。

台湾への出店は、のれん分けのようなもの

3年前、MRT(台湾の地下鉄)中山駅の近くにオープンした「ソロピッツァ ナポレターナ 台北店」は、名古屋・大須に本店があるピッツェリア。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「ソロピッツァ ナポレターナ 台北店」。多くの若者で賑わっていた(筆者撮影)

ナポリピッツァ職人世界選手権で優勝したオーナーの牧島昭成さんの下にはナポリピッツァ職人を志す若いスタッフが沢山いる。台北店を任されている“パシュクアーレ ホワイト”こと陳柏壬さんもその一人だ。牧島さんはこう振り返る。

「彼は『台湾で本物のナポリピッツァを広めたい!』というパッションを持っていましたね。まじめに修業をしていましたから、台湾で店を持たせてやりたいと。実際、オープンした翌年には彼も世界チャンピオンになりました。台湾への出店は、会社の経営戦略ではなく、いわば、のれん分けのようなものです」

注文したのは、牧島さん直伝の「マルゲリータ エクストラ」(273元=約1040円)。香ばしく焼き上げた生地とトマトソースの酸味、水牛のモッツァレラのミルキーな風味が一体となって広がります。大須で初めて食べたときの感動がよみがえってた。

余韻に浸っていると、陳さんがわざわざあいさつに来てくれた。何でも、台北ではアメリカのピザが主流で、ナポリピッツァはまだ知る人ぞ知る存在らしい。現在、台北市内にピッツェリアは5軒ほどあるそうだが、「ウチガイチバン!」と、自信たっぷりに語る陳さんが頼もしく見えた。

台湾へ行って不満に思ったのは、コーヒーの味。名古屋の喫茶店のように深煎りの、濃いコーヒーを飲ませてくれる店がなかったのだ。そこで、今年2月、MRT松江南京駅の近くにオープンした「コメダ珈琲店 南京建国店」へ向かうことに。

店に到着すると、なんと、行列ができていた。入り口横のメニューサンプルの前で記念写真を撮る客の姿もあった。20分ほど待って、ようやく店内に案内され、「アイスコーヒー」(110元=約420円)と「ミニシロノワール」(140元=530円)を注文。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「ミニシロノワール」。ソフトクリームの甘さが強め(筆者撮影)

アイスコーヒーは期待どおりの味だったが、シロノワールのソフトクリームは練乳のようにかなり甘ったるい。舌触りもザラついていて、クリーミーでミルク感のある日本のシロノワールとは大きく違っていた。周りの台湾人はさらにシロップをかけて食べていたので、きっと台湾人向けにローカライズしたのだろう。

半熟卵を食べる文化が台湾にも

今回の台湾行きを決めたのは、トロトロの卵でとじた親子丼で有名な「鶏三和」が今年5月に台湾へ出店したというニュースを目にしたのがきっかけだった。

生卵や半熟卵を食べるのは、日本人だけで海外では食べる習慣がなく、実際、これまで海外でトロトロに仕上げた親子丼を出したという話は聞いたことがない。それだけに、どうやって食習慣をクリアしたのかが気になって仕方がなかったのだ。

「台北市内の百貨店の催事で親子丼の実演販売をすることになりました。ところが、鶏肉や卵は日本から輸出できないので、日本国内並みに衛生管理が行き届いた、生で食べてもおいしい卵や安全安心な鶏肉を台湾全土を駆け回って探しました。そんな苦労のかいがあって『早く台湾に出店して』『台湾にない味』『また食べたい』など、高い評価をいただきました。この経験が台湾出店への強力な後押しとなりました」と、さんわグループの台湾現地法人「台灣鳥三和有限公司」の代表取締役、古川翔大さんは言う。

「鶏三和微風台北駅店」がある台北駅構内の飲食フロア、微風台北台湾站へ向かうと、店の前には10人ほどの行列ができていた。店内に案内されて、10分ほどで注文した「親子丼」(270元=約1030円)が運ばれた。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

「親子丼」。トロトロの半熟卵が味の決め手(筆者撮影)

卵の絶妙なとろみ加減は日本とまったく同じ。鶏肉の旨みがしっかりとしみたダシが卵とご飯を見事に一体化させていた。丼に付くつくねのコラーゲンスープや梅干しもおいしかった。ふと、店内へ目をやると、女性のグループやカップル、家族連れの客がおいしそうに親子丼を食べていた。半熟卵を食す文化が台湾へと広がったことを実感した。

名古屋市東区にある料亭「神楽家」は、5年前に名古屋の料亭として初めて台湾へ進出し、SOGO忠孝店に「神楽家台北SOGO忠孝店」を出店した。当初は台湾のパートナー企業との共同経営だったが、契約満了に伴い、今年3月から自社運営となった。

「自社運営はSOGOから熱心に勧められました。これはかなり異例のことですが、5年間の苦労が報われたと思いました。支配人や料理長、スタッフがお客様のご要望に対して真摯に向き合ったおかげです」と、店を運営する(株)リブレの社長、日下智重子さん。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

いろんな味が楽しめる「松花堂」(筆者撮影)

私が選んだのは、お造りや煮物、揚げ物が一度に楽しめる「松花堂」(780元=約3000円)。魚介や肉などは台湾産が中心ですが、繊細で上品な味付けは料亭の味そのもの。特に、ご飯のおいしさは今回台北で食べたどの店よりも群を抜いていた。聞いてみると、台湾産のコメではなく、北海道産のななつぼしを使っているという。きっと、食材のみならず、調理法や接客においても、ブラッシュアップし続けているのだろう。そんな料亭ならではの、目には見えないきめ細やかな心配りも台湾人を虜にしているのだ。

台湾人は名古屋人とソックリ?

今回の旅で多くの方から台湾人の気質について聞いた。いわく、普段は質素な生活を送りながらも、週に1回くらいは海外でブームになっているグルメや新しくオープンした店に足を運ぶ。そして、味や雰囲気、サービスなについての感想を、店の人に遠慮なく言う──。そう、名古屋人とソックリなのだ。だからこそ、台湾に進出した名古屋の店は、台湾人のハートをガッチリつかんでいるのだと確信した。

名古屋めしって?JR名古屋駅だけでなく今は台湾で名古屋めし

屋台が立ち並ぶ士林夜市(筆者撮影)

 

google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー