Reading Time: 1 minute

BPO(放送倫理・番組向上機構)の影響でしょうか?ドラマの中で煙草を吸っているシーンなどは喫煙を助長するとか、犯罪者が車で逃走するシーンではシートベルトをするなど、どう見てもおかしいですよね。さらに性的描写はまず放送されないですよね。昭和の時代では時代劇はもちろんの事ドラマでも普通に放送されていました。隠そうとするから映画や動画配信ドラマが過激すぎると思いませんか?

柳ゆり菜が“初脱ぎ映画”で見せた衝撃濡れ場が艶すぎる!「キレイな桜色!!」

日刊サイゾー2018.08.06 月配信記事より引用

以前よりも青年誌のグラビアで見なくなったと思ったら、まさかのフルヌード。ピンクの頂を晒しただけでも驚きだが、なんと口淫や馬乗り合体、凌辱シーンと、渾身艶技を披露しているという。9月22日公開予定の映画『純平、考え直せ』でヒロインを務める柳ゆり菜のことだ。

「柳が世間の脚光を浴びたのは、2014年のNHK朝ドラマッサン』でした。彼女は『赤玉ポートワイン』を模した『太陽ワイン』の半裸ポスターに登場。この衝撃的な朝ドラヌードに視聴者から『あの子は誰?』と問い合わせが殺到し、話題を呼びました」(芸能記者)

nude poster - BPOの影響?映画や動画配信ドラマが過激するぎる?

以後は、B84・W60・H86のプロポーションとEカップの豊乳を武器に各誌グラビアを席巻。そこからドラマ、CMなど着実にステップアップしていたが、ついに女優として生きる決意を固めたということだろうか。映画ライターが語る。

「劇中、ヤクザの舎弟を演じる野村周平が敵対組織幹部の命を狙う“鉄砲玉”を命じられ、3日後の決行前に偶然出会った柳と一夜を共にします。安ホテルで柳は大股開きで男のピストンを受け止める。彼女に覆いかぶさっていた男がベッドの上に倒れ込むと、彼女の乳房があらわになり、桜色の突起がクッキリと映し出されます。また、物語の中盤で柳が見せる“奉仕プレイ”もスゴい。ディープキスの後、彼女が男の膝下にしゃがみ込み、口で責め立てる。攻守交代を繰り返しながら、最後は彼女が馬乗りになって激しく腰を振り、欲望を爆発させるのです。極めつきは、同僚の男に襲われるシーン。バックで凌辱されながら髪を40センチもバッサリ斬り捨てられる。しかも、それが地毛だったというのですから彼女の女優魂を見ました」(映画ライター)

“もうアイドルには戻らない”とばかりに、退路を断った柳の「覚悟」を劇場で目に焼き付けてほしい。

junpei 0702 hotnight DSC3174 - BPOの影響?映画や動画配信ドラマが過激するぎる?

タイトルがアダに……実写版『夫のちんぽが入らない』エキストラが集まらず、著者&スタッフがSOS!

日刊サイゾー2018.06.15 金配信記事より引用

BbUDlwUkph8eZlI9T99TyFx6Ft5CEteqdEuF2Nue - BPOの影響?映画や動画配信ドラマが過激するぎる?

2017年1月に発売され、衝撃的なタイトルとその内容から、たちまち大ベストセラーになった私小説夫のちんぽが入らない』(こだま/扶桑社)。「いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている」という文章から始まる本作は、タイトル通り、夫のちんぽが入らないことに悩む女性教師「私」(こだま)が、どんどんと深みにはまりながらも自分なりの生き方を見つけ出そうともがく姿を、ドライかつユーモアあふれる筆致でつづった作品だ。

発売直後から多くのメディアに取り上げられ、急きょ版元の作成した「お客様がタイトルを声に出して言わなくても書店さんに注文できる申込書」が各書店の店頭に用意されるなど、異例の取り扱いとなった。

今年5月には、『R-中学生』(講談社)、『ウシハル』(小学館)などで知られるゴトウユキコ氏によって「ヤングマガジン」(講談社)で漫画化。さらに実写化も決まり、一体どんな作品になるのかファンの間で話題になっていた。

しかし、このインパクトのありすぎるタイトルが、思わぬ弊害を呼んでいるようだ。

「実写版も原題が使われるようですが、どうやら連日、エキストラ集めに苦戦しているようです。特に小学生、中学生、高校生が集まっていないようで、スタッフや著者のこだま氏がTwitterで『制服を着るので、20代後半30代でもOKです』『学生に戻れるチャンスです』と必死に呼びかけています。タイトルがタイトルだけに、子どもが出演することを敬遠する保護者は多いでしょう。中には『初見さんから見たら完全にAVの撮影だな』という声もあり、タイトルがアダになってしまった格好です。監督もキャストもまだ公表されていませんが、先に発表していれば状況は違ったかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

本作は帯を担当している松尾スズキ氏をはじめ、マンガ家のおかざき真里氏など、著名人のファンも多く、スタッフのSOSを聞きつけたお笑い芸人の紺野ぶるまもエキストラとして参加するという。ファンの期待値が高い作品だけに、エキストラが集まり、無事クランクアップすることを祈りたい。

●「夫のちんぽが入らない」エキストラ募集 Twitter @zisshaka

 

関連記事:地上波では放送できないでしょう!タイトルが衝撃すぎる!ネット配信ならイイの?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー