Reading Time: 2 minutes

ワールドカップロシア大会、日本代表は大迫選手の逆転ゴールが称賛され「半端ない」がブームみたいになっていますが、逆に結果の出ていない国の選手は批判が凄いことになっていますね。大きな大会だけにジンクスなども調べられていたりしてますね。日本代表のワールドカップジンクスでいけば初戦に勝ち点をとれれば決勝Tに進出する。このジンクスは信じたいジンクスですよね。2戦目のキックオフは6/24 24:00キックオフ

W杯前にブレーメンと契約 大迫はもったいなさも“半端ない”

日刊ゲンダイDIGITAL2018年6月22日配信記事より引用


コロンビア代表, サッカーワールドカップ2018(ロシア大会), サッカー日本代表, ロシアワールドカップ, ワールドカップ NHK, ワールドカップ見逃し配信, 大迫半端ない, 香川真司
0 - ワールドカップの試合結果によって称賛・批判・ジンクス

コロンビア戦で決勝ゴールを決めたFW大迫勇也(28)の注目度が、グングン右肩上がり中だ。

代名詞「半端ない」は英紙ガーディアンが「凄い、信じられないという意味でhampanaiが使われている」と報じるなど世界中に拡散しており、「今年の流行語大賞の最有力候補」と話すマスコミ関係者は多い。

その大迫は、所属するブンデスリーガ1部ケルンが2部落ちしたこともあって、W杯前の5月に同1部ブレーメンへの移籍が発表された。ブレーメンは点取り屋としての能力を高く評価。前所属のケルンに移籍金7億円を払い、年俸はケルン時代の1億7000万円から2億円(3年契約)にアップしたともっぱら。

サッカー関係者が「それにしても大迫はもったいないことをしたものだ」とこう続ける。

「契約をW杯本大会の後に交わしていたら<本大会でゴールを決めた男>としてブレーメンも、より良い条件を提示しただろうし、もし1次リーグ残りのセネガル戦、ポーランド戦でゴールを決めて決勝トーナメントに進出し、そこでも点を取れば2億円の年俸が、倍の4億円にハネ上がっていた。当然、付帯条件も手厚くなっていた。W杯で活躍し、ビッグネームの仲間入りを果たすとブンデスリーガの勝利給や特別ボーナスなどの額もドンとアップ。地元スポンサー企業からのCM契約のオファーも届くだろうし、年俸アップ分や勝利給、CM契約金などを合わせて3億円ほど“損した”勘定になります」

公開練習では伸び伸びプレー

その大迫は21日、キャンプ地カザンで常にリラックスした表情を浮かべて練習メニューを消化した。現地で取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏が言う。

「誰もが緊張するW杯初戦で決勝ゴールを決めたことで、大迫も余計なプレッシャーから解き放たれたと思います。この日メディアに公開された練習ではDF槙野、DF昌子、MF原口らと一緒にボールを使った練習を行い、その最中も時に笑みを浮かべたり、非常に伸び伸びとしながらプレーしていました。ブレーメンと言えば、元日本代表のレジェンド奥寺康彦さんが81~86年、守備的なポジションでプレーしました。ゴールゲッターとしてブレーメンでプレーする初の日本人選手ということになります。W杯ではセネガル、ポーランドと強豪との対戦が控えていますが、今の調子を維持すればゴールを期待してもいいでしょう」

ブレーメンとの契約はやはり「もったいなかった」――。

日本代表戦見逃し配信みるならU-NEXT
0 - ワールドカップの試合結果によって称賛・批判・ジンクス

FC東京チャン・ヒョンスも炎上リンチにさらされる韓国“テックル・テロ”の恐怖

慎武宏 | ライター/S-KOREA編集長 6/23(土) 7:00 配信記事より引用

ロシア・ワールドカップに関するニュースが世界中を駆け巡っている。

アルゼンチン, アルゼンチン代表, クロアチア, クロアチア代表, コロンビア代表, サッカーワールドカップ2018(ロシア大会), サッカー日本代表, メッシ沈黙, ロシアワールドカップ, ワールドカップ NHK, ワールドカップ見逃し配信, 大迫半端ない, 香川真司

スウェーデン直後のチャン・ヒョンス(写真:ロイター/アフロ)

ネットでは美女サポも話題だが……

日本では、コロンビアに大金星を挙げた日本代表の最新情報に始まり、西野監督の人柄や大迫勇也のルーツにプライベート、はたまた各会場を彩る世界の美女サポーターまで、さまざまな情報がネットで話題になっていると聞く。

それは韓国も同じで、韓国代表のことはもちろん、選手たちの私生活に“美女サポーター”などの情報がネット上に続々とアップされている。

スポーツ新聞『スポーツ・ソウル』によると、最近はシン・セロムという女性が話題だそうだ。

韓国では2002年ワールドカップ時に登場した“応援女神ミナ”以降(ミナは歌手としてもデビュー)、フォトジェニックな美女サポーターを“ワールドカップ美女”と呼ぶが、シン・セムロは “5代目ワールドカップ美女”としてネットでバズッているらしい。

(参考記事:【画像】韓国の “歴代ワールドカップ美女”を一挙ご紹介!! ロシアW杯でも現れるか?

こうしたネット上での盛り上がりがワールドカップの熱気と関心をさらに高めてくれるが、その一方で心配になるのは韓国の“テックル・テロ”のことだ。

度を過ぎた批判でネット炎上

“テックル”とは、ネットニュースに読者が書き込むコメントのこと。Yahoo!ニュースでいう“ヤフコメ”のようなイメージといえば伝わりやすいだろうか。

そのテックル欄に、韓国がスウェーデンに敗れて以降、代表選手に対する度が過ぎた批判が大量に書き込まれているというのだ。

特に槍玉に挙げられているのは、FC東京でプレーするチャン・ヒョンスだ。

例えば、前半26分にはチャン・ヒョンスのロングパスを受けた左サイドバックのパク・チュホがハムストリングを負傷して交代。ロシアでのプレーは絶望的となったが、チャン・ヒョンスはこのときのロングパスが不正確だったとして、パク・チュホの怪我の責任を問われている。

また、スウェーデン戦では、キム・ミヌのスライディングタックルによって献上したPKから決勝点を奪われたが、この失点シーンも、その直前のチャン・ヒョンスのパスミスからボールを奪われたことが原因だったと批判が殺到している。

しかも、チャン・ヒョンスを非難するテックルのなかには、目を覆いたくなるような人格攻撃も少なくないのだ。

(参考記事:「代表永久除名」「刺青を消せ」はまだ序の口…FC東京チャン・ヒョンスへの批判がひどすぎる)

こうしたテックルをチャン・ヒョンス自身も目にし、チャン・ヒョンスは自身のSNSアカウントを非公開にした。代表チームの広報関係者によると、「チャン・ヒョンスがあまりに多くの批判を受けて、とてもつらそうにしている」というのだから深刻だ。

土下座スケーターも襲われた“テックル・テロ”

スウェーデンに敗れたことをきっかけに、“テックル・テロ”ともいうべきバッシングが飛び交っている韓国。

もっとも、これまでも韓国ではスポーツ選手への悪質なテックルが問題になってきた。最近で記憶に新しいのは、平昌五輪で“土下座スケーター”という不名誉な異名を頂戴してしまったキム・ボルムだろう。

スピードスケート女子パシュートの準々決勝で“置き去り騒動”が大問題になったことは日本でも報じられたが、韓国のネット上では、チームメイトを置き去りにしたとされたキム・ボルムに対するバッシングがヒートアップ。

結局、彼女は開幕前にはネットで話題になっていた自身のSNSアカンウトを閉鎖するだけではなく、精神治療のために入院するまで追い込まれてしまった。

(参考記事:「アイドル顔負けの美貌」韓国女子スピードスケート選手キム・ボルムのSNSがスゴい!!

サッカーでも“テックル・テロ”の犠牲者はいる。例えば、スウェーデン戦でチャン・ヒョンスとともにセンターバックを務めたキム・ヨングォンも被害に遭った一人だ。

昨年8月にホームで行われたロシア・ワールドカップのアジア最終予選のイラン戦後、キム・ヨングォンが「サポーターの歓声が大きくて、選手同士の意思疎通が難しかった」と発言したことで、猛非難を受けたのだ。

現在のチャン・ヒョンスと同じように誹謗中傷のテックルが大量に書き込まれ、結局キム・ヨングォンは謝罪。

「応援に駆けつけてくれたサポーターを悪く言うつもりはなかった」と釈明したが、その後も当分の間、バッシングは収まらなかった。

「自分だったらゾッとする。韓国で生きていけない」

こうした“テックル・テロ”を振り返りながら思い出すのは、2002年の日韓ワールドカップ代表メンバーで、Jリーグ得点王にも輝いたファン・ソンホンが語っていた言葉だ。

ファン・ソンホンは94年アメリカ・ワールドカップで期待を裏切る結果しか残せず、国中から猛烈な非難を浴びた。叩かれ侮辱され、「国賊」とまで罵られた。そんな彼に当時のことを聞いたとき、こんなことを言っていたのだ。

「それでも私はまだマシなほうですよ。当時はインターネットがなく、無差別的に誹謗中傷を浴びることはありませんでしたから…。それを差し引いても、最近のネット上での誹謗中傷はひどすぎます。私の現役時代にはまだそんな文化はありませんでしたが、もし自分だったらと考えると……ぞっとしてしまいますね。文字通り、韓国では生きていけないかもしれない」

ストライカーは称賛と非難の両方を浴びるポジションだと割り切っていても、集中砲火を浴びると心が折れてしまうというのだ。つまり、それほど精神的に傷つけられ、追い詰められるということでもあるだろう。

チャン・ヒョンスをはじめとした韓国代表選手たちは、今まさにそんな誹謗中傷を浴びているのだ。

もちろん、スウェーデン戦が不甲斐ない結果に終わったことは事実だ。ミスや落ち度を指摘されるのは仕方ない。

また、チャン・ヒョンスは、シン・テヨン監督からディフェンスリーダーとして信頼を寄せられてきた選手でもある。その分チームで背負う責任は大きく、実際にミスも目立っていたため、批判の対象になってしまうことへの懸念はあった。

だが、だからといって個人の人格まで否定し、選手に深い傷を負わせるような暴言が許されるわけではないだろう。

ワールドカップの熱気が高まることは大歓迎だが、韓国で代表選手に対する度が過ぎた批判が続いていることは残念でならない。

本日行われるメキシコ戦も厳しい戦いになることは間違いないが、結果がどちらに転ぶにせよ、試合後には感情に任せた誹謗中傷や人格攻撃ではなく、建設的で未来志向なテックルが書き込まれてほしいと願う。

メッシが走らないのは今に始まった事ではないが…勝てないと批判される

元仏代表プティがメッシをC・ロナウドと比較し、酷評「走らない」「リーダーの資質がない」

Goal 15:19配信記事より引用

98年のフランスW杯優勝メンバーのエマニュエル・プティ氏が、アルゼンチンのリオネル・メッシを酷評した。

アルゼンチン, アルゼンチン代表, クロアチア, クロアチア代表, コロンビア代表, サッカーワールドカップ2018(ロシア大会), サッカー日本代表, メッシ沈黙, ロシアワールドカップ, ワールドカップ NHK, ワールドカップ見逃し配信, 大迫半端ない, 香川真司

元仏代表プティがメッシをC・ロナウドと比較し、酷評

元フランス代表のエマニュエル・プティ氏が、アルゼンチン代表のリオネル・メッシは、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドと比べてリーダーシップの資質を持っていないと、ベッティングサイトの『Paddy Power』で語った。

世界最高のプレーヤーとも称される2選手だが、ロシアW杯では明雲が分かれている。C・ロナウドはスペインとの初戦でハットトリックを挙げる最高のスタートを切ると、続くモロッコ戦ではポルトガルを2連勝に導く決勝ゴール。ポルトガルもグループリーグ突破をほぼ手中に収めた。2試合ですでに4ゴールを挙げたC・ロナウドは、得点ランクでトップに立っている。

一方で、アルゼンチンは2戦で1分1敗とグループリーグ突破に黄信号が灯っている。そのなかでメッシは、アイスランドとの初戦でPK失敗など精細を欠き、続くクロアチア戦でも見せ場を作れず完敗。ナイジェリアとの最終戦に可能性こそ残っているものの、もう1試合のクロアチアvsアイスランド次第ということもあり、他力本願であることは変わりない。

自国開催となった1998年のフランスW杯の優勝メンバーで、バルセロナやアーセナルに在籍したプティ氏は、こうした点も踏まえてメッシよりもC・ロナウドの方ががリーダーシップ能力に長けていると語る。

「メッシは最高のプレーヤーの1人だが、ロナウドのようにリーダーの資質を持っていないね。彼は考え方を示す必要がある」

プティ氏は「バルセロナで上手く行っているとき、彼は素晴らしい選手だ。しかし、上手くいかなければピッチで消えてしまう。走ることなく歩いている」とメッシの姿勢に苦言を呈した。

アルゼンチン代表については「ホルヘ・サンパオリが多くの間違いを犯してきた。チーム全体で自信と信頼がない」とし、「私は予選突破する光景が見えない」と厳しい評価を下した。

「過去に偉大な選手を擁したアルゼンチンを覚えているが、このチームはまったくその時代に程遠い」

アルゼンチンは現在勝ち点『1』でグループDの最下位に位置しているが、最終節のナイジェリア戦で勝利し、クロアチアがアイスランドに引き分け以上で終わればグループ2位で突破することができる。

残念ながらジンクスに勝てなかった韓国

韓国対メキシコ……不吉さ漂う「20年前の悲劇」と「64年のジンクス」

慎武宏 | ライター/S-KOREA編集長6/23(土) 20:00 配信記事より引用

ロシア・ワールドカップを戦う韓国代表が背水の陣を迎える。スウェーデンとのグループリーグ初戦を0-1で落としてしまっただけに、さらに黒星を増やすことになれば、最終戦を待たずして目標とする決勝トーナンメント進出が失敗に終わる。

それだけに本日行われるグループリーグ第2戦が韓国ロシア戦記の生死を賭けた戦いになる。

決戦の地となるロストフ・ナ・ドヌは首都モスクワから900km強離れているが、大事な一戦に挑む選手たちを激励しようと、ソン・フンミンの父やファン・ヒチャンの母に姉など、選手たちの家族もスタジアムに駆けつけるという。

スウェーデン戦の敗北を受けて一部の選手がネット上での人格攻撃にさらされる一方で、傷心の選手たちを支え激励する家族の存在も韓国ではクローズアップされているようだが、家族や人生のパートナーたちが傍らで見守ってくれることほど、心強いことはないだろう。

(参考記事:【画像】ソン・フンミンの「恋人」は? 韓国代表の「美女パートナー」たちがかわいすぎる!!)

ただ、これから戦うメキシコは韓国にとって分が悪い相手だ。

過去の対戦成績は12戦4勝6敗2分け。

2002年1月にアメリカで行われたゴールドカップでの対戦(0-0ながら韓国がPK戦の末に準決勝進出)や、フース・ヒディンク監督が率いて挑んだ2001年コンフェデレーションズカップでの対戦(2-1で韓国が勝利)など、韓国の勝利を現場で見届けることもあったが、メキシコ戦と聞くと、筆者の脳裏にも苦い思い出のほうが先に過る。

特に忘れられないのが1998年フランス・ワールドカップでの対戦だ。

このとき、韓国は当時ヴィッセル神戸に所属していたハ・ソッチュのFKで前半28分に先制するも、その2分後にはハ・ソッチュがラフなタックルで一発退場。数的不利に立たされ、1-3の大逆転負けを喫している。

パリ郊外の宿舎で終始うつむいて沈んでいたハ・ソッチュの後ろ姿と、のちに彼が明かしてくれた「人生でもっとも苦しかった時期」という言葉に、ワールドカップの怖さを痛感させられたものだった。まさに天国から地獄に突き落とされたような悲劇だった。

(参考記事:Jリーグ25周年の今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガー、あの人は“いま”

そんな苦い思い出が付いて回るメキシコに、韓国はふたたびワールドカップの舞台で対峙することになった。それもグループリーグ2戦目というところに、さらなる縁起の悪さを感じてしまう。

というのも、かれこれ20年近く韓国のワールドカップを取材してきたがグループリーグ2戦目に良い記憶はないのだ。

98年大会ではオランダに0-5の惨敗を喫しているし、2002年大会ではアメリカ相手に先制を許し、終盤にアン・ジョンファンのヘッドで辛くも追いつくのが精一杯だった。

06年大会でパク・チソンのゴールでフランス相手にドローに持ち込むが、2010年大会ではアルゼンチンに1-4の大敗。前回14年ブラジル大会では、ヴァビド・ハリルホジッチ率いたアルジェリアに2-4で苦杯を舐めた。

さらに時代を遡っても、94年大会ではボリビアに0-0、90年大会ではスペインに1-3、86年大会ではブルガリアに1-1。韓国がワールドカップ初出場した54年大会ではトルコに0-7の大敗に塗れている。

つまり、韓国はグループリーグ2戦目で一度も勝ったことがなく、それは “2次戦ジンクス”とさえ言われているほどなのだ。

分が悪い過去の対戦成績に、苦い思い出。さらには韓国にとって鬼門となるグループリーグ第2戦で、韓国の前に立ちはだかるメキシコ。

メキシコはグループリーグ初戦で、前回王者にしてFIFAランク1位のドイツに0-1の勝利を飾っており、波に乗っている状態だ。現場で取材する韓国記者のひとりは「もしも韓国がメキシコに勝てば韓国が世界最強になるけど、さすがにそれは期待できないでしょう」ともこぼしていた。

前回王者にしてFIFAランク1位のドイツを下したのだから、今やメキシコは暫定的な世界最強。そのメキシコに勝てば、韓国がさらに暫定的に世界最強となるが、それは天地がひっくり返っても難しいという皮肉と自虐が込められていることは言うまでもない。

韓国記者たちが自国代表に寄せる期待は大会前から決して高くはなかったが、初戦を落とした上に“負のジンクス”がある2戦目で、分が悪く勢いに乗るメキシコと対峙することになっただけに、半ば諦め気味なところがあるのも事実なのだ。

グループリーグ初戦を終えた直後に報じられたセレッソ大阪ユン・ジョンファン監督の日韓比較でも、「試合に集中して献身するマインドは韓日両国ともに同じだったが、自信と積極性が違った」と、韓国の自信のなさが指摘されている。

(参考記事:C大阪ユン・ジョンファン監督がコロンビア戦を分析。日本と韓国は何が違ったのか

果たして韓国はそんな“三重苦”を跳ね返して、グループリーグ突破に望みをつなげることができるだろうか。

関連記事:ワールドカップの結果で起きてしまった悲劇 コロンビア再発させてはダメ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー