Reading Time: 1 minute



またも名優が亡くなってしまいました。大杉錬さんが急性心不全で亡くなってしまいました。芸能界でも訃報の知らせに多くの方がコメントをされていますね。大杉さんの人柄がよかったのでしょうね。ご冥福をお祈りいたします。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】

大杉漣さん、急性心不全で急死 『バイプレイヤーズ』共演者「現実を受け入れられない」

クランクインエンタメ> ニュース >大杉漣さん、急性心不全で急死 『バイプレイヤーズ』共演者「現実を受け入れられない」

俳優の大杉漣さんが、21日、急性心不全のため死去したと所属事務所が公式ホームページで発表した。享年66歳。大杉さんは、1951年徳島県生まれ。舞台俳優としてデビュー後、下積み生活を経て、北野武監督の『ソナチネ』『HANA‐BI』に出演。その後は、映画、ドラマ、舞台など幅広いジャンルで、名バイプレイヤーとして活躍。NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』や映画『シン・ゴジラ』『アウトレイジ 最終章』など話題作に多く出演した。現在放送中のドラマ『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系)や、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります!18」にもレギュラー出演していた。

『バイプレイヤーズ~』公式サイトには、この日、共演者のお悔みの言葉を次の通り、掲載した。

<コメント全文>

余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。『バイプレイヤーズ』という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同 遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研

「バイプレイヤーズ」新作2月スタート、遠藤憲一ら名脇役5人が無人島生活

バイプレイヤーズ見るならU-NEXT
0 - 大杉連さん急性心不全で急死

「大好きな夫」夫婦役で共演の森昌子/大杉さん悼む

ORICONNEWS芸能>「大好きな夫」夫婦役で共演の森昌子/大杉さん悼む 2018-02-21 22:51配信記事より引用

俳優大杉漣さんの急死を受け、歌手森昌子(59)がコメントを発表した。

2人は、07年に放送されたNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」で夫婦役を演じた。

あまりのショックに適当な言葉が見つかりません。私が不安な顔をしていると、「もう一度リハーサルしようか?」と気遣ってくださり、いつも思い遣りのある、大好きな夫でした。ただただ、ご冥福をお祈りいたします。

どんど晴れ見るならNHKオンデマンド(U-NEXT

平昌オリンピックを見逃した方はNHKオンデマンドで

大杉連さん主演作品をビデオオンデマンド(VOD)で

※この情報は2018.02.22午前7時現在の情報です。作品によって配信が終わる可能性があります。

嘘の戦争

親の敵を胸に、草なぎ剛演じる主人公の詐欺師が復讐の鬼と化す!
 見どころ
詐欺師ならではの鮮やかな「ダマし」で恨みを晴らす復讐劇は爽快。先が気になるスリリングなストーリー展開に魅了される。藤木直人、水原希子ら豪華俳優陣が共演。
 ストーリー
母と弟を殺し、無理心中した父。けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった。当時9歳だった浩一は、その犯人の顔を見たと警察に証言するが信じてもらえず…。やがて詐欺師になった浩一は、30年の時を経て事実を知り、事件関係者たちにわなを仕掛ける。
嘘の戦争を見るならフジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
0 - 大杉連さん急性心不全で急死

緊急取調室(2017)

真実を追い求め被疑者を丸裸にするプロの取調官たちが、再び事件の闇を暴く
 見どころ
特別取調室で取り調べを行う専門チームが、数々の凶悪犯たちと心理戦を繰り広げる連続ドラマの第2弾。今シリーズは罪を犯した「普通の人間」の裏の顔に迫っていく。
 ストーリー
叩き上げの取調官・真壁有希子が属する「緊急事案対応取調班」。可視化設備の整った特別取調室で、事件の被疑者を取り調べる専門チームだ。凶悪な犯罪者だけでなく、ごく普通の人間も罪を犯す。一線を越えてしまった彼らを、真壁たちは言葉で丸裸にしていく。
緊急取調室(2017)見るならU-NEXT

ブタがいた教室

賛否両論を巻き起こした小学校の授業を再現。命の尊さと生きることの残酷な側面を説く
 見どころ
ドキュメンタリーとして放映された大阪の小学校の授業を、妻夫木聡主演で映画化。飼育した豚を食すかどうかの議論を通じ、小学生たちが“命”へ真摯に向き合っていく。
 ストーリー
6年2組の担任・星は豚を飼育して食べることを提案。他のクラスや保護者を巻き込んでさまざまな問題が発生するが、2組の生徒たちは“Pちゃん”と名付けた豚を愛情込めて育てていく。しかし、Pちゃんを食べることへの反対意見が増え、熱い議論へと発展し…。
 ここがポイント!
Pちゃんを食べるかどうかを話し合うディベート・シーンは、生徒役の子供たちのアドリブ。その真剣な眼差しや言葉が、リアルな迫力を生んでいる。

ブタがいた教室見るならU-NEXT

天の茶助

「うさぎドロップ」のSABU監督と主演・松山ケンイチが再タッグを組んだファンタジー
 見どころ
人間の女性に恋をした天界の茶番頭・茶助が、その女性の命を助けようと奮闘するファンタジー。原作はSABU監督が初めて手掛けた長編小説。茶助の思い人を大野いとが演じる。
 ストーリー
人間たちの人生を描く天界の脚本家の茶番頭を務める茶助。天界から人間たちの人生を興味深く見ていた茶助だったが、口のきけない可憐な女性・ユリに恋をしてします。そのユリがもうすぐ死ぬ運命にあることを知った彼は、下界に降りて彼女を助けようとする。

 

天の茶助見るならU-NEXT

関連記事:この人たちを名わき役と言っては失礼かと


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー