Reading Time: 1 minute

有村架純さんが主演で放送される予定のドラマ「中学聖日記」(TBS系)が放送中止の危機らしいのですが、その原因?が同局のバラエティー番組の「水曜日のダウンタウン」のネタが影響?って事らしいですがドラマ班とバラエティー班あんまり関係ないのでは?平成の世の中TBSさんとしては「コンプライアンス」って事を気にされているんでしょうが巻き込まれる女優さん、スポンサーはいい迷惑ですよね。TBSさんの昔のドラマは世間のタブーをネタにしたドラマを得意にしていたんですから…原作が良いと判断して企画したんでしょうから是非、放送して欲しいですね。

有村架純の新ドラマが放送中止の危機 バラエティー番組の問題とは関係ないのでは?

「水曜日のダウンタウン」も関係?有村架純の新ドラマが放送中止の危機

Asagei+

有村架純が、10月放送のテレビドラマ「中学聖日記」(TBS系)で主演を務めることが発表された。今回、有村は、中学生の教え子と恋に落ちる女教師役を演じるという。

「このドラマは、女性向け雑誌『フィール・ヤング』で連載中の漫画が原作で、中学3年の男子生徒と、25歳の女性教師との禁断の愛を描いた作品となっています。主演を務める有村は、昨年のNHK朝ドラ『ひよっこ』以来の連ドラ出演ということで、大きな注目を集めています」(テレビ誌記者)

しかし、大人と中学生の恋愛を描くというテーマに関して、ネットでは「気持ち悪い!さすがに中学生はありえないでしょ」「リアルだったら完全な犯罪」「こんなテーマのドラマを作るから実際の現場でも起こってしまう」と批判が殺到し、炎上状態となっている。そのため最悪の場合、放送中止の可能性が一部で囁かれているという。

「TBSは、先日、バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』の“芸人連れ去り企画”を巡り、警察から厳重注意を受けた問題で、社長が謝罪。会見でコンプライアンスを徹底していくと発表したばかりです。今回はドラマとはいえ、これだけ世間の反発を招いては、制作の中止が決定しても不思議ではありません。局は違いますが、7月にテレビ朝日で放送予定だったドラマ『幸色のワンルーム』のケースでは、中学2年生の少女が26歳の男と一緒に暮らすという内容に対し批判の声があがったために、放送中止になっています」(前出・テレビ誌記者)

このまま業界全体が、過激な企画を自粛する流れとなっていくのだろうか。

昔からTBSドラマは先生と生徒の恋愛を取り上げるドラマは得意だったのでは?

昭和の時代は”そんなのないよ”って感じだったかも知れませんが先生と生徒の”恋愛””結婚”などTBSドラマでは放送してきた歴史があります。古すぎて知らない人ばかりだとは思いますが、”奥様は18歳”とか平気で放送していた訳ですから平成の現代だって女性向け雑誌の原作をドラマにしたっていいんじゃないですかね?

おくさまは18歳

おくさまは18歳』(おくさまはじゅうはっさい)は本村三四子作の少女漫画。およびこれを原作としたテレビドラマと劇場用映画。

有村架純の新ドラマが放送中止の危機 バラエティー番組の問題とは関係ないのでは?

 

あらすじ

飛鳥は高校三年の18歳。病床にある祖母に花嫁姿を見せるために父親同士が決めた婚約者・高木哲也と田舎で結婚し、哲也の勤める北辰学園に転校することになる。だが学園長は、二人のことを認めながら、教育上また学園の精神に則り教師と生徒が結婚していることがわかってはいけないと秘密にすることを厳命、もしばれたら哲也は即刻解雇、飛鳥も同様に退学だと約束させられる。かくして独身とされた哲也が、司書の小山や、渋沢先生、女生徒たちにモテる姿をやきもきしながら見守ることになる飛鳥。その飛鳥も男子生徒たちの人気者になり男性教諭・海沼からも慕われる始末。自宅の隣のおばさんも哲也と飛鳥を兄妹と思い、哲也に縁談を持ち込むので二人は学校でも家庭でも常に波乱に巻き込まれるのだった。

高校教師


o0480033513821701194 - 有村架純の新ドラマが放送中止の危機 バラエティー番組の問題とは関係ないのでは?

0 - 有村架純の新ドラマが放送中止の危機 バラエティー番組の問題とは関係ないのでは?

高校教師』(こうこうきょうし)は、1993年平成5年)1月8日から3月19日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ脚本野島伸司。主演は真田広之桜井幸子

同1993年(平成5年)に東宝系で映画版が公開され、2003年(平成15年)には同名タイトルの続編が制作・放映された。

概要

教師と生徒の恋愛同性愛強姦近親相姦自殺など、当時すでに問題となっていた「社会的タブー」を真正面から扱った作品として、大きな反響を呼んだ。「登場人物らの背景に何があるのか」「最終回の結末はどうなったのか」など、サスペンスの要素を織り込んだことも、それに拍車をかけた。

野島伸司から「近親相姦」をテーマとした作品が提案されたが、当初プロデューサーらは嫌悪感を抱いていた。しかし、野島の「ギリシャ神話のような作品を作りたい」という言葉に感銘を受け、直接的な性的描写を抑えた、繊細で透明感のある作品づくりを目指した。なお本作では、真田広之演じる主人公の教師・羽村隆夫と婚約者の三沢千秋、羽村と彼を慕う教育実習生・田辺里佳との大人同士を除いてキスシーンがなく、全てそれを連想させるだけにとどめた演出になっている。

テレビドラマとしては珍しく、ドラマ撮影前にシナリオが全て完成していた。これにより出演者たちは、登場人物の運命世界観などを完全に理解して演技することができたことに加え、きめ細かな裏設定を実現することができ、それらの伏線を演技によって表現できたという。野島作品の中ではこの作品のシナリオだけが唯一、ラストの展開の手直しが行われた。

ヒロイン役の二宮繭は当初、観月ありさを予定していたが、台本の内容に賛同を得られなかったため、当時19歳だった桜井幸子に変更された。また、ヒロインの親友・相沢直子の役も何人かの女優に出演拒否され、持田真樹が担当することになった。

相沢直子を強姦する教師・藤村知樹の役を演じた京本政樹は、それまでは「必殺仕事人V」など時代劇俳優としてのイメージが強かったが、本作で狂気じみた役どころを演じてイメージを一変させた。また、繭の父親役を演じた峰岸徹の近親相姦も辞さない演技も話題となった。

また主題歌には、1970年代を中心に活動した女性シンガーソングライター森田童子の曲「ぼくたちの失敗」が使用され、リバイバルヒットとなった。一部から人気を得ながらも引退状態だった森田が再度注目されるきっかけとなり、廃盤となっていたアルバムがCD再発され、ベストアルバムも発売された、このヒットを契機に、過去の隠れた名曲を取り上げる作品が増えるなど、主題歌的にもメディアに大きな影響を与えた(#主題歌・挿入歌も参照)。


冒頭にも書きましたけど有村架純さんが主演で地上波放送を企画した訳ですから放送をすべきではないのでしょうか?テーマがテーマだけに企画の段階で判断をすべきだったので?地上波が厳しければTBSさんも出資している動画配信「Paravi」のオリジナルドラマで配信してから地上波で放送すれば良かったのにと思ってしまいますが…有村架純さんが不幸で仕方がない。

関連記事:動画配信(VOD)ドラマから地上派放送へ 新しいドラマ展開のフォーマットに?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー