Reading Time: 2 minutes

J2からJ1に昇格する際には、所謂”J1ライセンス問題”。J2からJ1に昇格したチームのスタジアムに行ったことがありますが、徳島ヴォルティスがJ1に昇格した際に徳島へ行きましたがJ1の試合が行われた時はスタジアムの改修中でした。松本山雅FCのホームスタジアムもお世辞にも立派なスタジアムではなかったと記憶しています。松本からのアクセスも決して良いとは思えませんでした。町田ゼルビアはどうなるのでしょうか?

町田ゼルビア、小規模すぎてJ1昇格できず……Jリーグの“お役所感”にモノ申す!

machida%20zeruvia thumb 500x333 125023 - 町田ゼルビア、小規模すぎてJ1昇格できず  この問題はどうなる?

わかっていたこととはいえ、選手たちからすると、やるせない気持ちでいっぱいだろう。

現在、J2リーグでJ1自動昇格圏内である2位につけるFC町田ゼルビアが、たとえこのまま2位でシーズンを終えても、J1リーグには昇格できないことが発表された。理由は、町田のトレーニング施設がJ1基準でないことと、ホームスタジアムである町田市立陸上競技場の収容人数がJ1基準の1万5,000人に及ばない1万328人であるため。いわゆるJ1ライセンスを取得できなかったからだ。

このクラブライセンスは、独立した第三者機関「クラブライセンス交付第一審機関」がアジアサッカー連盟(AFC)のライセンスに準拠しながら交付判定を行っている。だが、この基準に、サッカー関係者たちは疑問を呈する。

「これはJリーグクラブがAFC管轄のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するためのライセンスでもあります。ですが、町田を昇格させたとして、ACL圏内の3位に入るとは思いません。さらに町田の目標は、ACL出場ではなく、J1昇格です。ここまで厳しく線を引く必要があるのでしょうか?」

町田の営業収入は約7億円。現在、J2首位を走る松本山雅FCは約20億円であり、その半分にも満たない。さらにいえば、3位の大分トリニータの約10億円、4位の横浜FCの12億円にも及ばず、5位の大宮アルディージャに至っては36億円を誇り、町田はJ2最小規模の年間予算でシーズンを戦っている。

そんなスモールクラブが今後、トレーニング施設の整備はもちろん、町田市を動かしてスタジアム改修にこぎ着けることができるのだろうか?

「8月末、町田市はスタジアムの改修計画を発表しましたが、それによると使用開始予定は2021年2月以降。さらに、町田駅からバスで約25分、そこから15分歩かなければならず、アクセスが悪すぎる。そんな場所を改修したとしても、サンフレッチェ広島のホームスタジアムであるエディオンスタジアムと同じく、僻地のため観客が増えないという負のスパイラルに陥ってしまいます。それよりも、まずは町田をJ1に上げて、町田市に盛り上がりを見せ、2008年に町田市が一度は掲げた町田駅近スタジアム構想を動かすべきです。そのほうが、よっぽどサッカー界の将来のためになる」(同)

町田駅近スタジアム構想は、町田駅から徒歩圏内にコンベンション・センター等を兼ねたスタジアムを建設し、周辺にショッピングセンターやレストランなどを整備するといった、サッカー界からすると理想のスタジアム計画である。

そんな中、IT大手「サイバーエージェント」が町田の経営権取得に動いていることが一部で報じられた。これが実現すれば、同社の豊富な資金力がJ1昇格への大きな原動力になることは間違いない。

今シーズンは残りわずかだが、選手には最後まで頑張ってほしいものだ。

日刊サイゾー2018.09.28 金配信記事より引用(文=TV Journal編集部)


たとえ優勝しても昇格できない。J2町田の現状を欧州と比べてみた

1460289265 - 町田ゼルビア、小規模すぎてJ1昇格できず  この問題はどうなる?

「Realmente Emocionante」(本当にエモーショナルだった)

ジェフユナイテッド千葉の指揮官であるフアン・エスナイデル監督は試合後の監督会見でご機嫌に語っている。残り15分、0-3からPK3本で3-3に追いついたのだから、その展開に興奮するのはわからないではない。

しかし、やり込められた町田ゼルビアのほうはたまったものではない。3点をリードしていた町田が3失点を喫して引き分けたのはなぜだろうか?

その答えは、現状の一端を示していた。

今シーズン、J2で首位争いをしている町田だが、現時点でJ1ライセンスを持っていない(ホームゲームを開催する町田市立陸上競技場は1万600人収容で、1万5000人以上収容するスタジアムなどの条件を満たしていない)。言い換えれば、たとえ優勝してもJ1へは昇格できない、という状況にある。

「2020年のJ1ライセンス取得を現場から後押しする」

「2020年のJ1ライセンス取得を現場から後押しする」

それがチームの基本方針となっている。つまり今シーズン、選手たちは”健闘精神”だけでピッチに立っているのだ。それを念頭に置くと、町田の戦いは賞賛に値する。第27節終了時点で2位。瞠目すべきはその順位だけではない。「攻撃も守備も、形が見える。練度が高く、戦い方がデザインされている」その戦いは、対戦相手からも塩を送られるほどだ。

前からプレスをはめ込み、出どころを塞ぐ。そこからのショートカウンターとセットプレーを武器に、戦局を有利に展開。MF森村昂太の左足はアクセントになっており、MF平戸太貴はエリア内での技術に恵まれている。サイドでタッチラインまで幅を取り、内側をコンビネーションで崩してチャンスメイクする形は、チームトレーニングの賜だろう。

この日の千葉戦も、サイドで鮮やかに起点を作っていた。前半終了間際、2トップの一角の中島裕希が右サイドへ流れる。右サイドバックの大谷尚樹との連係でテンポを作り、その内側をゴールラインまで森本が走り込み、ヒールで落とす。走り込んだ大谷がそれを拾ってエリア内に侵入。つっかけたボールを、エリア内で受けた平戸が冷静にシュートを突き刺した。

サイドを崩すコンビネーションは、J1でも通用するレベルにある。

それにしても、レギュレーションは尊重されるべきだが、同じ国内の大会で、収容人数や練習場の問題によって選手が不利益を被るべきなのか?

たとえば、世界最高峰リーガ・エスパニョーラでは、スタジアムや練習場についての条件はないに等しい。絶対的な実力主義。今シーズン、クラブ史上初の1部昇格を決めたウエスカのスタジアム収容人数は、わずか5000人である。

天然芝のグラウンドもJリーグでは必須条件になるが、昨季まで乾貴士(ベティス)が所属していたエイバルには人工芝の練習場しかない。隣町にある天然芝のグラウンドまで、1時間近くかけてバス移動している。ちなみに本拠地のイプルアスタジアムは最近になって増築で7000席になったが、1部に昇格するまでは5000席だった。

クラブの経営状況の確認は欠かせない。しかし、「箱」の大きさで条件を規定すべきなのか。それはJリーグ全体で再考する余地がある。

町田がJ1にふさわしいクラブかどうかは、やはりピッチでのプレーによって問われる。

町田がJ1にふさわしいクラブかどうかは、やはりピッチでのプレーによって問われる。

「3-0にするまでは、ひとつひとつのチャレンジ、球際の激しさで、相手を上回っていた」

町田の相馬直樹監督がそう語ったように、完璧に近いマネジメントだった。しかし、8分間の3本のPKは、「運が悪かったから」でもない。

後半に入って、町田は押し戻される時間が多くなっていた。千葉が左サイドに矢田旭を投入したことで、町田の右サイドは形勢が不利に転じ、ライン全体が下がってしまった。これでパスの出どころを塞げず、サイドへ活きたボールを蹴り込まれ、危険な状況は確実に増えていた。

1失点目のPKは、その直前にクロスの処理をセンターバックがミスし、やらずもがなのCKを与えた後だった。”事故”が発生しやすい状況が、ずっと続いていたのだ。

2点目のPKも、ボールの出どころを抑えられず、敵FWにラインを破られた形だった。さらに3点目のPKも、後手を踏み続け、慌てて外に釣り出されたセンターバックが腕を上げてハンドとなった。

不運な部分はあったが、不当とはいえない判定で、流れから言えば必然だった。

「(3本のPK献上が)ホームゲームで起きたのは残念だが、我々の甘さ。そういう流れにしてしまった」

相馬監督は自責の念に駆られるように語っている。

悪化した状況を回避できなかった。それは優勝を狙うなら、物足りない部分だろう。昇格がない条件で戦っている選手たちにその甘さを突きつけるのは、少々、酷かもしれない。しかし、逆にそのことを指摘しないのも、健闘する選手に失礼だろう。

戦況は矛盾を含む。その歪みが「エモーショナルなゲーム」を引き起こした、と言えないだろうか。

2021年、町田市立陸上競技場は改築し、J1昇格条件を満たすための増席をする予定と言われている。

SpotivaWeb配信記事より引用


【町田】サイバーエージェントによる買収、10・1正式発表の見通し…“かん口令”の厳戒態勢

http%3A%2F%2Fo.aolcdn - 町田ゼルビア、小規模すぎてJ1昇格できず  この問題はどうなる?

IT大手「サイバーエージェント」(東京・渋谷)がJ2町田の経営権を取得することが、10月1日にも正式発表される見通しとなった。同日に会見を行い、クラブ保有株の過半数を取得し、2019年度から本格的にチーム運営に携わることなどが発表される見込み。サイバー側からは藤田晋社長(45)が登壇する。

株式の売買に関するデリケートな案件のため、町田側には“かん口令”が敷かれた。「こちらからは何も話せません」とクラブ関係者。28日に東京・町田市内で行われた練習は、買収絡みの質問がNGとなり、広報立ち会いの元で囲み取材が行われる厳戒態勢に。相馬直樹監督(47)は「集中してトレーニングをしてくれた」と語り、讃岐戦(30日・ピカスタ)に神経を注ぐ構えを強調した。

現在J1昇格圏内の2位だが、スタジアムの収容人数や練習施設の項目でJ1基準を満たせず、今季はJ1昇格ができない。売り上げ3713億円(連結、17年9月期)、営業利益307億円のサイバーエージェント社のバックアップを受け、2020年シーズンからJ1でプレーすることを目指す。

スポーツ報知2018年9月29日5時0分配信記事より引用


日本プロサッカーリーグ FC町田ゼルビアのサイバーエージェントグループ参画に関するお知らせ

サイバーエージェント |

22360 ext 03 0 - 町田ゼルビア、小規模すぎてJ1昇格できず  この問題はどうなる?

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、Jリーグクラブ FC町田ゼルビアを運営する株式会社ゼルビアが第三者割当増資にて発行する株式の引受けについて決議したことをお知らせします。今後FC町田ゼルビアは、サイバーエージェントグループの一員としてグループシナジーを活かすことで、J1ライセンスの取得とJリーグのトップクラブへの成長を共に目指してまいります。

本件の背景について

FC町田ゼルビアは1977年の少年サッカーチーム結成からその歴史をスタートさせたクラブで、「町田に生まれ、町田で育ち、町田から世界へ」という理念のもと、全国大会での小学生の活躍を受けてジュニアユース(U15)、ユース(U18)を結成、そして1989年にトップチームが結成されたという、Jリーグクラブの中でも珍しい、大企業ではなく、地域・市民が作り上げたサッカークラブです。多くのJリーガーを輩出する全国屈指のサッカーの街である東京・町田市をホームタウンに、FC町田ゼルビアは地域に根付いたクラブ運営を行い、2018シーズンにおいてはJ2初優勝を目指し、現在首位争いを繰り広げています。

その一方で、当社は「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに、人材を会社の競争力ととらえ、人材の採用・育成・活性化に力を入れることで、インターネットの領域で常に新規事業を生みだし、先行投資を行いながら継続的に拡大する自前成長を特徴としております。このように、「人材育成」という点で、当社とFC町田ゼルビアは親和性が高く、共に理念に共感したことから、このたびFC町田ゼルビアのサイバーエージェントグループ参画について合意するに至りました。これによって、FC町田ゼルビアが創設時より培ってきたクラブ理念を尊重しながら、当社が運営する多数のインターネットサービスを通じて、FC町田ゼルビアのサポーターへの情報提供やサービスの充実、新たなサポーター層の獲得を図るとともに、早期のJ1ライセンス取得を目標に、必要となるインフラ整備へと着手することで、東京・町田発世界に通じるビッグクラブへの成長を両者の共通目標として目指してまいります。

今後の運営について

FC町田ゼルビアの運営会社である株式会社ゼルビアは引き続き、大友健寿社長が継続して社長を務め、今後も東京・町田におけるスポーツ文化の振興および地域経済の発展に貢献するとともに、東京・町田発のビッグクラブへの成長を目指してまいります。

 第三者割当増資の概要

(1) 発行新株式数               普通株式 22,960株
(2) 発行価格                      1株につき50,000円
(3) 発行価格の総額            11.48億円
(4) 募集または割当方法      第三者割当の方法
(5) 当社の引受株式数         22,960株
(6) 当社持分比率の変化      0%→80%
(7) 総数引受契約締結         2018年10月16日 (予定)
(8) 株式取得の払込期日      2018年10月17日 (予定)

■FC町田ゼルビアについて

22360 ext 24 3 - 町田ゼルビア、小規模すぎてJ1昇格できず  この問題はどうなる?
クラブ名                 FC町田ゼルビア
会社名                    株式会社ゼルビア
所在地                    東京都町田市大蔵町550
創立                       1989年
代表者                    代表取締役会長 下川浩之
ホームスタジアム      町田市立陸上競技場
クラブ理念               ①町田市民が誇れるクラブであること
②地域の発展に貢献できるクラブであること
③次代を担う子どもたちの健全な育成と夢の創造に貢献するクラブであること

町田がサイバーエージェントグループに参画!「東京・町田発、世界に通ずるビッグクラブを目指す」

株式会社サイバーエージェントとFC町田ゼルビアは1日、都内で共同記者発表会見を実施。株式会社サイバーエージェントの藤田晋社長、FC町田ゼルビアの下川浩之会長、大友健寿社長が出席し、町田がサイバーエージェントグループに参画することを発表した。

町田は明治安田生命J2リーグで3位につけているが、27日に発表されたJリーグクラブライセンス判定にて、スタジアムや練習場がJ1基準に満たなかったため「J1ライセンス」が付与されず。今季を2位以上で終えたとしても昇格はできず、来季をJ1で戦うことができない。

サイバーエージェントは株式の8割を取得し、2019年から天然芝の練習場の整備、クラブハウスの建設に着手するという。また本拠地の町田市立陸上競技場を改修し、J1基準のスタジアムにする構想も明かした。ピッチ外の部分では『AbemaTV』などインターネットメディアを活用したコンテンツを作成し、ファン・サポーターの拡大を狙う。藤田社長は「今後はJ1ライセンスの取得。そして東京・町田発、世界に通ずるビッグクラブを目指す」と会見で宣言した。

藤田社長は子会社のCygamesがサガン鳥栖のスポンサー契約を今季限りで終了するという一部報道についても会見で言及。「町田の参画を受けての鳥栖からの撤退というのは間違ったニュース。今回の意思決定には全く関わっていない」と報道の内容を否定した。

SOCCER KING配信記事より引用


J1・J2の入れ替え

J1リーグにおける年間順位17位、18位のクラブがJ2リーグに自動降格。
J2リーグにおける年間順位1位、2位のクラブがJ1リーグに自動昇格。
J1リーグ16位のクラブとJ2リーグ3位~6位のうち、J1ライセンスが付与されているクラブは、J1参入プレーオフに出場。優勝クラブ(1クラブ)がJ1に残留または昇格。
ただし、J2リーグにおける3位~6位のクラブのうち、J1ライセンスが付与されているクラブがない場合は、J1参入プレーオフは開催されず、J1リーグにおける16位のクラブの降格は無くなり、J2リーグ1位、2位の2クラブのみがJ1リーグに昇格。
J2リーグ年間順位1位、2位の2クラブにJ1ライセンスが付与されていない場合、3位以下の繰り上げはない。


10月3日現在、FC町田ゼルビアはJ2で3位につけている。現状ではJ1に昇格できないし、プレーオフにすら参加することすらできない。確かにホームスタジアムへのアクセスは非常に悪いのは事実です。サイバーエージェントの資本算入により町田ゼルビアの経営状態は大きく変わると思いますが残念ながらJ1に昇格はできないのでしょうね。町田と調布は市は違うけど味スタをホームって事で昇格させてあげればイイのでは?と思ってしまいます。

関連記事:スカパー!サッカーセットが最大3ヶ月無料!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー