iPhoneXを使っている方には必見ですよ。これを見て便利に使って下さい。

覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

lifehacker 2018.01.04 配信記事より引用

26763407419 fb32088c15 k w960 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法iPhone Xユーザーが感じている問題は、大きいスクリーンや奇妙な切り欠き、Fece IDだけではなさそうです。一部の人にとって最大の問題は、2007年のiPhoneデビュー以来iOSデバイスのアイコンであり続けた「ホームボタン」がないこと。ボタンの代わりに、これまで慣れ親しんだ操作がいろいろと様変わりすることになりました。

一部はよくなったものの、ひどい変更もあるようです。そこで、新しくなったiPhoneの、正しい操作方法(スワイプ、タップ、その他のジェスチャー)をレクチャーしましょう。

rr?rk=0100ii8m00gst9 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

4分割されたディスプレイ

iPhone Xの5.8インチディスプレイは、4つのセクションに分かれていると考えてください。いちばん下にあるのが、アプリを4つピン留めしておく場所。真ん中が、ウィジェットを検索したりアクセスしたりする場所。左上が、通知が表示される場所。右上が、コントロールセンターです。


bgt?aid=170816750540&wid=001&eno=01&mid=s00000014274003002000&mc=1 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

0 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

新しいホームボタン

iPhone Xでは、画面下の黒いホームバーがホームボタンの代わりです。ホームバーの位置は、ディスプレーの向きや開いているアプリによって変わります。iPhoneを横向きにしてYouTubeを見るときや、Mini Metroなどのゲームをしているときは、ホームバーは横向きディスプレーの下部に移動します。iPhone Xのロック解除やアプリからホームスクリーンを開くには、この黒いバーから上に数センチスワイプします。

ホームバーから上にスワイプして画面中央で止めると、最近開いたアプリが表示されます。どれかのアプリの上で指をホールドすると編集モードになり、マイナスサインをヒットすると、アプリを強制終了できます。

アプリを閉じた直後にまた何かをチェックしたくなったときや、過去に使っていたアプリをもう一度開くときに、再びアイコンを探す必要はありません。画面下部を右から左にスワイプすると、過去に開いたアプリをもう一度開けます(左から右にスワイプすると最新のアプリが表示されますが、ホーム画面には戻りません)。
rr?rk=0100ii8m00gst9 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

コントロールセンターが使いにくい

もともとコントロールセンターは、iPhoneやiPadの画面下部からかんたんにアクセスできました。ところが、iPhoneXのコントロールセンターは、あの悪名高き切り欠きの右上から下にスワイプしなければなりません。

通知のチェックはかんたん

リマインダーや未読メールなど、見落とした通知を見るには、画面上部から下にスワイプします(左側中段のどこでも)。ロック画面からは、画面中段から上にスワイプすることで、最新の通知を見ることができます(アンロック中にiPhone Xの通知を表示する設定になっている場合)。

通知の横の小さなxを強く押せば、1つ1つをちまちま消さなくても、すべての通知を一気に消せます。

bgt?aid=170816750540&wid=001&eno=01&mid=s00000014274003002000&mc=1 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

0 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

検索機能

組み込みの検索機能を使えば、iPhone内の連絡先、アプリ、メール、その他メッセージなどを、横ぐしで検索することができます。その際、webも同時に検索してくれるので便利です。また、整理されていないホーム画面内でやみくもにアプリを探すよりも、もっと積極的にアプリを検索できるので、時間の節約にもなります。

画面中段から下にスワイプすると検索機能が開き、SIRIの検索候補が表示されます。検索ワードを入れると、リマインダー、添付、メッセージなどアプリ内を検索します。Omnifocusなどのタスクマネジャー内のスケジュールまで検索可能です。

rr?rk=0100ii8m00gst9 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

アプリの整理

アプリを長押し(強く押さない)すると、アプリを移動して並べ替えることができます。1つ1つドラッグするのが面倒なら、複数のアプリを同時に移動することも可能です。

簡易アクセス

iPhone Xの5.8インチディスプレイは美しいのですが、縦に長いので、手が小さい人にとっては、コントロールセンターやその他の通知へのアクセスがたいへんです。

そこで、手が小さくても画面上部にアクセスしやすくするための機能が、簡易アクセスです。簡易アクセスを有効にするには、設定>一般>アクセシビリティを選択し、下にスクロールして操作セクション内の簡易アクセスをオンにします。

実際にこの機能を使うには、画面下部(ホームバーの上1センチぐらい)から下にスワイプします。これで画面が下に移動し、指が届くようになります。右上にあるアプリの上から下にスワイプ、あるいはアプリを開いているときはバッテリーとWiFiのアイコンのあたりから下にスワイプすれば、コントロールセンターが開きます。

まだ完ぺきではありませんが、このような操作の場所を変えるオプションがあるのはありがたい改善といえるのではないでしょうか。とにかく、ホームボタンがなくなっても、ジェスチャーは形を変えて残っています。

bgt?aid=170816750540&wid=001&eno=01&mid=s00000014274003002000&mc=1 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法

0 - 覚えておきたいiPhone Xの便利な操作方法関連記事:Apple、日本でも3,200円でiPhoneのバッテリー交換を開始


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』