”私をスキーに連れてって”と言えばお節介オヤジがスキーデビューするきっかけとなった映画。今年もJRスキースキーのCMは”私をスキーに連れてって”のパロディでやってますが今の若い方々の反応はどうなんでしょうかね?お節介オヤジはまたスキーに行きたくなりましたけどね。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】
0 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

“ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年…カレーやラーメンだけじゃない

産経新聞 2018.2.16 08:00配信記事より引用

38055194 125640 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年スキーブームの火付け役となった映画「私をスキーに連れてって」(昭和62年公開)が今季、JR東日本の旅行商品キャンペーンで再び注目されている。30年ほど前、ブームを謳歌(おうか)した世代がスキーを再開し、ゲレンデへ回帰。それに伴いゲレンデの食事=ゲレ食も、定番だったカレーやラーメンに加え、大人の舌を満足させる本格的な味が増えている。(榊聡美)

rr?rk=010089ng00gst9 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

 

懐かしの味

01 l - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年全国9カ所のスキー場を運営するプリンスホテル(東京都豊島区)は40、50代の“私(わた)スキ”世代をターゲットに、グルメの強化を図っている。「ホテル隣接のスキー場が多いので、ホテルのシェフがゲレンデグルメも担当できるのが強みです」と、同社広報部の新倉幸恵さんは説明する。

映画のロケ地となった志賀高原焼額山スキー場(長野県)に直結する志賀高原プリンスホテルでは、バブル期に若いカップルに人気だった、「赤プリ」(赤坂プリンスホテル)の「フォアグラサンド」(3900円)が登場。万座プリンスホテル(群馬県)では、30年前のレシピを再現した「復刻メニュー」を月替わりで販売している。

こうした“懐かしの味”以外に、近年は地産地消の料理や、地元の行列ができる人気店のメニューなどを積極的に取り入れている。

行列が当たり前だったレストランもリフトも、現在はスキー人口の減少で落ち着いた雰囲気に。さらに、シニアや訪日外国人が増え、ゴンドラで景色を楽しむなど、“滑らない人”も訪れるようになった。

「おのずと食事も『パッと食べられればいい』から、『その土地ならではの味を楽しみたい』とニーズが変わっています」(新倉さん)

rr?rk=010089ms00gst9 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

名産でスイーツ

北海道占冠(しむかっぷ)村の「星野リゾート トマム」では今季、ゲレンデ中腹に9店舗からなる「ホタルストリート」が開業。滑る人も滑らない人も一緒に食事や買い物を楽しめる新しいスタイルが話題だ。

日高昆布を食べて育った黒毛和牛「こぶ黒」のステーキをはじめ、北海道ならではのバラエティーに富んだ味が楽しめる。

特に人気が高いのは、円筒状の器にフルーツやクリームなどを彩りよく盛りつけた「クープ」。名産の赤肉メロンをソースに練り込んだ「メロンショートケーキ」(450円)、トウモロコシのムースにバジルを利かせた「とうもろこし」(380円)などがよく売れているとか。

bgt?aid=170815725416&wid=001&eno=01&mid=s00000014312001047000&mc=1 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

0 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

大人らしいゆとり

全国屈指のスキー場が集まる長野県で県内33のスキー場が参加した「ゲレ食バトル」でも、おしゃれで手の込んだ本格的な料理が目を引く。

特産きのこのクリームスープをパイ生地で覆った、竜王スキーパークの「雲海パイ包みスープ」(850円)。戸隠スキー場の「黒トリュフ薫る 鹿肉の猟師風タリアテッレ」(1800円)は、やわらかく煮込んだ信州産鹿肉と地元のみそを使ったソースがマッチしたパスタ料理。材料の仕入れが間に合わないほどの人気だ。

このイベントを主催する長野県索道事業者協議会の担当者は、「30年前と比べ、ゆっくりと食事ができるようになりました。今度は『大人らしいゆとり』を楽しんでいただきたい」と話している。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
0 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

スキー人口、最盛期の5分の1

バブル時代の象徴といわれたスキーブーム。「レジャー白書」(日本生産性本部)によると、スキー人口は平成5年に約1860万人に達した。バブル崩壊と、それに伴う若者のスキー離れなどによって減少に転じ、28年は雪不足も影響して約330万人にまで落ち込んだ。20年余りの間に5分の1以下に減っている。スノーボードを合わせても約580万人にとどまる。

28年のスキーの年代別参加率を見ると女性は10代、20代が最も高かったが、男性は40代がトップだった。

bgt?aid=170815725417&wid=001&eno=01&mid=s00000005230001041000&mc=1 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年

0 - “ゲレ食”おいしく進化 「私をスキーに連れてって」から30年
関連記事:時間とお金があれば行ってみたいソウル編


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー