金曜日と言うと昔は”ハナキン”とか言って週休二日制が始まった頃は言ってましたよね。お節介オヤジも週時サイクル(祝日関係なく土日休み)で長い事働いていましたが、最近は定休日なるものがありまして、金曜日=週末って感覚がすっかりなくなってしまいました。紹介する記事の週末スペシャルって文字で本文と全く関係ない事書いてしまいました。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』


bgt?aid=180131371405&wid=001&eno=01&mid=s00000018051001010000&mc=1 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

日経XTECH>モバイル>週末スペシャル>UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?より引用

KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営する格安SIMサービス「UQ mobile」と、ソフトバンクグループの「ワイモバイル」は、それぞれauとソフトバンクのサブブランドとして注目されている。

UQ mobileとワイモバイルは「大手携帯電話会社よりも通信コストが割安」という格安SIMの特徴を備えつつ、全国の実店舗や取扱店で新規契約やスマホ端末の購入ができるなど、大手携帯電話会社並みのサポート力を持つのが強み。他の仮想移動体通信事業者(MVNO)と一線を画す存在となっている。テレビCMを積極的に展開していて知名度も高いため、大手通信会社からの乗り換え先として検討している人も多いだろう。

ただこの2社、いずれも大手携帯電話会社のサブブランドということで共通点も多く、どちらかを選ぶとなると迷ってしまうのも事実。そこで今回は、UQ mobileとワイモバイルが備える特徴をチェックしつつ、よりお得に利用できるのはどちらなのかを探ってみたい。

bgt?aid=170307291211&wid=001&eno=01&mid=s00000010979008004000&mc=1 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

0 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

一般のMVNOにはない強みがある

02 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

サブブランドの特徴まとめ

UQ mobileとワイモバイルは、それぞれau、ソフトバンクというメインブランドのネットワークを利用してサービスを提供している。UQ mobileはauの4G、ワイモバイルはソフトバンクの4Gが提供されているエリアで利用できる。

どちらもメインブランドより割安な料金プランを提供しており、主なプランは通話料割引が組み込まれたセットプランだ。詳しいプラン内容については後述するが、月額料金は2年間の利用を条件に2980円(通信容量は月1GBまで)から。初めてセットプランを契約した場合には約1年間の期間限定ながら毎月1000円の値引きが受けられる。

UQ mobileとワイモバイルではキャリアメール(MMS)を提供しているのも特徴の一つ。キャリアメールとはいわゆる「携帯メールアドレス」で、UQ mobileでは「○○○@uqmobile.jp」、ワイモバイルでは「○○○@ymobile.ne.jp」といったメールアドレスが使える。

独自のメールアドレスを発行するMVNOは他にもあるが、PCメールとして扱われるため、送信相手がキャリアメールを使っていて、かつ迷惑メール設定でPCメールを拒否していた場合、メールが届かない。一方、UQ mobileとワイモバイルのメールアドレスはキャリアメールとして扱われるため、PCメールを拒否している相手でも受信できるのだ。

店舗網が充実しているのもサブブランドの特徴だ。全国の実店舗の数はUQ mobileの「UQスポット」が141店、ワイモバイルの「ワイモバイルショップ」が1596店(ソフトバンクとの合同店を含む)。これらの店舗では、大手携帯電話会社のようにスタッフと対面で新規契約の手続きをしたり、スマホ端末を選んだりできる。この他に、家電量販店やショッピングモールなどの取扱店においても、契約や端末の購入が可能だ。

また、MVNOでは取り扱いが少ないiPhoneシリーズを端末ラインアップにそろえているのもメリット。執筆時点ではiPhone 6sとiPhone SEが販売されている。


確かにキャリアメール相当のサービスを出来る2社は他のMVNO提供会社より有利だとは思いますね。詳しくは調べていませんが(スイマセン)学校関係の連絡網とかで使われているアプリ?で登録できるのがキャリアメールらしいです。そのキャリアメール相当のサービスを提供している【UQmobile】0 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?は小さいお子様をお持ちで携帯料金を安くしたい方には有利かも知れませんね?

料金プランが多いUQ mobileと、メールが標準のワイモバイル

03 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

UQ mobileの料金プラン

ここまではUQ mobileとワイモバイルの共通点だが、違いはどこにあるのか。まずは料金プランだ。

UQ mobileが提供する料金プランは、各通話最初の5分間が無料になる「おしゃべりプラン」と、毎月一定の無料通話分が付く「ぴったりプラン」、通話料割引が付かない料金プランの3タイプ。

通話割引がある2つのプランはそれぞれ、通信容量が月1GBまで(月額2980円)、月3GBまで(同3980円)、月7GBまで(同5980円)の3つに分かれており、月額料金は同じ。ぴったりプランでは月額料金に応じて毎月付く無料通話分が3通りある。

通話料割引が付かない料金プランは、通信容量が月3GBまでの「データ高速」(月額料金は音声付きSIMが1680円、データ通信SIMが980円)、通信速度が上り/下りとも最大500kbpsと遅い代わりに通信容量が使い放題の「データ無制限」(同2680円、1980円)の2種類だ。

通話料は30秒当たり20円で、おしゃべりプランの無料通話時間を超えたり、ぴったりプランの無料通話分を使い切ったりした場合の通話料も同様だ。

また、どのプランも余った通信容量は翌月へ自動的に繰り越される。

なお、UQ mobileでは前述のように「○○○@uqmobile.jp」ドメインのメールアドレスをキャリアメールとして用意しているが、月額200円の有料オプションとなるため、利用するには別途オプション契約が必須だ。

200円が高いのか?その判断は利用する方の判断になるのでしょうか?

bgt?aid=170307291211&wid=001&eno=01&mid=s00000010979008004000&mc=1 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

04 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

ワイモバイルの料金プラン

一方、ワイモバイルのスマホ端末向け料金プランは、各通話最初の10分間が無料の「スマホプラン」のみ。通信容量と月額料金はUQ mobileと同じで、月1GBまで(月額2980円)、月3GBまで(同3980円)、月7GBまで(同5980円)の3通りが用意されている。無料通話時間を超えた場合の通話料は30秒当たり20円だ。ただし、余った通信容量は翌月に繰り越されず、翌月になると消滅してしまう。

なお、「○○○@ymobile.ne.jp」ドメインのキャリアメールは、すべてのユーザーに無料で提供される。

スマホ端末はAndroidのラインアップに違いが

06 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

UQ mobileでは各メーカーのSIMフリースマホや、オリジナル仕様のスマホ端末をそろえる(UQ mobileのWebサイトより)

それでは、スマホ端末のラインアップはどうだろうか。

前述のように、UQ mobileとワイモバイルはどちらもアップルのiPhone 6sとiPhone SEを取り扱うが、Androidについてはラインアップが異なる。

UQ mobileでは、ファーウェイの「P10 lite」「HUAWEI nova 2」やエイスーステック・コンピューターの「ZenFone 4」など、国内外のメーカーが製造・販売するSIMフリースマホが格安スマホとして販売されている。

なかには富士通の「arrows M04 PREMIUM」やシャープの「AQUOS sense」のように、既存のSIMフリースマホをベースにしたUQ mobileのオリジナルモデルもある。

 

 

HUAWEI P10 liteは本当に侮れない!


bgt?aid=170307291211&wid=001&eno=01&mid=s00000010979008004000&mc=1 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

0 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

05 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

ワイモバイルではAndroidが最低1回バージョンアップされる「Android One」が中心(ワイモバイルのWebサイトより)

一方、ワイモバイルにおけるAndroidスマホは、シャープや京セラなどが製造した「Android One」が中心だ。Android Oneはメーカーの独自要素を抑えているのが特徴。発売から36カ月は毎月セキュリティーアップデートが提供されるほか、発売から24カ月の間に1回以上はOSのメジャーアップデートが提供される。

ワイモバイルのAndroid Oneはスペックが高めの「X」シリーズと価格を抑えた「S」シリーズに分かれており、執筆時点では京セラ製の「Android One X3」、シャープ製の「Android One S3」などが販売されている。なお、一部のワイモバイルショップではAndroid One以外のSIMフリースマホを販売している場合もある。

 

 

 

UQ mobileとワイモバイルはどちらがお得?

「サブブランド」としてまとめられることも多いUQ mobileとワイモバイルには、それぞれ独自の特徴がある。

大手携帯電話会社ならではの安心感を残しつつ、通信コストを少しでも安く抑えたいという人は、無料でキャリアメールを使える上、全国に数多くのショップを展開するワイモバイルを選ぶのがいいだろう。スマホ向け料金プランは選択肢がないものの、無料通話時間が10分あるのもメリットだ。

一方、1回の通話時間が10分以上になることが多い人は、UQ mobileを選ぶのがいい。UQ mobileでは毎月一定の無料通話分が付くぴったりプランが提供されており、最大で毎月合計90分まで(月7GBまでのプランLの場合。月額料金は5980円)無料で通話ができる。

またワイモバイルのAndroidは、シンプルでほとんどカスタマイズされていないAndroid Oneに絞った品ぞろえなのに対し、UQ mobileではP10 liteやAQUOS senseといった各メーカーの特徴を備えたスマホ端末を取りそろえている。シンプルさよりも独自の機能を重視してスマホ端末を購入したい人にもUQ mobileはお薦めだ。

出典:日経トレンディネット、2018年03月01日
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


bgt?aid=170307291211&wid=001&eno=01&mid=s00000010979008004000&mc=1 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?

0 - UQ mobileとワイモバイル、違いは? どちらがお得?
関連記事:ヤッパリ速いのはサブブランド?

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー