Reading Time: 1 minute



名探偵コナン:作者がサプライズ登場 療養&充電後も「心配はゼロ」 高山みなみ、上戸彩も祝福

MANTANWEB 2018年04月03日配信記事より引用

6 - GWは映画を楽しみましょう!③

劇場版アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」の完成披露舞台あいさつに登場した(前列左から)青山剛昌さん、上戸彩さん、江戸川コナン、博多大吉さん、(後列左から)小山力也さん、山崎和佳奈さん、高山みなみさん、古谷徹さん

人気マンガ「名探偵コナン」を「病気療養と充電」のため、昨年12月から休載し、1日に約4カ月ぶりの連載再開が明らかになったマンガ家の青山剛昌さんが3日、東京都内で行われた劇場版アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督、13日公開)の完成披露舞台あいさつにサプライズで登場し、会場を沸かせた。青山さんは映画タイトルにかけて「見ての通り元気ですので、連載も再開しましたので、心配はゼロです」と元気な姿を見せた。

舞台あいさつには主人公・江戸川コナンの声優の高山みなみさん、映画のゲスト声優を務めた上戸彩さんと博多大吉さんらが出席。高山さんは「復帰おめでとうございます。でも、休んでいる間も仕事していたじゃないですか。だから連載を休んでいた間も、書き下ろしをたくさん見かけた気がします。あまり無理をなさらず、続けてください」とエールを送った。また上戸さんは「復帰おめでとうございます。お帰りなさいませ」と祝福し、「コナンって年々、人気が上がって、たくさんの方に愛されているなってつくづく感じました。また感動を届けてください」とコメント。上戸さんのファンだという青山さんは「分かりました」と一礼し、「照れちゃうな」と目尻を下げていた。ほかに毛利蘭役の山崎和佳奈さん、毛利小五郎役の小山力也さん、安室透役の古谷徹さんが出席。山崎さんは「(青山さんは)いつも忙しくて、みんなの飲み会に来られなかったのに、休んでいたとき来られていた」と暴露し、会場の笑いを誘った。

「名探偵コナン」の連載は、11日に発売されるマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)20号で再開する。

「ゼロの執行人」は、東京サミットの会場である巨大施設「エッジ・オブ・オーシャン」で突然、爆破事件が発生。そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった……と展開する。安室は、毛利小五郎に弟子入りした私立探偵「安室透」、黒ずくめの組織のメンバー「バーボン」、公安警察の「降谷零」と“トリプルフェイス”を持つ重要人物。不穏な動きを見せる安室に、コナンたちが翻弄(ほんろう)される中、爆破事件の容疑者として小五郎が逮捕されてしまう。小五郎の無実を証明するため真実を追求するコナンと、その前に立ちはだかる安室がぶつかり合う姿が描かれる。

bgt?aid=170717325744&wid=001&eno=01&mid=s00000013825001054000&mc=1 - GWは映画を楽しみましょう!③

0 - GWは映画を楽しみましょう!③

上戸彩「名探偵コナン」原作者・青山剛昌の復帰を祝福「おかえりなさい!」

映画.com ニュース 2018年4月3日 20:42配信記事より引用

[映画.com ニュース] 「名探偵コナン」劇場版シリーズの最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」の完成披露試写会が4月3日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、ゲスト声優として参加した上戸彩博多大吉博多華丸・大吉)、レギュラー声優陣の高山みなみ山崎和佳奈小山力也古谷徹が出席した。

9k= - GWは映画を楽しみましょう!③

原作者・青山剛昌の復帰を祝福

「名探偵コナン」劇場版シリーズ第22弾となる今作は、メインキャラとして3つの顔を持つ謎の男・安室透が登場し、コナンと公安警察の対立を描く。イベントはタイトルの「ゼロの執行人」にちなみ、3分間のカウントダウンからスタート。「ゼロ」が表示され、福山雅治の主題歌「零 -ZERO-」が流れるオープング映像が上映された後、上戸らが煙幕の中から姿を現した。「名探偵コナン」シリーズの声優を務めるのは12年ぶりとなった上戸は「また声をかけてくださったスタッフの皆さんに心から感謝すると同時に、このお話を頂いた時、友達の子どもに自慢したんです。今、その子が見に来てくれているんです。今日という日を迎えられたことをすごく嬉しく思います」と思いの丈を述べていた。「僕には命をかけて守らなければならない興収がある!」と宣言したのは、安室に息吹を注いだ古谷。第21作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」が昨年の邦画興収1位(68億9000万円)、シリーズ最高記録を更新したことから「この『ゼロの執行人』はその興収を維持、いや、凌駕しなければならない使命があるんです。是非皆さんのお力をお借りしたい」と熱弁すると、コナン役の高山は「(本作は)本当にすごいです! 一言一言を聞き逃さずに、最後の最後まで、隅の隅まで楽しんでいただきたいです」と仕上がりに自信をにじませていた。

この日は昨年12月からの休養を経て、11日発売の「週刊少年サンデー」(小学館)で「名探偵コナン」の連載を再開させる原作者・青山剛昌氏がサプライズで登場。「見ての通り、元気です。連載も再開しましたので、心配は“ゼロ”です」と語ると、客席は大盛り上がり。本作の見どころについて「ラスト近くの安室とコナンの会話。安室のセリフが格好いいんで、お楽しみに!」と答えると、上戸は「復帰おめでとうございます、お帰りなさいませ! 『名探偵コナン』は年々人気があがってきて、たくさんの方に愛されているなって感じています。これからも感動を届けてください。待ってます」とほほ笑みかけていた。

「復帰おめでとうございます。休んでいる間も、実はすごく仕事をしていたじゃないですか。あまり無理をならさず、長く長く続けてください」(高山)、「先生が休んでいた時には、いつも忙しくて来れなかった皆との飲み会にきてくれましたよね。それはそれで嬉しかったんです。お体に気をつけて、たまには皆との飲み会にも顔を出してください」(山崎)とねぎらいの言葉を次々と受けた青山氏。ステージに設置された地球型のドローンを起動させる際には、以前から大ファンだという上戸とともに「コナン、ギガヒット!」と声を合わせて、本作の大ヒットを祈願していた。

名探偵コナン ゼロの執行人」は、4月13日から公開。


bgt?aid=170717325744&wid=001&eno=01&mid=s00000013825001054000&mc=1 - GWは映画を楽しみましょう!③

0 - GWは映画を楽しみましょう!③

関連記事:4月のdTVは劇場版名探偵コナンの一気見ができます!


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー