皆さんは漫画読んでますか?最近こそ毎週発売される漫画を買ってまで読む事はなくなりましたが結構、長い間”漫画をやめられない”オヤジでした。その中の中心でもあった少年マガジン。コミックも結構、買って集めたりもしてましたが時代が変わり今はネットで読めるようになっていますね。

「金田一少年」原作者 “黒歴史”漫画「MMR」秘話語る

「MMR マガジンミステリー調査班」という漫画をご存じだろうか。週刊少年マガジン(講談社)に不定期連載され、世界の超常現象や陰謀論、はたまた「ノストラダムスの大予言」などを検証した作品で、世紀末を控えた1990年代には一部に熱狂的な読者がいた。「MMRは、ある種の“黒歴史”です」。主人公のモデルで漫画原作者の樹林伸(きばやし・しん)さん(55)は苦笑いしつつ、今だから明かせる秘話を語る。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!
0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

僕はあんな人間じゃない

樹林さんといえば、「金田一少年の事件簿」シリーズを筆頭に、怪事件を扱った「サイコメトラーEIJI」、“ヤンキー”が政治の道を歩み出す「クニミツの政」、さらにはサッカーがテーマの「エリアの騎士」…と代表作の枚挙にいとまがない漫画原作者だ。ワインを扱った「神の雫」は、ロングセラー。

その樹林さんが「黒歴史」と語る漫画「MMR」は、90年に週刊少年マガジンで始まった。作者は漫画家の石垣ゆうきさん。主人公はマガジン編集部の編集者という設定で、実在の編集者をモデルにした。樹林さんも当時、講談社の編集者で、MMRのリーダー「キバヤシ」のモデルになった。キバヤシは、同僚の編集者らとともに世界の超常現象などを科学的見地から検証する。

この作品、なんといっても、特筆すべきは、その「うさん臭さ」だ。キバヤシは、さまざまな資料や証言から論理を飛躍させ、最終的には「このままでは人類は滅亡する!」と警鐘を鳴らす。

強引だが不思議な説得力があるストーリー展開と、迫力のある絵が相まって不定期連載ながらも大変な人気を得た。

樹林さんが振り返る。

「当時のマガジンには、『ツチノコを探せ!』みたいな変な企画を許容する空気があったんですよ。面白いかと思って会議で提案してみたら通ってしまったのが、この作品でした」

ただ、誤算があった。自身が“主人公”として登場することになったのだ。

「ものすごく嫌でした(笑)。僕はあんな人間じゃないって思うんだけど…。とはいえ、ああいう部分もあるようだし、何でも人類滅亡にこじつけている様子が漫画として面白いですよね」

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

MMRはある種のギャグ

講談社によると、掲載当初は霊能力者を名乗るタレント、宜保愛子(ぎぼ・あいこ)さん(1932~2003年)らに取材し、身の回りの謎や不思議を追いかけることをテーマとしていた。次第に熱狂的な読者がつき、不定期ながら連載でシリーズ化した。

「『マジかよ…』と思いましたね」と樹林さん。

中でも話題となったのが、「ノストラダムスの大予言」を扱った話だ。

1973年に作家、五島勉さん(88)が著した「ノストラダムスの大予言」により、仏のノストラダムス医師(1503~66年)は日本では、「1999年7の月、恐怖の大王が来るだろう」と「世界の終わり」を示唆した予言者として広く知られていた。彼の破滅的かつミステリアスな言葉は、世紀末の若者も強くひきつけた。MMRもノストラダムスを何度も扱った。

「MMRはある種のギャグです。ただ、僕らは笑いながらも、真剣にやっていましたよ」

そして予言で「恐怖の大王が来る」とされた1999年を迎えたが、人類は滅亡しなかった。

bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001076000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

“怪奇現象”にも遭遇

取材の過程で、実際に“怪奇現象”に直面したこともあったという。

「九州にミステリーサークル(穀物などが円形に倒される現象)の取材に行ったときのことです。一面の稲穂の間には、足跡など人が入った痕跡が、どう見てもなかった。『絶対に人間が作ったものじゃない』と。しかも、持ち込んだカメラ3台が、撮影の際に全て壊れていた。普通、一度に3台も壊れないですよね…」

人類が無事に21世紀を迎えたことで終了するかと思われたMMRだが、その活動記録は形を変えながら今も続いている。2003年以降、間隔を空けながらも新作の発表が相次いでいる。

最新刊は16年の「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」。なんと、またまたノストラダムスの詩をもとに、今度は人工衛星の墜落や大地震などにより2020年に人類が滅亡すると警鐘を鳴らす。

今でもインターネット上では、同作を元ネタにした「人類は滅亡する!」「な、なんだってー!」というフレーズを目にする。

「僕にとって、『MMR』はある種の“黒歴史”。でも、皆さんに楽しんでいただけたみたいですし、今も根強いファンがいるんですよね。もう止めるか、主人公を変えてほしいけれど(笑)、続いていってほしいとも思います」

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

鉱脈を掘り当てた「金田一」

「MMR」が編集者としての樹林さんの“黒歴史”なら、漫画原作者としての代表作は、「金田一少年の事件簿」シリーズだ。自身も「ライフワーク」と語る。1992年に連載が始まり、テレビドラマやアニメ版も高い人気を集めた。現在は、過去の事件を犯人側の視点から振り返る「犯人たちの事件簿」などといったスピンオフ企画が相次ぎ登場している。

注目を集めているのが、青年漫画誌「イブニング」(講談社)で連載が始まった「金田一37歳の事件簿」。主人公の男子高校生、金田一一(はじめ)が37歳になった姿を描く。「もう謎は解きたくないんだあああ~~!!」という“叫び”がネット上で注目の的となった。

樹林さんは、形を変えながら約26年にわたって続く同シリーズをこう振り返る。

「最初は1年もてばいい、と思っていたんですよ。週刊連載なので、トリックを考えるのも大変ですし。ところが、実際に始めてみると、漫画で視覚的にトリックを仕掛けられるのが面白い。(文字だけの)推理小説の世界では手を着けられなかったトリックが、漫画では表現できる。まさに、“鉱脈”を掘り当てた感じでした」

bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001076000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

新作はまさかの「島耕作

1月23日には、漫画家、弘兼憲史(ひろかね・けんし)さん(70)の代表作「島耕作」シリーズとコラボした単行本「島耕作の事件簿」(講談社)が刊行された。ついに会長の座に上り詰めた主人公、島耕作の今度の役職は、まさかの“探偵”役だ。

「最初に編集者からコラボの提案を聞いたときは、驚きましたね。僕は学生の頃から弘兼さんのファンだし、『島耕作』も全話読んでます。原作を手掛けることができ、感無量です」

物語の舞台は、バブル末期の1990年。見知らぬ女性の部屋で目覚めた課長、島耕作は、ベッドの上で変わり果てた姿となった女性を発見する。絶体絶命の状況に追い込まれた耕作は逃亡生活を送りながら、事件の背後に隠された“巨悪”を追う。

バブル期特有の空気が再現され、読んで懐かしく感じる人も多いだろう。時代設定の理由について、「(60代の)会長が事件を追うのは体力的に難しい」と笑いつつ、「それに、島耕作の若い頃は時代そのものが事件。バブル経済崩壊に、不動産の地上げ…。あの時代の空気を物語として残したかったんです」と語る。

第1話にして「これはもう絶対無理」という状況に追い込まれる島耕作。最終的には大企業の会長に上り詰める彼が、どのように機転を利かせ、危機を乗り越えるかが最大の読みどころだ。

「(米ドラマ『24』の主人公)ジャック・バウアーのような島耕作を楽しんでもらえればうれしいですね」(文化部 本間英士)

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

 樹林伸(きばやし・しん)

1962年、東京都出身。早稲田大卒業後、講談社の原作兼編集者として「金田一少年の事件簿」「サイコメトラーEIJI」などを手掛ける。退社後も「神の雫」「エリアの騎士」などヒット作を連発。作家としても活動しており、ワインをテーマにした小説「東京ワイン会ピープル」(文芸春秋)を昨年刊行した。

MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

無料で読む方法は?

ビデオオンデマンド(VOD)のサービスを提供している、U-NEXTやフジテレビオンデマンド(FOD)に会員登録をするとポイントが付与されます。その付与されたポイントでMMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿など好きな作品を読む事ができます。先ずは無料で登録をしてポイントを貰おう!

ポイント付与は1回だけじゃない!

U-NEXT

無料トライアル(31日間)に登録すると600ポイントが付与されます。無料トライアルから有料版(継続)すると1200ポイントが付与。さらに継続すると毎月1200ポイントが付与されます。ポイントで動画をみても雑誌、コミックを読むのも良し。

bgt?aid=170301173375&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001076000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

フジテレビオンデマンド(プレミアム)

FODプレミアム加入者限定特典として、毎月100ポイントプレゼント。 8が付く日(毎月8日・18日・28日)にFODサイトにアクセスすると400ポイントがプレゼントされるクーポンを発中!

FODプレミアムに加入するだけで、1カ月間で総計1300ポイント(1300円相当)がプレゼントされます! ポイント利用が必要なドラマ・映画・電子書籍、何に使っていただいてもかまいません! すべて電子書籍で利用される場合は、還元分とあわせなんと1600ポイント(1600円相当)が無料で利用できます!

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

0 - MMR、金田一少年の事件簿、島耕作の事件簿も無料で読めます。

樹林伸(きばやし・しん)の作品紹介

U-NEXT、フジテレビオンデマンド(FOD)で読める作品を紹介します。※2018.01.28現在の情報です。

金田一少年の事件簿

名探偵・金田一耕助の血を引く金田一一(きんだいちはじめ)は、幼なじみの七瀬美雪(ななせみゆき)の頼みで演劇部の合宿に参加することになった。だが合宿先となる孤島のホテル「オペラ座館」では恐ろしい事件が一たちを待ちかまえていた――。演劇部の演目「オペラ座の怪人」になぞらえたように起こる凄惨な連続殺人。第1の殺人後、姿を消した謎の男「歌月」。そして部員たちの心に影を落とす、女子部員“月島冬子”の自殺……

MMR-マガジンミステリー調査班-

今どこかで何かが起こっている!! ――それは1枚の手紙から始まった。謎に包まれた超常現象、ミステリーサークルが、とうとう日本にも出現!! UFOのしわざかそれとも自然現象なのか!? 神秘の究明のため、我らが少年マガジンが特別プロジェクトを組んだ!! そう、MMRマガジンミステリー調査班だ!! 連載当時大ブームを巻き起こした大人気作が再び読める!!

島耕作の事件簿

家電メーカー・初芝電産の課長、島耕作。「いやな仕事で偉くなるより 好きな仕事で犬のように働きたいさ」社内では派閥に属さず、いつだって仕事に熱い男だった。バブルが弾ける直前の11月。「ねえ うちでワイン飲まない? すぐ近くなの」離婚や友人の死で心に空いた穴を埋めたい――それだけだった。「たった一夜の関係だと思ったのに」愛欲と金、そして権力が絡み合った巨悪事件に島は巻き込まれ…!?


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』