Reading Time: 2 minutes



放送作家として第一線で活躍されている鈴木おさむさん。その鈴木おさむさんの初監督作品”ラブ×ドッグ”が5月11日に公開されますね。鈴木おさむさんの初監督作品とは意外な感じですが、数多くの映画やドラマの脚本も手掛けていらっしゃるので面白そうな映画ですね。

大人女子のラブに笑いをトッピング

月刊イオンエンターテイメントマガジンより引用

『新宿スワン』などの脚本も手掛ける人気放送作家の鈴木おさむが、自身の脚本を映画化した『ラブ×ドック』で映画監督デビュー。大人向けのラブムービーとなっている。

「いまも巷に10代キャラのキラキラ恋愛映画があふれていまが、それを最初に観ていた世代はいま30代半ばぐらいのはず。その世代が観たがる、次のステージの恋愛映画があっていいのでは。と。そこでアラフォーの女性がタイプの違う3人の男性と恋をして、恋愛を診断するクリニックに行き着く、という設定にしました」

脚本だけの予定が監督もする事になった理由は?

自分の好きな要素やモノを詰め込んだのですが、恋愛って究極の個人の趣味や主観なんですよね。普通は監督が言うまま、作品がよくなるなら何度でも書き直しますが、こと恋愛に関しては、折衷案が見つからない気がして。そこで自分でやろう、と

映画監督は初めてだがさして苦労はなかったようだ。

これまで舞台の演出もしていましたし、バラエティーの経験もあったので、ある程度のピースは埋まりました。

3年前の吉田羊にオファーをしたという先見の明も流石!

3年前の吉田羊にオファーをしたという先見の明もさすがだが、恋人役の吉田剛太郎や、玉木宏、野村周平が演じている”濃いキャラ”もたまらない。特に印象的なのがそれぞれのキスシーン!

「キス大喜利」と呼んでますが、脚本を書く段階で一番こだわった点ですね。最近は恋愛ドラマがパロディにされることってあまりないのですが、そういうことをされるような、少し行きすぎてたり、演出過多だったりする。”アク”というか、強い印象が欲しかったですよ。玉木さんがぐいぐいいくシーンは、撮影で怒られるかもと思ったけど、本人は完全に吹っ切れていて見事なキスぶりでしたね(笑)

ヒロイン、飛鳥の”気づき”も超リアル!

そんなキスシーンも必見だが、ヒロイン、飛鳥の”気づき”も超リアル!

美人が絶対に幸せになれるわけでも、金持ちと結婚して幸せになれるわけじゃない。40歳にもなるといろんなことに気づくというのもテーマの一つです。ラブコメと言っているけど、僕はあくまで恋愛映画が撮りたかった。笑いはほんのトッピングです。


bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001130000&mc=1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

0 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

ラブ×ドッグ ストーリー

公式HPより引用

とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意昧のある場所。

ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!人生を楽しみたい!
でも理想と現実がかみ合わない…。そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメティ!

ラブドックとは?!

lovedoc title - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

年齢不詳の美女・冬木玲子院長(??歳)、ミッキーと呼ばれる美青年の助手・桜木(24)によって運営されている。クリニック内は真っ白でシンプルな空間で、巨大な金魚の水槽が何かを象徴するように設置されている。
顧客の髪の毛から事前に遺伝子を分析し恋愛遺伝子のタイプを調べ、カウンセリングを行う。恋愛にまつわるさまざまなオリジナル商品があり、特別な顧客のために血液と遺伝子細胞を分析して「危険な恋を抑制する薬」を作成・販売(注射1本25万円)している。
色々と怪しい、だけど気になるクリニック。

bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001130000&mc=1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

0 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

出演キャスト

cast img1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

吉田 羊 2月3日生まれ。福岡県出身。97年に舞台でデビュー。約10年間舞台を中心に活躍し、07年から活動の場を映像にも広げ、着実に出演数を重ねて、14年大ヒットドラマ「HERO」(CX)で一躍その名を知られる。『映画ビリギャル』(15年)で、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、第58回ブルーリボン賞助演女優賞などを受賞。16年は、大河ドラマ「真田丸」(NHK)に出演、『嫌な女』で映画初主演、「コールドケース~真実の扉」(16・WOWOW)で連続ドラマ初主演、「メディカル・チーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(CX)で地上波連続ドラマ初主演を務めるなど文字通りの大ブレイクを果たした。本作『ラブ×ドック』は映画では初の単独主演作となる。その他、近年の主な出演作に『HERO』(15)、『SCOOP!』(16)、『ボクの妻と結婚してください。』(16)などがある。公開待機作は『恋は雨上がりのように』『コーヒーが冷めないうちに』(18)。

 

cast img2 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

野村周平 1993年11月14日生まれ。兵庫県出身。10年に俳優デビューし、12年、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で注目を浴びる。近年の主な出演作に、『日々ロック』(14)、『映画 ビリギャル』、『恋仲』(15・CX)、『ちはやふる 上の句/下の句』『森山中教習所』『ミュージアム』(16)、『帝一の國』『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』(17)、『ちはやふる-結び-』(18)がある。公開待機作に『ビブリア古書堂の事件手帖』(18)。

cast img3 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

玉木 宏 1980年1月14日生まれ。愛知県出身。01年、『ウォーターボーイズ』で注目を集め、テレビドラマ「のだめカンタービレ」(06・CX)で人気を不動のものとする。近年の主な出演作に、『幕末高校生』(14)、『神様はバリにいる』(15)、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15-16)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(16)、「キャリア~掟破りの警察署長」(16・CX)、「女の勲章」(17・CX)、「鬼畜」(17・EX)、『(悪)と仮面のルール』(18)、「あなたには帰る家がある」(18・TBS)、『ラプラスの魔女』(18)など。

 

cast img4 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

吉田鋼太郎 1959年1月14日生まれ。東京都出身。97年に劇団AUNを結成。蜷川幸雄演出作など舞台を中心に活躍。第6回読売演劇大賞優秀男優賞、第36回紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門などを受賞。「半沢直樹」(13・TBS)、NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14・NHK)などのヒットドラマに出演し大人気を博す。近年の主な出演作に、『新宿スワン』(15・17)、『帝一の國』『三度目の殺人』『ミックス。』(17)、『嘘を愛する女』(18)など。公開待機作に『OVER DRIVE』(18)。

cast img5 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

広末涼子 1980年7月18日生まれ。高知県出身。95年にテレビドラマ「ハートにS」(CX)でドラマデビュー。97年『20世紀ノスタルジア』で映画初主演を果たし、第21回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、その年の映画賞新人賞を総なめにする。近年の主な出演作に、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画『おくりびと』(08)、『ゼロの焦点』(09)、『鍵泥棒のメソッド』(12)、『はなちゃんのみそ汁』(15)、『ミックス。』(17)、『終わった人』(18)、テレビドラマ「奥様は、取扱い注意」(17・NTV)などがある。

cast img6 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

成田 凌 1993年11月22日生まれ。埼玉県出身。13年より雑誌「MEN`sNon-No」(集英社)専属モデルとして活動をスタートし、14年「FLASHBACK」(フジテレビNEXT smart)で俳優デビュー。その後もドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(16・NTV)、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-3rd season」(17・CX)等に出演し一気にブレイク。映画では声優を務めた『君の名は。』(16)、『キセキ−あの日のソビト–』(17)、『ニワトリ★スター』(18)、『ここは退屈迎えに来て』(18)等に出演。今年も話題作への出演が相次ぐ、今最も注目される若手俳優である。

cast img7 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

大久保佳代子 1971年5月12日生まれ。愛知県出身。お笑いコンビ「オアシズ」のメンバー。1992年に幼なじみであった光浦靖子とコンビ「オアシズ」を組み同年デビュー後は「めちゃ2イケてるッ!」などにレギュラーとして出演。2013年にもっともブレイクしたタレントに選ばれた。現在は「ノンストップ」、「ゴゴスマ」など多数のテレビ番組にも出演。女優としても「嫌われ松子の一生」(06)「クロサワ映画」(10)や「闇金ウシジマくん Part2」(14)などの映画にも出演、活躍の場を広げている。


bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001130000&mc=1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

0 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

鈴木おさむ原作・脚本作品見るならこちら

新宿スワン

2014年 見放題
綾野剛が夜のスカウトマンを熱演!園子温監督の濃すぎる世界観で鮮烈な生き様を見せる
見どころ
和久井健の人気漫画を原作に、新宿・歌舞伎町に生きる男たちの熾烈な争いを描く。主演を務める綾野剛のほか、山田孝之、伊勢谷友介、沢尻エリカら豪華キャストが集結!
ストーリー
新宿・歌舞伎町でチンピラに絡まれた龍彦は、助けてくれた真虎にクラブホステスのスカウトをしないかと誘われる。運も金もなくドン底にいた龍彦は、スカウトマンになることを決意するが、風俗嬢のアゲハを助けたことから、皮肉な運命に翻弄されていく。
2018年11月19日 23:59まで配信 PG12 ©2015 「新宿スワン」製作委員会


bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001130000&mc=1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

0 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

ビー・バップ・ハイスクール

2004年 見放題
石原さとみ・窪塚俊介のツッパリ青春ドラマ
見どころ
ツッパリ高校生コンビの痛快青春アクションをお届け!浩志役には、この作品がデビュー作となった窪塚俊介。徹役には松尾敏伸、マドンナ・今日子役には石原さとみが扮する。
2018年6月30日 23:59まで配信 ©TBS

ボクたちの交換日記

2013年 見放題
ウッチャンこと内村光良監督が、売れない芸人たちの友情と挫折を描く!
見どころ
お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が「ピーナッツ」以来7年ぶりに監督。お笑いを知り尽くした彼ならでは細やかな描写が光る。長澤まさみほか出演陣も豪華。
ストーリー
家族やカップルで賑わう遊園地のステージで、コントを披露する「房総スイマーズ」の田中と甲本。30歳を目前にしても一向に売れる気配がない二人は、交換日記を始めることにする。徐々に本音をぶつけ合えるようになった二人は、夢に向かって再び走り出すが…。
ここがポイント!
主人公を演じる伊藤淳史と小出恵介は、撮影の数カ月前からコントの練習をしていた。
2019年2月18日 23:59まで配信 © 2013「ボクたちの交換日記」製作委員会


bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001130000&mc=1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

0 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

ハンサム★スーツ

2008年 見放題
着るだけで完璧なハンサムに変身!?谷原章介と塚地武雅が変身前後の二人一役を好演!
見どころ
人気放送作家の鈴木おさむが脚本を手掛け、「ヒロイン失格」の英勉が監督を務めたコメディ。コンプレックスと変身願望をテーマに、ハートウォーミングなドラマが展開!
ストーリー
母親が残した定食屋を営む心優しいブサイクの琢郎。女性とはまったく縁のなかった彼だったが、新人アルバイトの美人・寛子ちゃんに恋をしてしまう。そんなある日、着るだけでハンサムになれるというスーツを手に入れ、誰もが振り向くハンサムに変身するが…。
2018年11月30日 23:59まで配信 © 2008『ハンサム★スーツ』製作委員会


bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001130000&mc=1 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

0 - 鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ

関連記事:U-NEXTポイントで映画館に行こう!


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー