Reading Time: 2 minutes

黄昏流星群といえば弘兼憲史先生の漫画ですが、お節介オヤジと同じ中年男性なら黄昏流星群みたいな展開になったらなんて少なからず思うと思います。”四十歳を超え多くの大人達は、死ぬまでにもう一度、燃えるような恋をしてみたいと考える。それはあたかも黄昏の空に飛び込んでくる流星のように、最後の輝きとなるかもしれない。この熱い気持ちを胸に秘めつつ、落ち着かない日々を送る大人達を我々は……黄昏流星群と呼ぶ”これが黄昏流星群のテーマである。これがドラマになる期待をして1話の放送をみましたが…

人生の折り返し点に立った男女が織りなす物語が始まる――佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』第1話

日刊サイゾー2018.10.12 配信記事より引用

私が会社に入った頃、世の中はバブルの時期だった。社会全体が熱気に包まれたように浮かれていて、正直その流れにどこか乗り切れない気持ちもあった。

11日スタートしたドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系、初回平均視聴率7.3%/ビデオリサーチ調べ・関東地区)。主人公・瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、私と同世代。「人生の折り返し点」に立っている年代だ。

ドラマでは、今まで輝かしい未来に向かって進んできた登場人物たちが、体力や気力の衰えとともに、どこか「残りの人生をどう過ごすか」というような思いにかられるようになっていく。それは、私も実感として感じる。ただ、その衰えに身を任せるか、それともその中で何かを成し遂げようともがき続けるのか、そこは個人差があるように思う。

若葉銀行のエリート行員である完治は、新宿支店長として実績も出し、順風満帆な人生を歩んでいた。彼にとっては、このままエリートの道を歩み続け、本店の幹部になるというのが、残りの人生で達成すべき目標であった。秘書である篠田(本仮屋ユイカ)からも慕われ、懇意にしている専務・守口(春海四方)からも可愛がられて、本社への栄転も近いと思われていた。

佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』原作ファンとしては…

プライベートでは、妻の真璃子(中山美穂)、娘の美咲(石川恋)との3人暮らし。家族との関係も良好で、こちらも安泰といったところだ。

ちなみに、妻役の中山美穂がデビューしたのは、私が高校生の頃だった。ドラマ『毎度おさわがせします』(TBS系)で見せた、大人びた女の子役は、実に刺激的で、強烈な印象を残した。世の男性たちの憧れの的だったアイドル“ミポリン”が、年頃の娘を持つ母親を演じるようになるとは、なんとも感慨深いものがある。テレビの前で、同じような思いを抱いている男性方は多いのではないだろうか。

そんな彼女が演じる真璃子は、娘と仲良しで、恋人同然に過ごしていたが、ある日、美咲から結婚の話を聞き動揺する。彼女もまたここで、自分が人生の折り返し点に来たことを認識するのだ。今まで、娘を育て、娘と良好な関係を築くことが生きがいであったのが、彼女が自立するとなった時、残された人生の目標と向き合わざるを得なくなったのだろう。

佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』原作ファンとしては…

左遷宣告。こんなシーンはいらないと思うが3ケ月続けないといけないので仕方ないか?

その頃、完治は銀行で「セカンドキャリア研修」を受講する。これは、出世競争に破れ、他社に出向する人への心構えをさせる意味合いを持ち、「黄昏研修」とも呼ばれているものだ。そこで、完治は同期の横尾(増田英彦)と久しぶりに会う。他社への出向が決まっている横尾は、完治の励ましにも、「所詮他人事だろ」とつれない。

実は、私がどちらの気持ちがわかるかといえば、横尾の方だ。残念ながら私は、出世競争には乗り切れなかった。次々と管理職になっていく同期を見ながら、自分はサラリーマンに向いていないことを痛感したものだ。

研修を終えた完治は、本店の頭取に呼び出される。いよいよ本店幹部への昇進かと意気込んだ完治に告げられたのは、荻野倉庫という会社への出向の打診だった。突然ふりかかった事実上の左遷。実は、完治の後ろ盾であった守口がパワハラで訴えられていたのだ。

 

今まで積み上げてきたものが全て崩れ落ちたような気持ちになった完治は取り乱す。酒場で暴れ、傷ついた完治が思い立ったのは、スイスに行くことだった。翌日、彼はマッターホルンに向けて旅立つ。

しかし、スイスに着くも天候が悪く、お目当てのマッターホルンを見ることもできない。

「運命の冷酷さにふと逆らってみたくなった」

そんな思いから、彼は悪天候の中、ロープウェイに乗り込む。

発車のベルが鳴り終わる間際、一人の日本人女性が乗り込んでくる。それが運命の相手・目黒栞(黒木瞳)だった。

二人が乗ったゴンドラ、それこそが、人生の象徴のようだ。先が見えない、終点まで行っても美しい景色が見られとは限らない。それでもただ、そこに向かってみたい。それが年を重ねていく人の「運命に逆らう」という思いなのだろう。

佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』原作ファンとしては…

左遷されたんです。

結局、山の上は吹雪ですぐに引き返すことになる。しかし、そこで二人は意気投合し、ホテルで夕食を共にする。栞は完治に言う「荷物を下ろしにきたのか」。

仕事に追われ、気づけばいろんなものを背負っていた。出向の宣告をきっかけに、その荷物を下ろしたくなった。その気持を栞が感じ取ったのだろう。栞の言葉で心が軽くなった完治は、今の状況を正直に話す。家族にも言えないことを口にできたのだ。

その後、完治は栞を部屋に誘い、関係を迫るが、栞に拒まれてしまう。翌朝、栞は、完治に何も言わずホテルを出ていく。もう一度会いたいと願う完治であったが、それは叶わなかった。

家族に仕事だと嘘をついてスイスに行っていた完治は、銀行からの電話で妻と娘にそれがバレてしまう。浮気ではないかと疑う2人。家族の間にも隙間ができつつあった。

佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』原作ファンとしては…

ドラマで描かれるストーリーの原作はこんなビジュアルです。弘兼憲史先生のビジュアルは無性にオヤジ心をくすぐる。ドラマでは余計なことは…

日本に戻った完治は、出向先である荻野倉庫を見に行く。そこの社員食堂で働いていたのは、スイスで会った栞であった。再会した二人は、改めてお互い名乗り合う。新しい物語が始まるのだ。

人生の折り返し点、そこから見える景色は、決して明るいものではない。老いていく体、薄れていく情熱、その果てには茫漠とした死が横たわっている。でも、だからこそその中に、輝く流星のような美しさを探してみたくなるのだ。

結局私は会社を辞め、フリーでライターなどの仕事をするようになった。一流銀行のエリートであった完治とは比ぶべくもないが、同じ時代を生き、同じように人生の後半を見つめている身としては、どこか共感する部分があったりするのである。

過ぎていく年齢に抗うつもりはない。ただ、人生の最後の時期、空に輝く流星のように、光ることはできないだろうか。そんな思いが心によぎる。

完治、真璃子、そして栞。主人公は出揃った。三人の迎えた人生の先に、新しい物語は、どのように広がっていくのだろうか。

(文=プレヤード


キャスティングの事はあまり言いたくありませんが…黄昏流星群第1巻”不惑の星”だけで1クールドラマにしなくてはいけないので、正直、お笑いで言う”フリ”が長すぎるしオリジナルの脚本にするのはイイけど深堀するところちゃあないでしょって感じですね。ドラマ昨比費の問題もあるかも知れないですけど2時間ドラマか映画で原作に沿った映像を見たいです。あくまでも個人的な意見ですが

gifbanner?sid=3384433&pid=885425919 - 佐々木蔵之介主演『黄昏流星群』原作ファンとしては…黄昏流星群~”人生を折返し恋をした”を見逃した方はこちら

関連記事:大人にしかできないこと もうすぐなくなるという恋愛について

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー