Reading Time: 2 minutes

Googleの急上昇ワードで”スロースリップ現象”ってあるけど”スロースリップ現象”なんて聞きなれない言葉が上がっていましたが、気象庁の方はその道の専門ですから解るのは当然でしょうが、専門用語を使って注意呼びかけされても困りませんか?そんな訳で”スロースリップ現象”を調べてみました。

スロースリップとは?

ウキペディアより引用

スロースリップ(英: slow slip)とは、地震学の用語で、普通の地震によるプレートのすべり(スリップ)よりもはるかに遅い速度で発生する滑り現象のことである。「スローイベント」「スロー地震」「ゆっくりすべり」「ゆっくり地震」などとも呼ばれるが、厳密には「スロースリップ」か「ゆっくりすべり」が最も的確に意味を表している。海溝などの沈み込み帯ではよく見られる現象。また、1つのプレートの中に存在する断層の面でも発生する。防災科学技術研究所により整備された高感度地震観測網の観測結果が当該事象発見のきっかけとなった。SSE(Slow Slip Event)と略される事もある。

「普通の地震よりもはるかに遅い速度」というのは、地震を起こす地殻変動の速度のことである。地震としては、地震動の継続時間が非常に長く、地震動の周期が比較的長め(約0.5秒 – 数十秒、低周波領域)であるという特徴を持つ。

房総半島沖

房総半島東部から千葉県東方沖にかけての領域では、地表にある北アメリカプレートの下で、フィリピン海プレートが太平洋プレートとの間に沈みこんでいる。北アメリカプレートとフィリピン海プレートの境界面では、1983年1990年1996年2002年2007年2011年2014年2018年の計8回、スロースリップが発生した(観測によるものと、事後解析によるものがある)

2011年3月までの過去30年間に5回の活動が観測され、活動間隔は4年10か月〜7年7か月間隔(平均6年間隔)で発生している。スロースリップ発生時にはそれに伴う群発地震が発生しており、スロースリップが誘発したものだと考えている。活動中にはマグニチュード4〜5の地震が起こる可能性があり、2007年8月の同現象発生時には最大マグニチュード5.3(16日)、最大震度5弱(18日)となった群発地震が発生している。

2011年10月には6回目の観測となるスロースリップ現象が、過去最短の4年2か月の間隔で観測された。この現象について防災科学技術研究所は、同年3月に異なるプレート境界で発生した東北地方太平洋沖地震の影響で発生間隔が短縮した可能性があるとしている。滑り量は10月26日から30日の5日間で南東方向に約6cmで、放出されたエネルギーはモーメントマグニチュード6.5程度と推定された。

2014年1月2日〜1月10日の活動では、プレート境界面上の滑りは南東に最大で約6cmと推定されており、それまでの最短だった前回2011年の活動間隔(4年2か月)よりも更に短く、2年3か月で発生した。後日に行われた詳細解析では、ゆっくりとした滑りは12月上旬から始まっていて、12月下旬にかけて徐々に加速した滑りは12月31日から急加速し2014年1月3日に最大になったが1月10日には急減速した。2月1日までに放出されたエネルギーは Mw 6.5 程度と推定されている。

いま一つ理解しにくいが、言葉のとおりゆっくりと揺れる地震の事らしいですね。その後に大きな地震が発生する可能性もあるという事でしょうかね?


bgt?aid=170207799669&wid=001&eno=01&mid=s00000003610001039000&mc=1 - スロースリップ現象って何?スロースリップ現象で注意呼びかけ

0 - スロースリップ現象って何?スロースリップ現象で注意呼びかけ

千葉県内で地震が相次ぐ。スロースリップ現象で注意呼びかけ

HUFFPOST 2018年06月14日 20時09分配信記事より引用

6月14日午後7時40分時点で、早朝から計6回の地震が観測されています。

6月14日の早朝から夜にかけて、千葉県内で地震が相次いでいる。午後7時40分時点で計6回の地震が観測された。

中でも午後7時4分ごろに発生した千葉県南部を震源とする地震は、推定される規模がマグニチュード4.1と最大だった。千葉県いすみ市、睦沢町、大多喜町で震度3を記録した

dims?crop=595%2C508%2C0%2C0&quality=85&format=jpg&resize=630%2C538&image uri=http%3A%2F%2Fo.aolcdn.com%2Fhss%2Fstorage%2Fmidas%2Fd17149d6b57eff1ecea03e7a6384bf25%2F206453164%2F%253F%253F%253F%253F%253F%253F%253F%253F%253F%2B2018 06 14%2B19.55.42 - スロースリップ現象って何?スロースリップ現象で注意呼びかけ

千葉県東方沖では6月に入って地下の岩盤がずれ動く「スロースリップ」現象を観測。政府の地震調査委員会は今後、周辺の地震活動が活発になる可能性があるとして注意を呼びかけていた

14日午前10時から午後6時にかけて起きた3回の地震に関して、気象庁地震予知情報課がNHKニュースの取材に、以下のようにコメントした

「過去にスロースリップが起きた際に地震があった範囲に含まれている。より揺れの大きな地震が起きる可能性もあるので、今後の地震活動に十分注意してほしい」

■6回の地震の詳細は?

気象庁の地震情報によると、6月14日午後7時すぎまでに起きた5回の地震の詳細は以下の通り。

午前7時14分ころ
震源地:千葉県北西部
震源の深さ:約70km
推定される地震の規模:マグニチュード3.8
観測された最大震度:2

午前10時39分ころ
震源地:千葉県南部
震源の深さ:約10km
推定される地震の規模:マグニチュード3.5
観測された最大震度:2

午前12時07分ころ
震源地:千葉県南部
震源の深さ:約10km
推定される地震の規模:マグニチュード3.2
観測された最大震度:2

午後5時49分ころ
震源地:千葉県東方沖
震源の深さ:約30km
推定される地震の規模:マグニチュード3.2
観測された最大震度:1

午後7時04分ころ
震源地:千葉県南部
震源の深さ:約10km
推定される地震の規模:マグニチュード4.1
観測された最大震度:3

午後7時34分ころ
震源地:千葉県南部
震源の深さ:約20km
推定される地震の規模:マグニチュード2.7
観測された最大震度:1

関東でも大きな地震がおきるかも知れないと言う注意と考えていた方が良さそうですね。防災用品の確認をしておきましょう!


bgt?aid=170207799669&wid=001&eno=01&mid=s00000003610001039000&mc=1 - スロースリップ現象って何?スロースリップ現象で注意呼びかけ

0 - スロースリップ現象って何?スロースリップ現象で注意呼びかけ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー