Reading Time: 2 minutes

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉がありますが、今年の4月にジャニーズに所属していた山口達也さんの事件がおきたばかり。今回の未成年飲酒強要事件は5月です。あれだけ連日のテレビ報道があった中で翌月に飲酒を強要させる事件を起こしてしまう。平成の現代は、会社組織ではコンプライアンスにはものすごく注意をしていますが、ジャニーズ事務所の所属の方は全くないのでしょうかね?ジャニーズ事務所を退所した山口さんは40代、今回の小山さん高橋さんは30代。サラリーマンでいえば管理職か中堅ですよね。こんな事でイイのですかね?

やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

「飲酒の前に問題はあった」 真矢ミキ、NEWS加藤シゲアキに「的確すぎる」叱咤

JCASTニュース2018/6/ 8 09:37配信記事より引用

http%3A%2F%2Fo.aolcdn.com%2Fhss%2Fstorage%2Fmidas%2F72120b3a4a814b4c2cf03795c1503f08%2F206437124%2FImage%2Buploaded%2Bfrom%2BiOS%2B%252817%2529 - やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

未成年女性に飲酒させたと報じられ、所属のジャニーズ事務所から厳重注意処分を受けたアイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさん(30)が2018年6月8日、「ビビット」(TBS系)に出演し、「自覚が足りなかったと思います。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

番組ではMCの真矢ミキさんが、「飲酒した、しないの前に問題はあったんだなと思う」と冷静ながら厳しく加藤さんを叱咤し、インターネット上でも注目が集まった。

「何やってくれてんだ」

7日発売の一部週刊誌によると、17年末に加藤さんも参加した東京・六本木での飲み会の場の音声が流出。同じNEWSの小山慶一郎さんが当時19歳の女性に「一気飲み」を促すようなコールをしていたことが報じられた。

ジャニーズ事務所は報道内容を概ね認めて同日、小山さんを「活動自粛」、さらに同席しながら制止しなかった加藤さんを「厳重注意」とすることを発表した。小山さんはキャスターをつとめる7日の「news every.」(日本テレビ系)に出演し、謝罪のうえ、今後の同番組出演見送りを含む活動自粛を自らの口で説明した。なお当該女性は、当時自分を「20歳」と言っており、NEWSの2人も女性が未成年者との認識はなかったという。

そして一夜明けた8日、加藤さんが金曜レギュラーの「ビビット」に黒のスーツとネクタイ姿で生出演。番組開始10分を過ぎたタイミングでカメラの前に立ち、

「私事で申し訳ございません。このたび、私が訪れた飲食の場で同席していた、20歳とお聞きしていた女性が実際には当時19歳であることがわかりました。そして飲み物を飲むことを煽るような掛け声を止めることができなかったこと、深く反省しております。このビビットでさまざまな物事にコメントしてきたことを思うと情けない気持ちでいっぱいです。情報番組に関わる者として自覚が足りなかったと思います。本当に申し訳ございませんでした」

と謝罪した。19歳と分かった時、小山さんと二人で「猛省しなければならないと話した」といい、NEWSの他のメンバーにも謝罪したという。

煽りを止めなかったのは、「その場の空気を悪くすることできず、強く言えなかった」ため。だが「今思えば、たとえ空気が悪くなっても、僕が嫌われても、必死で止めるべきだったと反省している」と沈痛な面持ちで語った。

鋭く叱咤したのは真矢さんだ。「ニュースをお送りする番組がこういう始まりをするのは恥ずかしいと思います」と切り出すと、

「太一さんがいるのに申し訳ないですけど、TOKIOの山口さんのことがまだ全然払拭できていない中、こういうことが起きると信頼をどこに置いていいのかと思われてしまいます。太一さんもそうですが、加藤さんは誠実で寡黙でスタッフ・キャストから人気ある子で、『何やってくれてんだ』と昨日は言葉を失いました」

と冷静な口調で述べた。

「脇をしめて深く受け止めてほしい」

TOKIOをめぐっては4月下旬、元メンバーの山口達也さんが強制わいせつ事件を起こしていたことが発覚し、山口さんは5月上旬に事務所を退所。わずか1か月前のことだ。山口さんは酒に酔って未成年女性に無理矢理キスを迫るなどの行為に及んでおり、今回のNEWSの問題と似通う点がある。

真矢さんは「自分もこういう業界にいる一人として、飲み会って年齢を聞くところから始まるなら一人で飲んだほうがいいとか考えちゃう」としたうえで、音声が流出したことについて、

「音声が出ているということで、そこから何かが始まっていたわけですよね。飲酒した、しないの前に問題はあったんだなと思います」

と厳しい意見。さらに、加藤さんに対して改めて

「援護しているのではなく、巻き込まれた被害者の一人と思うんですが、こうなってしまうと加害者に映ってしまいます。それくらいの自覚をもって、こういう情報番組を任されているんだから、脇をしめて深く受け止めてほしい。反省してほしい」

と猛省を促した。

冷静に核心をつくような発言に、ツイッター上では

「的確すぎる」
「厳しくて温かい。ありがとうございます」
「ヲタクが言いたいこと全部言ってくれた真矢みきさんありがとうございます。なにやってくれてんだって本当それな」
「真矢さんのコメントがきっと最も世論に近いんじゃないかと思った」

など反響が相次いでいる。

また、番組MCの「TOKIO」国分太一さんは事務所の先輩として発言。「NEWSはデビュー当時9人で出発しました。いま現在は4人で活動しています。ずっと応援しているファンは悲しんだり不安だったり、たくさんの感情を持ったと思います。この報道でまたファンを悲しませてしまったのかなと思います」とファンの心情を汲み、

「自分が言える立場ではないですが、信頼回復に近道はありません。今は自分と向き合って一歩一歩丁寧に自分を見つめ直してほしい」

と加藤さんを叱責した。

こうした言葉を受け、加藤さんは「ファンを傷つけたこと、自分に失望しています。太一くんが言ったように信頼回復は難しいですが、二度と起こさないよう、自覚をもって過ごしたいです」と述べていた。

NEWS小山と加藤の謝罪に見た世間との温度差

東洋経済オンライン2018年06月08日配信記事より引用

未成年と飲酒、テレビの発言は適切だったか

img 21ce93c51cdb2902f9a669cb6f499e7c545608 - やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

TOKIOと山口達也さんの騒動から1カ月あまり。再びジャニーズ事務所のアイドルが渦中の人となっています。

しかも、今回も飲酒絡みであり、相手は未成年の19歳女性。事態を重く見たジャニーズ事務所は、素早く当事者のNEWS・小山慶一郎さんを活動自粛、加藤シゲアキさんを厳重注意に処したことを発表しました。

さらに、6月7日夕方の生放送番組「news every.」(日本テレビ系)で小山さんが、同8日朝の生放送番組「ビビット」(TBS系)で加藤さんが、相次いで謝罪。前回の教訓を生かしたかのようなスピーディな対応で、ダメージコントロールを図っている様子がうかがえます。

しかし、この対応には、いくつかの疑問点がありました。本人、番組、事務所の対応から、世間の感覚との温度差を感じてしまったのです。

小山の反省と藤井キャスターの激励

news1 - やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

まず小山さんは、活動自粛の報道からわずか1時間足らずで「news every.」に藤井貴彦キャスターと並んで登場しました。

小山さんは、「飲食の場に19歳の女性が参加していたことがわかりました。私はその女性から『20歳』と聞いていたため、未成年者であると知りませんでした。しかし、結果として未成年者がいる飲み会に参加し、飲むことをあおるような声を掛けてしまいました」と謝罪。

さらに、「こうした振る舞いは、報道番組として、さまざまなニュースをお伝えし、時には厳しい意見も述べてきた『news every.』のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。当面、出演をお休みさせていただき、その期間、活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめ直す時間にしていきたいと考えております」と反省の意を表しました。

一方、藤井キャスターは、「今回の件で本人はこれからいくつもの後悔を抱えながら反省の日々を過ごすことになると思います。同じ番組で仕事する仲間ですから、背中を押すような言葉をかけてあげたい気持ちもありました」と情を見せつつも、「しかし、このように『テレビで皆様からのご批判を正面から受け止め、反省することが今最も大切だ』と理解している本人には、『無意味な優しさなどはかえって不要なものだ』と感じています」と厳しい姿勢で接していくことを示唆。

最後は「隣にいるのに今言うことではないと思いますけど、しっかりと反省をして、自分を見つめ直してほしいと思います。そして、その先に見違えるほどの変化や成長を見せてもらいたい。それが私と私たちの切なる願いです」と激励でコメントを締めくくりました。

まるで「復帰ありきの休養会見」

気になるのは、小山さんの「当面、出演をお休みさせていただき」、藤井キャスターの「しっかりと反省をして自分を見つめ直した先に、見違えるほどの変化や成長を見せてもらいたい」というフレーズ。

「あれ? これは謝罪の場ではなく、叱咤激励の場だったの? それどころか、ただの休養会見?」と感じてしまったのです。形としては謝罪しているものの、両者とも“復帰ありき”のコメントであり、違和感を覚えた視聴者は少なくなかったでしょう。私は2人の姿を見て、リカレント(就労と教育を繰り返す生涯教育)を思い出してしまいました。

本人としては「しっかり謝罪して復帰したい」、番組としても「しっかり謝罪させて復帰させたい」。また、「今回の件を糧に、本人と番組を成長させたい。私たちの結束と復活を見せたい」という気持ちも伝わってきましたが、小山さんが出演しているのは報道番組。「誰が伝えるか」という信頼性の担保が重要な番組だけに、違和感は拭えません。

各メディアの記事に紐づくコメントを見ても、SNSの書き込みを見ても、小山さんのファン以外は、「謝罪はしなくていいから、もうニュースは読まないほうがいい」「えっ?まさか戻るつもりでいるの?」「もともとアイドルがキャスターやることに無理がある」という声が大半を占めているのです。

一部で休日出勤して生出演した藤井キャスターを称える声もありますが、これは企業で言えば社長にあたる番組の顔である以上、ごく一般的な対応。しかし、謝罪や反省よりも温情や激励が上回るそのコメントは、クライシス・コミュニケーション(危機管理広報)としては、うかつなところがあったのです。

次に加藤さんは『ビビット』で、「私事で申し訳ございません。この度、私が訪れた飲食の場で同席していた『20歳』とお聞きしていた女性が、実際には当時19歳であることがわかりました。そして、飲み物をあおるような掛け声を止めることができなかったこと、深く反省しております」と反省。

さらに、「この『ビビット』でさまざまな物事に関してコメントしてきたことを思うと、情けない気持ちでいっぱいです。情報番組に関わる者として自覚が足りなかったと思います」と謝罪しました。

その後、国分太一さんの問いかけに答える形で、「19歳であることはネットで知りました。会話の中で『20歳』と話しているのは聞きました」「その場の空気を悪くすることができなかった。強く言えなかったということです。今思えば、たとえその場の空気が壊れても、僕が嫌われることとなっても、必死で止めるべきだったと反省しています」と語りました。

小山さん以上に反省の意は伝わってきましたし、今後に関することなどの利己的なフレーズもなし。しかし、「止めることができなかった」というフレーズに、視聴者との温度差が表れていたのです。

「いや、反省するのはそこじゃないでしょ?!」と……。

アイドルが20歳の子と飲み会していいの?

「若い世代に夢を見せるアイドルなのに、20歳の子と飲み会していいの?」「もう30代の大人なのに、一気なんかしてるの?」「報道・情報番組に出演しているのに、ずっとそういう場に参加していたの?」「ここ数年、先輩たちの騒動が続いているのに、気をつけようと思わなかったの?」

多くの視聴者は、成人間近の19歳がお酒を飲んだことについて、とやかく言おうとは思っていないでしょう。それより気になるのは、彼らの交友関係と出入りする場所、人を見る目のなさと自分に都合のいい解釈、自覚と危機回避の希薄さ……。視聴者は、『ビビット』で真矢みきさんがコメントしたように、「飲酒した、しない以前の問題」を語ってほしかったのです。

ただ、「視聴者が語ってほしかった」という点では、小山さんに対する不満のほうが大きいでしょう。小山さんには、昨年も旅館で派手な宴会をしたときの音声流出騒動があり、そのことに関してコメントをしていなかったのです。

「そもそもどういう知り合いなの?」「何が目的の飲み会なの?」「飲み会だけでその先はなかったの?」「旅館のとき、未成年はいなかったの?」「他に未成年女性の知り合いはいるの?」

2度の音声流出騒動に見舞われた小山さんは、すでに「これらを説明しなければ、信頼を取り戻せない」という苦境に陥っています。どんなに反省して変わった姿を見せても、過去の疑念を晴らしておかなければ、本当の信頼は得られません。だからこそ、クライシス・コミュニケーションでは、できる限りのことを開示して、膿を出し切っておくことが大切なのです。

タレントキャスター化を進める日テレの落とし穴

少し目線を変えると、「news every.」を放送している日本テレビは、この1カ月あまりで大きなダメージを受けました。

山口達也さんの騒動による「ZIP!」と「ザ!鉄腕!DASH!!」へのダメージ。さらに今回の騒動では、「news every.」に加え、NEWSの楽曲「BLUE」をテーマソングとして起用したサッカーワールドカップロシア大会の日本テレビ系中継、7月スタートの加藤シゲアキさん主演ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」もダメージをくらってしまったのです。

しかし、これは裏を返せば、「さまざまなジャンルの番組にジャニーズ事務所のアイドルを起用したからであり、そのリスクを承知で勝負していた」ということ。特に日本テレビはアイドルに限らず、朝の「スッキリ」から夜の「NEWS ZERO」まで、報道・情報番組におけるタレントのキャスター起用が多いだけに、起きるべくして起きたことと言えます。

そもそもキャスターはニュースの専門家であり、信頼性や説得力のために「他ジャンルの番組には出ない」のが普通の職種。海外の人々から見たら、日本テレビの成功を受けてタレントのキャスター起用が相次ぐ日本は異様な現象でもあり、安易な視聴率対策やショーアップ化は、そろそろ見直すべき時期に来ているのかもしれません。

現在、多くの視聴者が報道・情報番組に求めているのは、安心・安全と信頼性。テレビや新聞などの既存メディアに不信感が芽生え、ネットに玉石混交の情報が飛び交う中、報道・情報番組のキャスターには、安心・安全と信頼性を体現する人物がフィットするもの。しかし、そこにはまる人物を見つけられないのが、民放各局の課題となっています。

もう1つ挙げておきたいのは、ジャニーズ事務所の対応。今回のスピーディな対応とマスコミ向けの文書は、山口達也さんの騒動時と比べると進歩を感じさせました。

しかし、初動対応としては、おおむね問題ないものの、ディテールには疑問符をつけたくなってしまったのも事実。ジャニーズ事務所も前述した視聴者が知りたい核心に触れず、NEWSの過去もスルーしました。特に「未成年飲酒騒動がきっかけで2人のメンバーが抜けた」という過去は、今回の騒動とは切り離せない過去であり、なかったことにしてはいけないはずです。

それ以外にも3人のメンバーが脱退して当初の9人から4人に減ったこと、残ったメンバーも女性スキャンダルが続いていたことなど、マネジメントがうまくいっていないことは明らか。しかし、グループのマネジメントを手掛けるジャニーズ事務所が、その失敗を認めることはありません。

近年、ジャニーズ事務所の騒動を立て続けに見てきた人々は、「それらが個人の問題ではなく組織的な体質によるもの」と感じるようになりました。「組織的な体質改善が必要」「それができなければブランドイメージは低下する一方」という意味では、どこか日大の構図と似ています。ジャニーズ事務所は、所属タレント以上に、組織自体のダメージコントロールを考えたほうがいいのではないでしょうか。

「未成年が嘘をつく」リスクは芸能人の共通認識

87b877316272c00fdd64287c3581e29a - やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

昨年から今年にかけて、狩野英孝さん、小出恵介さん、山口達也さんに、未成年女性との淫行や強制わいせつ騒動がありました。今回の小山さんと加藤さんは飲酒のみではありますが、私たちが考える以上に芸能人たちと未成年の接点は多いようです。

しかし、私が知る限り、テレビ出演の多い芸能人たちは、「未成年が年齢を偽って飲みの席に来ることは、珍しいことではない」「だから気をつけなければいけない」というのが共通認識。未成年をターゲットに入れたアイドルなら、なおのことであり、関係者からも注意を受けているでしょう。

それでもリスクを排除できないのは、芸能人になったときの「目立ちたい」「モテたい」という気持ちなのか。それとも、日ごろの仕事やプレッシャーによるストレスなのか。いずれにしても、人気商売に従事するプロフェッショナルらしからぬ脇の甘さを感じざるを得ません。

今ごろ、芸能事務所の内部で「ウチは気をつけろ」という声が間違いなく飛び交っているでしょう。それでも他山の石とはならないところに芸能界の難しさがありますが、それは一般企業も似たところがあるのではないでしょうか。

今回の騒動は、単なる未成年の飲酒だけでなく、マネジメントサイドの問題点を考えさせるものであり、みなさんも「ウチの会社は性善説で任せてしまっていいのか?」と考えるきっかけになる気がしています。

 

やはりジャニーズ事務所の対応は甘いとしか言いようがないと思いませんか?加藤さんは日テレで連続ドラマが始まる為なのかは分かりませんが「厳重注意」だけ。8日はグループのコンサートがあるという。ジャニーズ事務所としては賠償などの事もあるのかも知れませんが二人とも活動自粛どころか当面、謹慎とか解雇ではないですか?一般社会なら…


bgt?aid=180507827802&wid=001&eno=01&mid=s00000018747001004000&mc=1 - やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

0 - やっぱりジャニーズの対応は甘すぎる NEWS 小山・加藤への対応

 

関連記事:所属しているグループ名『NEWS』で自分たちがNEWSソースになってどうすんだ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




 

google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー