Reading Time: 1 minute

お節介オヤジもこの記事の「おじさんバッシング」の対象のど真ん中です。内容を見るとまぁ仕方ないかとも思いますがよくもここまで書くなぁともでもここまで書かれると逆にスッキリ?してしまいます。「エアポートおじさん」や「港区おじさん」ではないが”有料noteやアフィリエイトに手を出したりしなければならないのだ。”などまさにお節介オヤジの事だなんて思ってしまいました。

「おじさんバッシング」はなぜ異様に盛り上がるのか?<北条かや>

ハーバービジネスオンライン > 社会 > 「おじさんバッシング」はなぜ異様に盛り上がるのか?<北条かや>より引用

北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」その31

昨年は、若い女性の間で「おじさんLINE」が流行っているというネットニュースをよく見た。中高年男性に見られがちな、長文で自己完結したウザい文面を再現して揶揄するのが流行っているという。

他にもおじさんがしがちなSNS投稿、たとえば空港で「行ってきます」と自撮りをする「エアポートおじさん」や、突然送られてくるランチやディナーの写真がウザいとか、若い女性に金品をばらまく「港区おじさん」の目撃情報など、ネットで批判される中高年男性の行動には枚挙にいとまがない。

近年、こうした「○○おじさん」を揶揄したり、生暖かく見守ったりする動きがじわじわ加速している。昨年は元AV女優や新聞記者としても知られる文筆家の鈴木涼美さんが『おじさんメモリアル』(扶桑社)という書籍を出版して話題になった。同著では、彼女が出会ってきた数々の「おじさん」が哀愁たっぷりに描かれている。

つい先日は、ニュースキュレーションアプリのNewsPicksが日経新聞に「さよなら、おっさん」という広告を出してプチ炎上した。「おっさん」という用語が差別的である、いやいや「おっさん」という単語は古い体質を意味する比喩であり、中高年男性の存在自体に罪があるわけではない、など賛否両論のようだ。

なぜこんなにも「おじさん」が注目を集めるのか。それには3つ理由がある。

おじさんはとにかく人口が多い

YOTA82 akusyuwomotomeru15123614 TP V 1024x682 - ここまで書かれるとスッキリ?「おじさんバッシング」はなぜ異様に盛り上がる

まず、「おじさん」を40~50代の中高年男性と仮定すると、彼らはとにかく人数が多いということだ。この世代は団塊ジュニア世代、バブル世代とも重なり、人口のボリュームゾーンである。おじさん世代全体にすると2000万人近くいるので、彼らをイジったり批判したりするコンテンツは単純に「バズりやすい」。

SNSで影響力をもつインフルエンサーの中にも40代は多く、彼らの目におじさん関連ニュースが止まれば「我が事」として捉えられ、拡散されやすい。先日も、ブロガーの山本一郎さん(45歳)が「おっさんは差別されてもいいのか~この時代の新しい被差別階級について~」というコラムを公表し、様々な感想が飛び交った。山本一郎さんという「おじさん」がおじさん差別について告発する。彼らの問題意識は切実だから、文章にも力が生まれるのだと思う。

次に、週刊誌読者の高年齢化。ここ最近「おじさん」ネタをよく扱う『週刊SPA!』は、20年前は20代を対象としていたが、年とともに読者層がスライドし、今では40代も多いという。

雑誌の紹介文には「20~30代サラリーマンが今、一番読みたい情報が満載」とあるものの、私も愛読する『SPA!』の特集タイトルを並べてみると「[55歳の壁]に潰される人」(2018年7月3日号)、「ズルい貯金超戦略~40歳から3000万円ためる!一生困らない戦略的なため方とは?」(同6月5日号)、「『純愛おじさん』事件簿~『セクハラよりキツい!』と女子が緊急告発~」(同5月29日号)など、おじさんのサバイバル術や悲哀を描く特集が目白押しだ。

いずれの記事も、誌面がネットニュース化されてまたバズるという循環ができている。

おじさんという存在に権威はもうない

YKPAKU6972 TP V 1024x653 - ここまで書かれるとスッキリ?「おじさんバッシング」はなぜ異様に盛り上がる

最後に、おじさんという存在自体から権威が失われたことである。バブル崩壊から90年代後半に始まる不景気を経て、日本はマイナス成長の時代に突入した。この間、企業は中高年世代の雇用を守る代わりに若者を非正規化し、その若者が年齢を重ねて、今や40代の「おじさん」になっている。

ZOZOの田端信太郎さんのように、就職氷河期に遭遇したにもかかわらずハングリー精神で「炎上上等」のグローバルマッチョハイパーエリートビジネスサラリーマンになった例もある。しかし多くのおじさんはあんなに上手くいっていないし、何らかの不満をつのらせている。不景気時代の競争はゼロサムゲームだ。

一昔前のように、おじさんになれば自動的に昇進でき、権威がついてきた時代は終焉した。

中高年男性だからといって会社で存在感を示すことはもうできない。セクハラで辞任した財務省の役人や各種政治家など、いまだに時代錯誤な存在感を示すおじさんもいるが、7割以上のおじさんは経済のマイナスとともに権威を失い、以前のようにふんぞり返ってはいられなくなっている。

かといって昇進はもういい、オレは窓際族だからと開き直るわけにもいかず、「[貯金ゼロ円]の恐怖」(『週刊SPA!』7月17日・24日合併号)に怯え、「スゴい副収入」(同6月12日・19日合併号)を求めて有料noteやアフィリエイトに手を出したりしなければならないのだ。

こんな時代にあって、冒頭で触れた「おじさんLINE」や「エアポートおじさん」は、「オレはおじさんだけど、あんなみっともないことはしない」と、彼らを安心させるネタに使われているのかもしれない。

NewsPicksの「さよなら、おっさん」キャンペーンは、中高年世代が「おじさんだと思われたくない!」という自意識に訴えかけて広まった。そう、数多のおじさんバッシングは、「オレは批判されるようなおじさんじゃない」と思わせてくれる癒やしコンテンツともいえるのだ。

人口のボリュームゾーンであり、決死のゼロサムゲームに巻き込まれているおじさん層。今後、彼らの格差はますます開き、おじさんならではの悲哀を扱うコンテンツは量産されていくだろう。

(本コラムも例外ではないかもしれない)が、一部のおじさんをスケープゴートに、おじさん同士が互いに潰し合う地獄絵図がうっすら透けて見えるのである。

<文:北条かや>

IMG 8707 160x160 - ここまで書かれるとスッキリ?「おじさんバッシング」はなぜ異様に盛り上がる【北条かや】石川県出身。同志社大学社会学部卒業、京都大学大学院文学部研究科修士課程修了。自らのキャバクラ勤務経験をもとにした初著書『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)で注目される。以後、執筆活動からTOKYO MX『モーニングCROSS』などのメディア出演まで、幅広く活躍。著書は『整形した女は幸せになっているのか』(星海社新書)、『本当は結婚したくないのだ症候群』(青春出版社)、『こじらせ女子の日常』(宝島社)。最新刊は『インターネットで死ぬということ』(イースト・プレス)。
公式ブログは「コスプレで女やってますけど

関連記事:人気オヤジ俳優に学ぶ、若い女性からモテるテクニックとは

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー