突然、Yahoo!からTポイントが500ポイント付与されました。前もあった様ななかった様な?Yahoo!内のコンテンツであれば利用可能と言う事なので文春オンラインの有料版を読んで見ました。

Yahoo!からモバイルルーター登場!
端末0円、送料0円、初期費用0円!
業界最安の月額月額1,980円!(税抜)【Yahoo! WiFi】はこちら
0 - 島田紳助・独白4時間

島田紳助・独白4時間「芸能界に未練なし。生き甲斐よりお金・仲間・筋肉」

2017/11/29(水) 14:00配信 有料より引用文春オンライン

突然の引退から6年。

島田紳助・独白4時間「芸能界に未練なし。生き甲斐よりお金・仲間・筋肉」

現役時代の紳助氏

突然の引退から6年。いまだ復帰説がささやかれ続ける元“バラエティ番組の王者”。しかし小誌記者の直撃取材を迎えたのは、リタイア後の人生をひたすらに謳歌するひとりの男だった。「友達とは対等な立場で付き合う」「日々楽しかったら、それだけでいい」――。


bgt?aid=170717325753&wid=001&eno=01&mid=s00000014626001025000&mc=1 - 島田紳助・独白4時間

0 - 島田紳助・独白4時間

今の僕は「日本一忙しいニート」

島田紳助・独白4時間「芸能界に未練なし。生き甲斐よりお金・仲間・筋肉」

「ツッパリ漫才」紳助・竜介

仕事してた頃は、なんであんなにイライラしてたんやろと思いますね。今はノーストレス。人生で一番平和です。引退したときは、何年か経ったら1割くらいはまた仕事したいって気になるのかなって思ってましたけど、まったくないですね。友達とクソガキみたいに遊んで過ごす毎日が楽しくて。

 周りには「無職と呼ぶな、働く気がないだけや」と言ってます。今の僕は「日本一忙しいニート」です(笑)。

 時折、肩にかかるほどの長い黒髪をかき上げながら、島田紳助氏(61)は、終始穏やかに語り続けた――。

1977年、漫才コンビ「紳助・竜介」として本格デビューし、漫才ブームに乗って一躍トップスターに駆け上がった紳助氏。「クイズ! ヘキサゴン」「行列のできる法律相談所」など数々の人気番組で司会を務め、バラエティ番組の王者として君臨する半面、女性マネージャーへの暴力事件、そして引退のきっかけとなった暴力団関係者との交際など、起伏の多いタレント人生だった。

今回の取材のきっかけは〈紳助が見違えるほどマッチョ化している〉という目撃談。親交ある芸能人らも、テレビでたびたび同様の発言をしている。

2011年の引退から6年。表舞台から姿を消した紳助氏の“変貌”を確認すべく、大阪府某所の居宅を訪ねた。すると氏は、苦笑しながら「じゃあ、上がってください」と記者を室内に招き入れたのである。

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001031000&mc=1 - 島田紳助・独白4時間

0 - 島田紳助・独白4時間

「特に背筋を鍛えています」

 筋トレはやってるんですけど、見ての通り、そんなむちゃくちゃマッチョになってるわけじゃなくて。みんな大げさに言うてるだけなんですよ。僕もネットで噂になっているのを見ましたけど、「ムキムキのヤクザみたいになってる」とか好き放題書いてある。こんなロン毛のヤクザがおるんかい、と言いたい(笑)。

引退した日にね、島田洋七さんから「お前、これから見るも無残に太るで」と言われて、筋トレはその日から始めました。ジム通いは一切してません。家にある鉄アレイやダンベルを使って、今は体の調子がいい日に1時間程度、特に背筋を鍛えています。でも肉体改造とちゃいますよ。一緒に遊んでいる連中がみんな若いんです。一緒にゴルフしたり、野球したり。若いやつらにパワーで負けたくないでしょ。ボディビルダーみたいな肉体美を求めてるわけじゃなくて、あくまでも実用的な筋肉をつけたいだけなんです。

紳助氏は「恥ずかしいから」と近影の撮影を拒んだが、引き締まった体躯は、ポロシャツ越しにもよく分かる。適度に日焼けし、肌ツヤもよい。とても還暦を過ぎたとは思えない若々しさを保っている。

食事も好きなものを自由に食べていますよ。今日は嫁と一緒に近所の定食屋で晩飯を済ましてきたところです。

今はほんとに普通の生活を送っています。引退したとき、嫁からは「明日から普通の人やで。病院も並ばなあかんねんで」と言われて、「分かった。ちゃんと並ぶ」と。健康で、持病もないですけどね。

電車にも乗るようになりましたよ。(スマホカバーに挟んだIC乗車カードの「ICOCA」を見せながら)地下鉄の乗り換えはまだちょっと不安ですけど(笑)。

18歳から55歳まで芸能界にいましたが、辞めて初めて知ることがたくさんありました。

たとえば、割り勘のフェアさを知って感動したんですよ。引退してすぐ、仲間たちが飲み会を開いてくれたんです。「みんな割り勘で」言うて。そしたらお開きになる前に「明日早いんで、お先です」と帰っていく若いやつがいて。それが衝撃でね。僕のいた世界では若いのが先に帰るってあり得なかったですから。そうか、割り勘やからいつ帰ってもええんや、素晴らしいシステムやな、と唸りましたね。

同時に気づきました。芸能界におった頃は、飲んでても、みな笑てるから楽しんでるんやと思い込んでましたけど、僕が払うから帰れんかったんやろな、と。なかには眠いなあ、帰りたいなあと思ってた奴もおったんでしょうね。

僕は常々、老後に必要なのは「お金と仲間と筋肉」と言うてるんです。この3つがあれば幸せに生きられると思ってます。お金は、それまでの仕事や資産形成とか、個人の事情に左右されるから、歳を取ってから急に思い通りにはならないかもしれないですけど、仲間と筋肉は、自分の努力次第で後からいくらでも豊かにできるんですよ。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】
0 - 島田紳助・独白4時間

「セコイのとちゃうで」

 引退していなくなった友達は2人くらい。増えたのは何十人といます。今遊んでいるメンバーは貧富の差がめちゃくちゃ激しいんですよ。それこそ「明日の昼飯は大丈夫か?」ってやつから100億円くらい持っているやつまで。大切なのは、対等な立場で付き合うことです。

地元の同級生と沖縄の友人のところへ遊びに行くときは、僕が激安ツアーを探して予定を組むんです。3泊で4万5000円とか。それを嫌がってたら一緒に遊べないですよ。僕だけ飛行機はファーストクラスで行ったり、旅費を全部出したりするのはもってのほか。

仲間内の若い子から、しみじみとこう言われたことがあります。「僕は学生時代の友達が一人もおらん。でも紳助さんと遊んでて、よく分かりました。傍から見れば、お金を持ってる紳助さんが出せばいいのに、と思われそうですが、それだと本当の友達はできないんですよね」と。そうそう、セコイのとちゃうで、俺だってめっちゃ考えてんのやでって(笑)。

僕も出すときは出しますが、出したら嫌味にならんかなって考えますもん。普段から奢ったり奢られたりしない関係やから、みな公平な友達でおられる。年齢や社会的な地位に関係なく、お互いをボロクソに言い合えるんです。

男の人生って、大人になったら仕事中心になりますけど、仕事仲間と友達は違います。仕事なら嫌でも付き合わなきゃいけないですが、普段の友達は合わんと思ったら別に無理しなくていい。

いつか仕事を辞めたとき、気が置けない仲間がいるのといないのでは、その後の過ごし方がまったく変わってくると思うんです。友達が増えていったら、新しい、楽しいことが次々とたくさん起きますよ。今の仲間たちは、僕とよう遊んでくれて、本当に感謝しています。そいつらと、いくつになってもパワフルに遊んでいたい。そのための元気な体を維持してくれるのが筋肉なんです。

貸切屋形船の予約なら【屋形船予約案内センター】
0 - 島田紳助・独白4時間

紳助氏は暴力団交際騒動を機に、あっさりと芸能界を去った。

紳助氏は暴力団交際騒動を機に、あっさりと芸能界を去った。巷では定期的に復帰説も飛び交うが、その可能性を改めて否定する。

別に、頑なに戻らないと決めているわけじゃないんですよ。今の生活が幸せで、その必要を感じていないだけなんです。いろんな人があったかく(復帰を)待っててくれてるみたいで、それはとてもありがたい。価値がゼロの人間やとそんな噂も立たないでしょ。でも、さすがに吉本の社長も諦めたんとちゃいますか。

それに、あの頃の精神状態に戻るのは、ちょっと無理ですわ。辞める直前はもういっぱいいっぱいになってましたから。

レギュラー番組の収録が週に何本もあって、でも人間て、普通に生きててそんなにたくさんしゃべるネタとは出会わないですよ。そやから自分の中でいつも高感度のアンテナを立ててました。常に張り詰めて敏感になっているから、逆にしょうもないことでもいちいち引っかかってきて、勝手に腹立ててイラついてたんでしょうね。そのアンテナを下ろした今は本当に心穏やかに過ごしています。怒ることもまったくなくなりました。

芸能界でやり残したこともありません。21歳で漫才コンビを組んだとき、僕は相方の竜介(のちに竜助に改名。故人)に「俺、東京で司会者やりたいねん。だから漫才は10年でやめる」と宣言していました。その夢がかなった一方で、戦略的に漫才を踏み台にした負い目がずっと心に引っかかっていました。それも、「M-1グランプリ」に立ち上げから関わったことで、少しは漫才に恩返しができたかなと思っています。

 

「あいつのこと、めっちゃ好きなんですよ」

島田紳助・独白4時間「芸能界に未練なし。生き甲斐よりお金・仲間・筋肉」

松本人志が見せた“不器用な優しさ”

 いつか2人で仕事がしたいと思っていたダウンタウンの松本(人志)とも、深夜のトーク番組「松紳」で共演できた。あいつのこと、めっちゃ好きなんですよ。

竜助が死んだ日、僕はTBSの「オールスター感謝祭」の司会の仕事がありました。生放送を乗り切った後、僕は番組の打ち上げに参加せず、オール阪神・巨人の巨人と太平サブロー・シローのサブローに付き合ってもらい、知り合いの六本木の店で目を泣き腫らしていました。だいぶ気持ちが落ち着いて、二次会が続いている赤坂のお店に顔を出したら、朝の4時半頃、番組に出ていない松本がフラッとやってきて、黙って席についたんです。「お前、なんで来たんや」と聞いたら一言、「竜助兄さん、優しかったから」と。わざわざ仕事終わりで駆けつけてくれんでも、翌日の電話でいいじゃないですか。不器用な優しさに、胸がいっぱいになりましたわ。

芸能生活の集大成が「ヘキサゴン」でした。僕は若い頃、バンドをやってた時期があるんですが、下手なんで諦めました。その敵討ちをしてくれたのが、上地(雄輔)ら、おバカタレントと呼ばれた若い出演者たち。あいつらを番組発の音楽ユニットの「羞恥心」や「Pabo」としてプロデュースできたことで、僕が芸能界でやりたかった夢は、すべてかなったんです。

それ以降の僕は――50歳手前から自覚はあったんですが――「もう辞めたい病」になっていました。友人の(明石家)さんまと違って、僕はこの仕事が好きでずっと続けたいタイプじゃなかったってことなんでしょう。だから、あの騒動が起きたときは「今しかない」と思いました。それが謹慎や休業ではなく、引退を選んだ理由です。

ただ、僕が辞めたことで、番組に関わっている多くのスタッフや関係者には迷惑をかけました。だからこそ引退時の会見でお話ししたように、男の約束として、向こうの人(暴力団)とは一切会っていませんし、連絡も取っていません。今遊んでいる友達は一般人ばかりですし、もしヤクザの影があったら誰も僕に寄り付きませんよ。

一方で芸能人との交流が途絶えた訳ではない。

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001181000&mc=1 - 島田紳助・独白4時間

0 - 島田紳助・独白4時間

「お前、浮気してたんか。ビックリするわ」

島田紳助・独白4時間「芸能界に未練なし。生き甲斐よりお金・仲間・筋肉」

宮迫の不倫を叱った!

 わざわざ会いに行ったりはしませんけど、「遊びに行ってもいいですか」と言われたら「おいでや」と答えますよ。

この夏もね、東野(幸治)や宮迫(博之)が遊びに来ました。その直後に宮迫の不倫が発覚して、すぐメールしましたわ。「お前、浮気してたんか。ビックリするわ。あかんぞ」って。そりゃするやろ、とは思いますけどね。あいつらはまともじゃないですから(笑)。ただ政治家の不倫はあかんですけどね。
人志松本のすべらない話を見るなら【フジテレビ公式FOD】
0 - 島田紳助・独白4時間

小泉純一郎に書いた陳情書

島田紳助・独白4時間「芸能界に未練なし。生き甲斐よりお金・仲間・筋肉」

政界入りの噂は常にあった

 政治家といえば、仕事してた頃、最も印象深かったのが、小泉純一郎さんでした。僕が大阪の能勢町に住んでいた頃、地元の清掃センターのダイオキシン問題が発覚したんです。

当時、厚生大臣だった小泉さんに僕は陳情書を書きました。やがて国も動いて解決に向かうんですが、小泉さんに宛てた手紙の中で「もし小泉さんが総理大臣になられたら、僕はタレントを辞めて、いの一番にはせ参じて、出馬します」と書いてるんですよ。後に本当に総理大臣になるとは思ってなかったですからね。

小泉さんが総理になられてから、テレビ朝日で挨拶する機会があり、恐る恐る手紙のことを切り出しました。僕は過去に別ルートから何度か出馬を打診されたことがあって、全部断ってきたんですが、このときは半分覚悟してたんです。そしたら小泉さんは「君は国会議員なんかになったらダメだよ。もっと影響力があるんだからこれからもテレビで活躍してくれ」と。小泉さんの言葉に、助かったと胸を撫で下ろしつつも、この人は信用できる政治家やなあと感心しました。

bgt?aid=170717325747&wid=001&eno=01&mid=s00000016587001159000&mc=1 - 島田紳助・独白4時間

0 - 島田紳助・独白4時間

辞めて損したと思うこと

芸能界を引退しての心残りは、意外なところにあった。

芸能界を辞めて損したなと思うのは、綺麗な女の子との出会いがないことだけです(笑)。街にはそんなに綺麗な子がいなくて、芸能界って本当に美女がいっぱい集まっててんな、と改めて思い知りましたね。何十年もおったから、華やかさに気づいてませんでした。

でも、この年になったらもう性欲もなくなりましたよ。女の子と飲んでても、61歳やいうたらドン引きされますもん。結局、仲間内で「なんで女の子がおらへんのや。何とかならんのかい」言いながらつるんでるのが一番楽しいですよ。

嫁ともすごく仲良しです。隠し事もないし、僕らが飲み会にがんばって女の子を集めようとしているのも全部知ってます(笑)。

3人の娘たちも自立して、プライドを持って生活してます。娘婿もすごく出来た子たちで、「お金は残そうと思わんと全部使い切ってください。サバと味噌汁くらいしか出せないかもしれないけど、ちゃんと老後の面倒は見ますから」と言うてくれてます。孫は5人。孫の前では普通のお祖父ちゃんですよ。60代にしては異様に元気ですけどね。

「今が本当に楽しい」と何度も繰り返した紳助氏。今後は何を“生きがい”にしていくのか。

いやあ、この年になったらもうないですよ。友達と切磋琢磨してゴルフをしていたい、くらいかな。去年の5月にそれまで遊びでやっていたゴルフを真剣にやると決めて、漫才をやっていたとき以来の研究ノートをつけて練習してます。ドライバーの飛距離は250ヤード。ハンデ9まで上達しましたよ。60過ぎたら上手くならんて、そんなこと絶対にないですからね。

1日中、家で絵を描いて過ごす日もありますよ。旅行に行くときは、必ずアクリル絵の具を持参します。毎日少しずつ描いて、旅先でお世話になった人にプレゼントするんです。気分は「裸の大将」ですね。

 

体を鍛えて老いに抗う

 そういえば、ひと月くらい前に、ネットニュースで85歳でチアリーダーをしているおばちゃん(シニアダンスチーム「ジャパンポンポン」のリーダー滝野文恵さん)のことを知ったんです。彼女、「生きがいなんていらん。なくても楽しく生きられる」と言うてるんですよ。アメリカの大学も出た方なんですが、向こうでは「生きがい」って単語がないらしいですね。なるほどなあ、日々楽しかったら、それだけでええねんやって。目から鱗でした。

人生あと30年。世間を意識して生きてるんとちゃうし、僕の周りにはいつもおもろい提案をしてくれるやつがたくさんいます。「生きがい」なんか求めず、体を鍛えて老いに抗いながら、これからも大切な家族や仲間たちと、楽しく愉快に生きていきますよ。

エステ体験で目指せ!合計-8cmやせる【エルセーヌ】
0 - 島田紳助・独白4時間
関連記事:ももクロ有安杏果、引退「普通の女の子の生活を送りたい」

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』