Reading Time: 2 minutes

トヨタ、ソフトバンクと連携。Softbankの会長兼社長の孫さんが”マジか”といったらしいが、トヨタと言うとau=KDDIのauショップとして機能もしているはず。トヨタとKDDIの歴史は長い。auと名のる前、日本移動通信(IDO)だった頃、docomoと比べると携帯の電波が届かないと言われていた頃、高速道路(東名とか名神とか)の近辺は電波がよく届く、理由はトヨタ自動車の各ディーラーに情報を配信するケーブル=アンテナでIDOの携帯も繋がるという話し。これはお節介オヤジがディーラーに勤めていたころ聞いた話し。どこまで本当に話しかは分かりませんが、事業は違えど大手3キャリアのひとつSoftbankと提携。KDDIさんは寝耳に水?まぁ事前連絡はあったのでしょうね?

トヨタ、ソフトバンクと連携してコネクティッドカーを加速 —— 孫氏「豊田社長の来訪にマジか!」

トヨタ自動車はソフトバンクグループと連携して、IoT(モノのインターネット)の一形態であるコネクティッドカーの領域での事業拡大を加速させる。新たなモビリティ社会を創るため、国内で時価総額1位と2位の企業が手を組む。

トヨタ、ソフトバンクと連携 KDDIは寝耳に水か?

2018年10月4日、ソフトバンクとトヨタ自動車はモビリティサービス分野における戦略的提携に合意。新会社「MONET Technologies」を設立する。 撮影:伊藤有

トヨタとソフトバンクは2018年10月4日、新たなモビリティサービスを構築するための戦略的提携に合意し、新会社「MONET Technologies(モネテクノロジーズ)を設立すると発表した。MONETは、トヨタが開発したコネクティッドカーの情報基盤と、ソフトバンクのIoTプラットフォームを連携させて、車や人の移動に関するデータを活用したモビリティサービス(MaaS=Mobility as a Service)を開発していく。

同社は、利用者の需要に合わせた配車を可能にする「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」などを、全国の自治体や企業向けに展開する計画だ。2020年代半ばまでには、移動、物流、物販などに活用できるトヨタのモビリティサービス専用の次世代電気自動車「e-Palette(イーパレット)」による事業を開始する。

4日の共同記者会見に出席した孫正義・ソフトバンク会長兼社長は、「若手がこの話(トヨタとの提携)を持ってきた時、驚いた。(豊田章男・トヨタ社長が)東京に来られるから、こちらに来ると聞いて、マジかという感じだった。しかし、流れは自然とその方向にあったのかな。提携して、一緒に(トヨタと)未来をつくることにワクワクする」と述べた。

豊田氏は、「両社の提携は未来のモビリティ社会を現実のものにするための提携だ。(二社が)同じビジョンで動いたらどうなるか。ワクワク感がある」と孫氏に賛同した。「ソフトバンクの強みは先見性。私の強みは現場の力で、改善を加えて進化させていくこと」と加えた。

自動運転やカーシェアの普及拡大が予想される中、トヨタは車を作る会社から人の移動にフォーカスした「モビリティ・カンパニー」になると宣言している。それを実現させるため、トヨタは2017年に東南アジア8カ国で配車サービス(ライドシェア)を展開するグラブ(Grab Holdings Inc)と提携を始めると、2018年6月にはグラブに対して10億ドルを出資。その2カ月後には米ウーバーに5億ドルを投入した。

トヨタ、ソフトバンクと連携 KDDIは寝耳に水か?

2018年1月、ラスベガスで開催されたCESで、自動運転機能を搭載した商用電気自動車「イーパレット」を発表した豊田社長。 EUTERS/Rick Wilking

トヨタとグラブは、グラブが保有するドライバー向けレンタカー100台にトヨタが開発した通信端末を搭載するプロジェクトを進めている。トヨタが構築したコネクティッドカーの情報インフラに収集された走行データを使い、グラブ向けのコネクティッドサービスの開発を急ぐと同時に、二社は東南アジア全域で、このサービスを普及フェーズに移行させ、効率的なライドシェアビジネスの実現を狙う。

トヨタは1月、米ラスベガスで開かれたイベント「CES」で、イーパレットを出展し、豊田社長自らがそのコンセプトを披露した。電動化、コネクティッド、そして自動運転機能を活用したMaaS(Mobility as a Service)専用の電動車両は今後、ライドシェアや宅配などの用途で活用されることが期待されている。

トヨタ、ソフトバンクと連携 KDDIは寝耳に水か?

2017年2月、東京で開かれた記者会見に出席した孫氏。 REUTERS/Toru Hanai

一方、孫正義氏が率いるソフトバンクグループは、ファンドなどを通じてすでにウーバー、グラブ、中国の滴滴出行、インドのオラの筆頭株主だ。孫氏は以前、自動車自体は一つの部品に過ぎず、配車サービスというプラットフォームはより大きな価値を持つとする考えを示している。

4日の共同発表文によると、MONETが開発するモビリティサービスは、移動中に料理を作って宅配するサービスや移動中に診察を行う病院送迎サービス、移動型オフィスとしても活用できるという。トヨタとソフトバンクはMONETを通じて今後、グローバル市場での展開を視野に入れていく。

新会社MONETは、ソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%の株式を保有。事業開始は2018年度中を見込んでいる。豊田氏と孫氏は会見で、今後は合弁会社MONETの設立にとどまらず、二社の提携をより深化させていきたいと加えた。

(文・佐藤茂、伊藤有)

佐藤 茂 and 伊藤 有 [Business Insider Japan]配信記事より引用


トヨタ自動車がソフトバンクを選んだ「必然」

両首脳が語った未来のモビリティとは?

トヨタ、ソフトバンクと連携 KDDIは寝耳に水か?

トヨタ自動車とソフトバンクは10月4日、移動サービス事業での提携を発表した。笑顔で握手を交わすトヨタの豊田章男社長とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(撮影:風間仁一郎)

「え?! まじか?!」

トヨタ自動車との合弁会社設立の話が進展していると聞いて、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は思わずこう言ったという。しかも豊田章男社長のほうから孫社長のところにわざわざ出向いてくるという。「なおさら、え!? まじか!?と思った。と同時にいよいよだという思いもあった」(孫社長)。トヨタからソフトバンクに打診があったのは半年前。その後、若手を中心としたチームで合弁設立の可能性を模索してきた。

合弁会社の社名は「MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)」。出資比率はソフトバンクグループの通信子会社ソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%。モネの代表取締役社長兼CEOにはソフトバンクの宮川潤一副社長兼CTOが、代表取締役兼COOには柴尾嘉秀・トヨタ自動車コネクティッドカンパニーMaaS事業部主査が就任する。資本金は当初20億円だが100億円まで増資する予定だという(資本準備金を含む)。

交通事故を起こさない自動運転の実現

新会社は2020年代半ばをメドに、交通事故を起こさない自動運転の実現を目指す。2020年まではスマートフォンで乗り合い車両を呼ぶなどの「オンデマンド・モビリティ・サービス」を展開する予定だ。「日本連合で世界に打って出ようと握手した」。ソフトバンクの宮川副社長はそう言い放った。

トヨタの豊田社長は「なぜトヨタがソフトバンクと組むのか、と皆さんお思いでしょう」と切り出し、「実は20年前、(中古車検索システム〈当時〉の)GAZOOを始めた頃に、孫さんからアメリカのネットディーラーのシステムを導入しないかという提案があった」と打ち明けた。

そして「当時課長だった私は孫さんのところに出向き、お断りした。血気盛んな課長時代のことで失礼があったと存じている。若気の至りだが、寛大な対応をしていただいた。感謝申し上げたい」と、20年前に水面下の交渉があったことを披露。「ソフトバンクとトヨタの相性が悪いという噂がちまたであるようだが、そんなことはない」と付け加えた。

豊田社長は「今は100年に1度の大変革期」とし、トヨタは自動織機で創業し自動車に展開したこと、そして今、自動車メーカーからモビリティカンパニーに変わろうとしていることを強調。

やがて来る自動運転の時代を見据えて、ビッグデータを取ろうと海外でライドシェア(自動車の相乗り)サービスを手掛ける企業に出資を始めると「ドアの向こうには常に孫さんがいた」(豊田社長)。出資先にはすでにソフトバンクやソフトバンクが出資する巨額ベンチャーファンド「ソフトバンクビジョンファンド」が主要株主として存在していたと明かした。

トヨタ、ソフトバンクと連携 KDDIは寝耳に水か?

日本企業の株式時価総額トップであるトヨタと2位のソフトバンクとの電撃提携にメディアの注目が集まった(撮影:風間仁一郎)

ライドシェアの世界シェアは9割

「ソフトバンクが出資するウーバー、グラブ、ディディなどを合計すると、ライドシェアの世界シェアは9割」(孫社長)。自動運転で世界覇権を争うためには、すでに海外ライドシェア大手に出資しているソフトバンクと組むしかなかったというのが真相だ。

「今回はあくまで第1段。第2弾、第3弾のより広い、深い提携があるのを願っている。それを思うとわくわくする」とする孫社長に対し、豊田社長は「そういう風に持って行きたい」と気前よく応じた。

会見では両首脳の距離が一気に縮まったことを印象づけた。「豊田社長のプレゼンに感動した。情念に訴えて、心から言っているから惹きつけられる」と孫社長が言うと、「心からしか言えませんから」と豊田社長が応える。逆に豊田社長は孫社長のことを「成長する企業を見付ける目利き、においをかぎ分けられるんですよね」と持ち上げると、「有望な起業家とトヨタを結びつけていきたい」と笑顔で語っていた。

一方で、合弁会社が具体的に何を始めるのかには不明な点が多く、”日本連合”を結成しなければならない理由も明らかにされなかった。「頑張れ2人、2社と言ってくれたら嬉しい」。豊田社長はそう言って会見を締めくくった。

東洋経済オンライン配信記事より引用


トヨタ自動車社長の豊田章男さんというとトヨタディラーにGAZOO端末を置いて音楽配信や写真プリントなどを手掛けていてその端末をカスタマイズしてコンビニ5社(ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、スリーエフ)に導入してコンテンツを共有してディラーとコンビニとのコラボを描いていた方ですよね。結果はファミリーマートさんはファミポートとして設置はされていますが…※サークルKサンクスはファミリーマートに、ミニストップはロッピー、スリーエフは単独店舗消滅でロッピー

トヨタ自動車とソフトバンクの提携は日本の文化に新たな一歩を踏み出すかも知れませんね。

関連記事:86(ハチロク)が独立してしまったからか新登場!カローラスポーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー