ブログで口コミプロモーションならレビューブログ#promotion #HUAWEI

IMG 0614 e1519299972793 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました先日、携帯電話キャリア総合ランキング TOP10の中でiPhoneに続く4位にランキングされているSIMロックフリーHUAWEI P10 liteを発売しているHUAWEI JAPANさんにお邪魔しました。目的は格安スマホではなくはハイエンドスマホの「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加させて頂きました。

HUAWEI P10 liteは本当に侮れない!

 

 

「Mate 10 Pro」の高性能はカメラだけじゃない!

参加させて頂いたイベントではブロガー向けと言うことで?性能よりはカメラ(後で書きますが)性能についての説明中心でしたが「Mate 10 Pro」は本当に高性能なスマホだと思いました。

デュアル4G/デュアルVoLTE待ち受け可能

IMG 0505 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

HUAWEI P10LiteのSIMを2枚装填した場合の写真。

SIMを2枚同時待受可能な「DSDS」(Dual SIM Dual Standby)端末が増えています。片側のSIMは3G接続となってしまうため、VoLTEや高速な4Gデータ通信が利用できないのが残念なところでした。日本国内で利用する場合は、SIM1は音声+データ通信、SIM2はデータ通信SIM。つまり動画配信などパケットを消費する場合はデータ通信SIMをデフォルトに切り替えないといけない状態でした。

※写真ではSIM2をデフォルトにしている状態ですが、何故か2G/3G/4Gと表示されている。音声+データ通信対応SIM1は2G/3GとなっているのでSIM1の電話番号に電話をするとデータ通信用ですと案内が流れます。これはP10Liteの事です。

 

6520 1 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

Leicaダブルレンズカメラを搭載した最新スマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」タッチ&トライイベント@九段下

「DSDS」(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に変わる「DSDV」(デュアルSIM・デュアルVoLTE)ではVoLTEの同時待受ができる。4Gを2回線同時待受できる端末は「DSDV」機と呼ばれます。DSDVは2枚のSIMどちらの回線でも4Gのデータ通信とVoLTEによる音声通話をサポートします。従来のDSDS機だと「どちらのSIMを3Gにするか」と悩む必要がありましたが、4G+4Gの2回線待受となることで、SIMや回線の組み合わせが自由自在になります。

IMG 0615 e1519304676753 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

撮影状態が悪く非常に申し訳ないのですが、SIM1、SIM2ともに2G/3G/4Gと表示されています。可能かどうか置いといて…SIM1を個人携帯(プライベート用)SIM2を仕事携帯とすれば2台持ち歩く必要はなくなると言う訳ですね。2台持ちの煩わしさもなくなります。

※格安SIM(MVNO)の対応については、通信会社に確認が必要ですが、大手キャリアからMNPすればコストダウンにつながる事は間違いなさそうですね。

格安スマホで人気のP10liteをより安く使う方法

 

ハイレゾオーディオ

ハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio) とは、CD-DAのサンプリングパラメータ(44.1 kHz, 16bit)よりもレゾリューションが高い(ディジタル)オーディオのこと。略して「ハイレゾオーディオ」、「ハイレゾ音源」または単に「ハイレゾ」と呼ばれることもある。Wikipediaより引用

「Mate 10 Pro」は最大384khz/32bitまでのハイゾレ音源の再生に対応し、原音に忠実な高音質オーディオを体験できる。(Mate 10 Proパンフより)当然と言えば当然ですが「HUAWEI Mate10 Pro」にはUSB Type-C形式のハイレゾ対応イヤホンが付属しています。

インスタ映えする写真が撮れる「HUAWEI Mate10 Pro」

 

IMG 0606 e1519306893922 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

HUAWEI Mate10 Proの売りはやはり、Leicaダブルレンズカメラでしょう!ダブルレンズと言うとiPhone7plusでかなり写真の映りの違いを感じた方も多いとは思います。HUAWEIではダブルレンズを搭載した端末は既に発売されていますが、HUAWEI Mate10 ProはProと言うにふさわしい機能を備えています。

開口部f/1.6の新しいLeicaダブルレンズカメラ、AIによるリアルタイムのシーン・被写体認識、背景ぼかしにより美しく際立つポートレート。

一眼レフのカメラであれこれ設定する必要はありません。HUAWEI Mate10 Proでモード設定をすればプロ級の写真が撮れると思いますよ。

 

フードモードで撮影

m IMG00255 s 0c84f 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

HUAWEI Mate10 Pro フードモードで撮影

m IMG00337 2 1ed9e 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

iPhone7で撮影

微妙に角度は違ってますが写真の映り方が違うのは明らかでは?フードモードを選択するだけでこれだけの違いです。

 

 

 

 

花モードで撮影

m IMG00502 2 50a5e 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

HUAWEI Mate10 Pro

m IMG00544 2 1a9fd 300x300 - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しました

iPhone7で撮影

明らかに白い花で違いがわかりますよね。撮影した照明(普通の会議室の蛍光灯の光)で白がとんでいるのがわかると思います。

 

 

 

 

Leicaとは?

高級レンジファインダーカメラ「Mシリーズ」や一眼レフカメラ「Rシリーズ」、コンパクトカメラプロジェクタフィールドスコープ双眼鏡など、さまざまな製品を開発・販売しており、そのレンズ描写性能などクオリティの高さから現在でもプロカメラマンをはじめアマチュアでもコレクターや愛好者が多い。1930年代 – 1940年代ごろには「ライカ1台あれば家が一軒建てられる」と言われた。例えばアサヒカメラ1939年11月号に掲載されているライカIIIaクローム+エルマー50mmF3.5の価格は820円、ライカIIIaクローム+ズマール50mmF2は1,200円であった。当時小さな貸家が500円で建てられ、1,000円あれば場所にもよるが東京で土地付き一軒家が購入できた[11]。ただし、これには「カメラが高かった」ということだけでなく第二次世界大戦突入によりドイツからの輸入が困難になって価格が高騰した時期であることや、東京の土地が今より格段に安かったという要素もある。

Wikipediaより引用

 

HUAWEI「Mate 10 Pro」基本スペック

HUAWEI Mate 10 Pro 公式サイトより引用

究極のデザイン

6520 top - HUAWEI「Mate 10 Pro」タッチ&トライイベントに参加しましたあなたの見ているものすべてが生き生きとしたものに。HDR 10テクノロジーであなたの映像体験が驚くほどに変わります。

HUAWEI FullView ディスプレイは、18:9のアスペクト比、狭いベゼル、HDR10テクノロジーを搭載した魅力的で新しい感覚の6インチスクリーン。

 

 

 

 

象徴的なクラフトマンシップ

シグネチャーストライプは、センターに配したデュアルレンズカメラを強調し、完璧なシンメトリーを持つデザインを体現しています。人間工学に基づいた湾曲したガラスは、手のひらにフィットし、美しいデザインであなたを魅了します。

最先端のマテリアル

HUAWEI Mate 10 Proは、エレガントなデザインを実現するため、前面と背面の両方が強く丈夫なガラスで覆われています。 革新的な技術を要して、丈夫なリアガラスを700°Cまで加熱し成形することで、究極のスタイルを実現しています。

あなたの毎日の生活が変わる

IP67定格の耐水性能と防塵性を備えたHUAWEI Mate 10 Proは、いろいろなライフスタイルに対応できます。*
*本機は管理された条件下で試験を実施し、特定の状況下における防滴、防水、防塵の認定を受けています(国際規格IEC60529に基づく等級IP67の要件を満たしています)。防滴・防水・防塵性能は、永続的に維持されるものではなく、通常の使⽤により耐性が低下する可能性があります。ご使用の際はカードスロットは確実に閉めてください。海水、プール、温泉の中につけないでください。端末は濡れた状態で充電しないでください。液体による損傷は保証の対象になりません。

インテリジェントパフォーマンス

世界初のKIRIN AIプロセッサは、より速く、より強く、シームレスな体験をもたらします。

Kirin 970プロセッサは、専用のNPU (Neural-Network Processing Unit) を使用して、AI コンピューティングプラットフォームを通じて速度や応答性効率を向上させます。

パフォーマンスは新しいステージへ

HUAWEI Mate 10 Proは、スマートで迅速、かつ適応性があり、状況を即座に理解して対応します。最先端の10nmプロセスによるオクタコアCPUと12コアGPUを搭載し、ずっと少ない電力消費で閃光のような処理速度を実現。
NPUは、AIの計算における電力効率を50倍、パフォーマンスを25倍に向上させる飛躍的な技術です*。HUAWEI Mate 10 ProのNPUは一般的なクラウドベースのAIから独立して処理するため、プライバシーも保護されます。
HUAWEI-Mate-10-Pro-performance
HUAWEI-Mate-10-Pro-performance
*当社試験基準に基づく測定結果。同じAI計算シナリオにおける Cortex A73 クアッドコアCPUとの比較。

 

あなたのスマートフォンをいつも最高の状態に保つ

KIRIN970は、あなたがHUAWEI Mate 10 Proをどのように使用するかを理解し、最も効率的なモードを予測し、パフォーマンスを最適な状態に保ち続けます。

スマートなバッテリー管理により、ヘビーユーザーでも一日フルに使える電池持ち。

  • 4000mAh*
  • スマートパワーマネージメント
  • HUAWEIスーパーチャージ
  • TÜVの安全認定

 

*当社試験基準に基づく測定結果。電池時間は実際の使用状況によって異なります。
*当社試験基準に基づく測定結果。試験環境:温度25℃、相対湿度45%〜80%。HUAWEIスーパーチャージ充電器 (同梱) を使って、電池残量1%からLTE待受け状態で充電した結果。

長持ちするように設計されたバッテリー

業界をリードする4000mAhの大容量バッテリーとスマートなバッテリー管理を組み合わせることで、ユーザ挙動の学習に基づくインテリジェントなリソース配分により、電力の無駄を最小限に抑え、バッテリー時間を最大化します。

安全な急速充電

HUAWEIのスーパーチャージは、約20分の充電で丸1日使える急速充電技術で*、その15層の安全システムはテュフ ラインランドにより認定されています。HUAWEI-Mate-10-Pro-battery

*当社試験基準に基づく測定結果。電池時間は実際の使用状況によって異なります。
*当社試験基準に基づく測定結果。試験環境:温度25℃、相対湿度45%〜80%。HUAWEIスーパーチャージ充電器 (同梱) を使って、電池残量1%からLTE待受け状態で充電した結果。
*上記の全てのデータは当社試験基準に基づく測定結果から得られた理論値です。詳細は、上記の各機能説明をご参照ください。実際のデータは、個々の製品、ソフトウェアのバージョン、アプリケーションの条件、および環境要因により変動します。全てのデータは実際の使い方により変動します。

インテリジェントカメラ

カメラを向けてシャッターを切るだけですべての瞬間を完璧に捉える

  • 開口部f/1.6の新しいLeicaダブルレンズカメラ
  • リアルタイム被写体認識
  • AIによる美しい背景ぼかし

AIで進化した撮影機能について

HUAWEIのAI機能と新しいLeicaダブルレンズカメラにより、優れた画質を簡単に捉えることができます。

開口部f/1.6の新しいLeicaダブルレンズカメラ

開口部f/1.6の新しいLeicaダブルレンズにより、深い背景ぼかしの入った美しい写真や、ローライトシーンでの鮮明な写真、動きのある被写体でもブレのない写真を簡単に撮ることができます。2000万画素モノクロセンサーと1200万画素RGBセンサー、さらには光学手振れ補正機能が、より多くの光を取り込み、高い描写力を実現します。

AIによるリアルタイムのシーン・被写体認識

インテリジェントな写真アルゴリズムにより、HUAWEI Mate 10 Proは様々な種類のシーンや被写体*をリアルタイムで自動判別し、色、コントラスト、明るさ、露出などを自動的に調整して、鮮明、シャープで、完璧なフレーミングの画像を生成します。
*花、青空、植物、夜景、フード、日の入り/日の出、文字、ビーチ、雪、ポートレートなど。 

背景ぼかしにより美しく際立つポートレート

HUAWEI Mate 10 ProはAIが画像のデータキャッシュからポートレートを「識別」することで、背景ぼかし効果の範囲を調整し、被写体に継ぎ目なくピントの合ったプロフェッショナルな背景ぼかし効果をポートレートおよびセルフィー写真で実現します。
※カメラ撮影の写真についてはHUAWEI Mate 10 Pro 公式サイトをご確認頂けるとより分かりやすく綺麗なphotoがご覧になれます。

インテリジェントなモバイル体験

何時でも何処でもつながったまま

  • 素晴らしい接続性
  • よりクリアな音声
超高速のダウンロード速度と優れた通話品質をお楽しみください。

より速く、より安定した接続性

インテリジェントなセルサーチとハンドオーバー技術により、あなたが高速で移動している場合でも、HUAWEI Mate 10 Proの通信は安定します。

非常にクリアで聞き取り易い

HUAWEI Mate 10 Proに向かって話された音声は、かすかな囁き声でさえ相手側ではっきりと聞こえます。 HUAWEI Mate 10 ProのAI技術は、低音量の通話を強化し向上させます*。ノイズの多い通話も**、AIにより進化した環境ノイズキャンセル機能により高品質の通話に変わります。
**交通、鉄道駅、空港の騒音環境がAIの主な対象です。

リアルタイム翻訳

AI処理を加速することで、テキスト、音声、会話、画像を50以上の言語に即座に翻訳できます。 プリインストールされている翻訳アプリを使用すると、1対1またはグループの対話をデバイス越しに迅速に翻訳できます。 HUAWEI Mate 10 ProのAIプロセッサー上で実行するので、このアプリはテキストや画像をこれまで以上に高速に翻訳できます。
超高速のダウンロード速度と優れた通話品質をお楽しみください。

インテリジェントなユーザーインターフェイス

直感的でシンプル、 まったく新しいEMUI 8.0は新しいレベルの使いやすさを取り入れています。

革新的で使いやすい機能が満載されているHUAWEI Mate 10 ProのUIは、反応が速く、直感的です。端末に組み込まれたNPUは、AIに焦点を当てた開発者エコシステムを構築することで、インテリジェントなアプリケーションの新しい時代への扉を開く。

大画面で利用する

あなたのモバイルエンターテイメントを、より没頭できる大画面での冒険にできます!
Google Playでさらにゲームを楽しもう。

スマートスクリーン

HUAWEI Mate 10 Proは、タブレットのようなマルチカラム表示対応しているため、デスクで作業するように簡単にモバイルでも作業ができます。
google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー