Reading Time: 2 minutes



2018年のGWの予定はお決まりですか?旅行に行く方はもう当然決まっているとは思いますが…”GWは何処へ行っても混んでいるし”、”計画をするのは面倒だし””料金も高くなったりするんじゃないの?”なんて方は映画で楽しんで見ては如何ですか?映画館に行くのもメンドクサイ方は自宅で映画でも見てみませんか?

GWは映画で楽しみましょう!

GW期間向けの映画は洋画も邦画も沢山、公開されますね。その中でお節介オヤジの青春時代に夢中になったお笑いコンビがとんねるず。長年続いたレギュラー番組も終わってしまって残念ではありますが、そのとんねるずの芸達者の”のりさん”こと木梨憲武さん主演の映画が公開されますよ!

映画 いぬやしき

TOHO theater LISTより引用

STORY

人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?
定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。強大な力を手に入れた二人が、いま、それぞれの想いで動き出す―。

映画”いぬやしき”企画のはじまり

いぬやしき公式HPより引用

この映画の企画が立ち上がったのは2015年初頭。佐藤信介監督と仕事をするチャンスをもらった梶本圭プロデューサーは、すぐさま「いぬやしき」の映画化を思いついた。『それ以前に原作を読んでいて、この世界観を映画にするのは、製作費もかかるし難しいと思いました。でも監督なら作れるかもしれないと、ダメ元でお願いしたら快諾いただいたんです』。監督もまた、原作をすでに読んでいたという。『日常から始まる家族の話で、そこにありえない要素が入ってくる、驚きのある物語ですよね。また主人公の犬屋敷だけでなく獅子神の背景も描かれた二軸構成になっていて、この二人がぶつかるところも面白いと思いました』。そこから脚本作りとキャスティングがスタートしたのである。

のりさんのキャスティング理由は?

p5 - GWは映画で楽しみましょう!主人公・犬屋敷壱郎役については、原作者・奥浩哉から“生粋の俳優ではなく、意外性と話題性を備えた人にしてほしい”という要望があった。そこから人選を始めた梶本プロデューサーは、TV「世にも奇妙な物語2015 傑作復活編」の「思い出を売る男」に主演した、木梨憲武の演技に注目した。『木梨さんにはもっと若いイメージがありましたが、これは老け込んでしまう役だったんです。それがリアルで犬屋敷にピッタリだと思いました。奥先生に提案したら、すぐにOKの返事が返って来たんです。たまたま先生も同じドラマを観ていて、僕とイメージが合致したんです』。監督は木梨の名前が挙がったとき、最初は年齢のこともあり、意外な感じがしたというが、ドラマでの演技の渋さに心を動かされた。だが木梨本人は、映画主演は2002年の市川準監督作「竜馬の妻とその夫と愛人」以来でもあり、すぐに出演OKとはいかなかった。『しかし家族で食卓を囲んでいた時に、この映画の主役の話が来ている事を木梨さんが伝えると、お子さんたちが原作のファンで“絶対やった方がいい”と言ってくれたんです。そんな後押しもあって原作を読んで、木梨さん自身も面白いと思って出演を決めてくれました。ですからご家族のおかげなんですよ』(梶本P談)。

リアルすぎる新宿の街

p7 - GWは映画で楽しみましょう!

クライマックスは新宿の街で、犬屋敷と獅子神の空中戦が展開する。そのため実際の新宿の街を細部まで再現する必要があった。『新宿の街は完全にCGで作りました。まず僕のアイデアを入れた空中戦の絵コンテをアメリカ在住の韓国人Dwight Hwangが描いて、それを基にプレヴィズ(映像コンテ)を作る。これを基にCG映像を仕上げていくんですが、プレヴィズの映像だと、まるでゲーム画像のような感じになってしまうんです。それをもっと地に足が付いたものにするために、修正を加えてCG班とキャッチボール作業をしながらバランスを取りました。CGで作ると映像自体は綺麗ですごいけれども、リアリティがなくなる。それを現実の新宿に近づけていく加減が難しいんです。また飛んでいるスピード感でも、犬屋敷は自分の能力を思うように使いこなせないという設定ですから、ただスピードが速ければいいというわけではなく、超速で飛ぶ獅子神と飛び方に差を出したり、キャラクターに合った飛び方の表情をどこまで、出せるか、そこでセンスが試されるんです』(監督談)。実際の新宿ではなかなか見られない空からのアングルで、二人がどんな戦いを繰り広げるのか。そのリアルな街と映像も見どころだ。

のりさん出演した作品はVODで楽しみましょう!

※配信されている動画情報は2018.04.03午前5時現在の情報です。配信期間については各公式サイトでご確認下さい。

木梨憲武 Inspiration Only

2c2c2990d3d2b8ba4a0990ab1a12d19a - GWは映画で楽しみましょう!Huluオリジナル 0 - GWは映画で楽しみましょう!日本で唯一、ARTとENTERTAINMENTを融合させる男、アーティステイナー「木梨憲武」。彼のアートワーク、アーチストマインド、その全てに迫るドキュメントエンタメ、それが「木梨憲武 Inspiration Only」。木梨憲武のアートのキーワードは「Inspiration」。果たして彼がどのようなことにInspirationを感じるのか? その結果何が生まれるのか? 単純に彼のアートワークを追いかけるのではなく、番組としては、木梨憲武のスイッチが入る瞬間を求めて様々なアプローチを彼に仕掛けて行きます。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
0 - GWは映画で楽しみましょう!

bgt?aid=170717325749&wid=001&eno=01&mid=s00000017877001004000&mc=1 - GWは映画で楽しみましょう!

0 - GWは映画で楽しみましょう!

ファインディング・ドリー

ディズニー/ピクサーによるアニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作から1年後。家族のいないナンヨウハギのドリーが、幼少期の秘密を解く鍵を求めて、カクレクマノミの親子マーリン&ニモと共に再び大海原へ旅立つ。監督は、前作に続きアンドリュー・スタントン。共同監督に「ニセものバズがやって来た」のアンガス・マックレーン。前作でドリーの声を務めたエレン・デジェネレスが続投。日本語吹替版でも前作に続き、ドリーの声を室井滋、マーリンの声を木梨憲武が担当する。

あらすじ

カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、愛する息子ニモを人間の世界から救出した奇跡の冒険から1年。ニモのいちばんの親友ドリーは、何でもすぐに忘れてしまう忘れんぼうだったが、ただひとつ忘れなかったのは“家族の思い出”であった。だがどうしてその思い出だけを忘れなかったのか……。そして、ドリーの家族はいったいどこに……。そんな中、ドリーとニモ、ニモの父マーリンは、ドリーの幼少時の謎を解き明かそうと再び大海原に旅立つ。だがその秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた……。

ファインディング・ドリー見るなら【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
0 - GWは映画で楽しみましょう!
bgt?aid=170717325744&wid=001&eno=01&mid=s00000013825001054000&mc=1 - GWは映画で楽しみましょう!

明日の記憶

第18回山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名長編を原作に、『トリック』や『ケイゾク』の堤幸彦監督が映画化した人間ドラマ。若年性アルツハイマー病に侵された男と、ともに喪失を乗り越えようとする妻の夫婦の情愛をたおやかに描く。互いを受け止め合い、痛みを共有する熟年夫婦を渡辺謙と樋口可南子が好演。人を愛することの根源的な意味を問いかける重厚なテーマを、ソフトな語り口でつづる堤監督の演出手腕が冴え渡る感動作。

あらすじ
広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、いたわる妻(樋口可南子)。彼女は共に病と闘い、来るべき時が来るまで妻であり続けようと心に決めるが……。

出演者

明日の記憶見るなら31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】0 - GWは映画で楽しみましょう!

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - GWは映画で楽しみましょう!

関連記事:楽しくなければテレビじゃない?

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』





0 - GWは映画で楽しみましょう!

google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー