Reading Time: 2 minutes

女優ムダ遣いの「夏ドラマ」 石原さとみ、綾瀬はるか、吉岡里帆……【全文公開】

絶対35度の記録的猛暑。もう家でドラマでも見るしかないとチャンネルを回すと……仲間由紀恵化する綾瀬はるか、期待外れを裏切らない野島伸司脚本、そして困った時のサヴァン症候群。嗚呼、この世界の片隅で、せめて文化的で最低限度を超えるドラマを観たい!

◆ ◆ ◆

暑い。もう何も考えられないほど暑い。この状況に付け込んだようなつくりの夏ドラマが次々と始まっている。ラインナップを見て行こう。

まずは月9「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(フジテレビ系・月曜21時)」。シーズン1、2と、上戸彩が主演を務めた人気作だが、7年ぶり復活のシーズン3の主役は沢村一樹。上戸が主演しなかった経緯は既にいろいろ報道されているが、「鍵を握る失踪中の人物」という思わせぶりな扱いで、毎回ちょこちょこ義務出演。裏に危険な匂いを秘めながら、飄々としている主人公を演じる沢村は、こういう役やらせたら右に出る者なしのイキイキした好演っぷりではあるのだが。前シリーズと誰一人カブっていない出演陣、設定も、シーズン1の「未解決事件」、2の「潜入捜査」から、「コンピュータシステムが割り出した未来の犯罪を捜査する」という現実味ゼロの話に変わり、もはや「絶対別物」の佇まい。しかし、シリーズ成功のキモであった、「テレ朝刑事モノ風」なつくりだけは、しっかり踏襲されている。7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

登場人物たちのキャラクター配置のベクトル。事件に集中しやすい無名俳優多めの配役。多少のご都合主義はあるものの、視聴者を飽きさせず、サクサク進む進行。感情移入しやすい動機に、必ず盛り込まれる意外な秘密とドンデン返し。テレ朝が長年かけて築き上げた、秘伝の刑事モノの成功レシピの旨味をまるごといただきます。シリーズ1、2、3通して貫かれていたのは、このごっつぁん体質だけなのであった。

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001172000&mc=1 - 7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

0 - 7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

どんなに内容別物でも、「これは『絶対零度』シリーズです」と言い張ることで得られる宣伝効果を含め、なりふり構ってられないフジテレビ月9の今シーズンのスローガンは「人の褌を借りて相撲を取る」。もちろん使用料は未払いだ。

7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

だがテレビ朝日の方もまた、人の褌で勝負していたのだった。「ハゲタカ(テレビ朝日系・木曜21時)」。バブル崩壊後の90年代を舞台に、次々と有名企業や大銀行を買収していく外資系ファンド代表の姿を描く。

「バブル崩壊後、三葉銀行にとって、不良債権回収は最大の課題であった」といったナレーションとともに繰り広げられる、銀行vs.ファンドのせめぎ合い。回収困難な債権を叩き売るバルクセールなるものの描かれ方。ピンチにチャンスに、刻々と変わる情勢。中堅俳優たちによる丁々発止の腹の探り合い。クライマックスに流れる「ドドーン」という効果音。こ、これは……懐かしのTBS日曜劇場「半沢直樹」そのまんま。

しかし、主人公のカリスマファンド代表を演じる綾野剛に、今一つ感情移入できないまま話がズンズン進んでいくので、「半沢直樹」の時に感じたあのドキドキハラハラ感はなし。代わりにほんのり漂うのは、隠し果せぬ自局の2時間ドラマ臭。いや、この臭いは、主演の綾野から来てるのか。今まで全く気付かなかったが、綾野剛って、眉の上げ下げ、細い目の奥の光らせ方、口元の歪め方などの表情の作り方、スゴんだ時の声色、独特のトレンチコートの着こなし方まで、何もかもが船越英一郎そっくりなんである。本人全く寄せるつもりはないだろうが、七三分けで露になった、額の広さまで見事に合致。タイトルが「禿げたか?」に変換されてしまうベタに脳が抗えないこの辛さ。

オンエア終了直後に始まる「報道ステーション」冒頭で、MCの富川悠太アナと小川彩佳アナが「面白そうですね」などと感想を言い合うこれはNHK「あさイチ」における「朝ドラ受け」の後追いだしな。褌の借り入れ先はせめて1か所に抑えてくれ。マナーだ。

本家よりも正統派なのに

7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

「この世界の片隅に(TBS系・日曜21時)」も、放送開始と同時に、つくりや俳優陣の揃え方が完全に朝ドラとの声が。「ヒロインはオーディションで3000人の中から選ばれました」の鼻白む感じまでそっくり。全編方言でやり取りされるセリフ、食卓などの生活の情景、「顔も知らずに嫁に行く」の描かれ方など、本家よりもある意味正統派なフォーマット。「朝ドラですが、それが何か?」という開き直りすら感じられる。榮倉奈々が出てくる「現代」のシーンは蛇足だが、主人公すず役の松本穂香のポワンとした雰囲気は、アニメ版ですずの声を演じたのんに負けず劣らず。「のん原理主義者」以外の主要朝ドラ視聴者層は、十分満足できる仕上がりに。

細工は流々。なのに思った程伸びない数字を見ると、朝ドラのあの驚異的高視聴率というのは、「内容」ではなく、「習慣」がもたらすものであったという事実が浮き彫りに。「毎朝、15分ずつ」が成功のキモとは。森光子のスクワットか。

ではモノマネなしのオリジナル脚本なら楽しめるのかというと、そういうことでもなく。「高嶺の花(日本テレビ系・水曜22時)」。華道の家元の令嬢と、さびれた自転車店を営む青年との、身分違いの恋を描く。

婚約者に捨てられ、プライドをへし折られたお嬢様が、ひょんなことから心優しき青年に出会い、段々とお互いの心の隙間が埋まって……というラブコメディを想像していたのだが。あまりに想像と乖離したキャラ設定と筋運びには戸惑うばかり。名門華道の家に生まれた石原さとみは、常に情緒不安定で、スナックに入りびたっての男あしらいが深窓の令嬢に全く見えないし。じゃ厳しい親に反発しているのかというとそうではなく、有能な跡継ぎ候補だそうで。しかし肝心の生け花シーンは「月島ももにございます!」と大声で名乗りをあげ、一節歌いながら花を生けたら満場の客席から拍手喝采という、ハズキルーペのCMみたいな描写だし。7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

厳格な家元の父親は「リハビリとして適当な男と付き合ってすぐ捨てろ」と命令、義母と妹は、マッドマックス風キテレツ生け花ショーがウリの新進家元の青年に、乗っ取り狙いで籠絡されてるし。肝心の恋の相手の銀杏BOYZ・峯田和伸は、ひきこもり少年の自転車旅に興味津々で、ヒロイン・石原さとみにちっとも興味なさそう。とにかくありえないキャラとエピソードのオンパレードで全く食指が動かない。別にステレオタイプの話にする必要はないのだが。恋の始まり感ゼロのまま、「私は高嶺の花よ。それが出血大サービスで付き合ってやるって言ってんの」「考えさせてください」「何よ、キーッ!」というやりとり見せられても。続きに興味がいっこも湧かない。悪い意味で視聴者を裏切るということにかけては、さすが脚本家・野島伸司の面目躍如と言うべきか。信頼と実績のレベルが他とは違うぜ。

内容のワケわからなさではこちらも負けてない。「義母と娘のブルース(TBS系・火曜22時)」。子持ち男性と結婚することになったキャリアウーマンが、自分に拒否反応を示す連れ子に気に入られようと、仕事で培ったスキルを活かし、あの手この手で対峙する様を描くハートフルコメディ。らしいのだが。綾瀬はるか演じる主人公の「キャリアウーマン」がまず。大会社の優秀な部長という触れ込みなのだが。いつもスーツにひっつめ髪、ハイヒールをコツコツいわせ、子供相手に常に敬語で無表情。「みゆきちゃんの求める母親像と私の提案する母親像にギャップがあります。これはクライアントのニーズをキャッチできていないということです」って、キャリアウーマンというより、ほとんどロボット。連れ子との距離を縮めるため「つり橋効果です」とアスレチックにおびき出したり、「十中八九この交渉は成功します」と子供の背中を押したら即イジメがなくなったり。仕事の面で武器にしているのも、土下座にイッキコールに腹踊り。腹踊りて。真面目に「義母と娘」の機微を描く気ゼロだな。7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

 

このところ、被り物っぽい役柄ばかりが続く綾瀬はるか。キレイな女優さんなのに、素だとちょっと咀嚼しにくいこの感じ、仲間由紀恵に通じるものがある。このまま第2の仲間由紀恵になってしまうのか。それとも戻って来られるのか。てことは仲間由紀恵は失敗なのか。いろんな断を下さなければならない、正念場の夏が来ている。

アディーレのCMみたいな話

7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

生活保護受給者の支援を担当する新米ケースワーカー・吉岡里帆の奮闘を描く「健康で文化的な最低限度の生活(フジテレビ系・火曜21時)」。確かにこのテーマはタイムリーだ。最近急増だというネットで得た収入を隠す不正受給者や、生活保護目当てに来日する外国人、生活保護ビジネスによる悪徳ピンハネもまだ横行しているし。逆に受けるべき人が受給できないケースも後を絶たない。ドラマとしてネタは尽きないよなぁ、と思って見てみたら。「安心してください。債務整理をすれば借金の過払い金は返ってきます」なんつう、アディーレ法律事務所のCMみたいな話やってた。さては生活保護受給者からクレームが絶対来ない範疇で毎話作ろうとしてやがんな。安全で消極的な最低限度の作品。そんなモン放送してどうする。

 

自閉症でサヴァン症候群の研修医・山﨑賢人の成長を通して、小児科医療の現場を描く「グッド・ドクター(フジテレビ系・木曜22時)」。医師として類まれな才と知識を持ちながら、コミュニケーション能力に障害があるため、病院内で孤立してしまう山﨑。「自閉症なんてめんどくせーな」「お前はあっちいってろ!」「あんな変な先生に子供預けられませんッ」。白い目で見られても「ぼくは、くるしんでるこをたすけたいです」と子供たちのために走り回る山﨑。いいお医者さん。でグッド・ドクター。清々しいまでにひねりのないタイトルと、「障害がある人=ピュアな頑張り屋さん」というふた昔も前の価値観。そこに病気の子供たちの健気が合わさって、無垢と感動のマリアージュ。げふっ。あまりに健常者にとって都合のいいサヴァン症候群の描き方も、患者家族からクレーム来そうだが。いい方に描いてるからたぶん大丈夫。文句言うのも面倒になる今年の暑さに助けられたな。猛暑ばんざい!


bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001172000&mc=1 - 7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

0 - 7月期ドラマの辛辣な感想 文春オンライン

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年8月2日号より引用

google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー