Reading Time: 3 minutes



格安スマホ(MVNO)のSIMセットの端末と言うとチョット型が古いとか使い難いなどと印象を持っている方もいらっしゃるかも知れませんが”P10lite”は結構あなどれない端末だと思いますよ。

格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

日経トレンディネット トレンド・フォーカス より引用

デザインもカメラも高級機並み

thumb 400 01 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

ファーウェイの5.2型SIMロックフリースマートフォン「P10 lite」。実売価格は2万8000円前後

ファーウェイから6月に発売されたSIMロックフリースマートフォン「P10 lite」が人気だ。格安SIM・格安スマホ市場では3万円前後の製品が人気だが、そのなかでも昨年からベストセラーを続けている「P9 lite」の後継モデルとあって注目度は高い。価格.comのランキングで1位を取るなど様々なSIMロックフリースマホのランキングで上位にランクインしており、前機種と同様にロングセラーモデルになりそうだ。

ではなぜ「P10 lite」は人気なのか、その理由を実際の製品とともに見ていこう。

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】
0 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

 

 

3万円前後の薄型ボディにフルHD液晶、高品質カメラを搭載

thumb 400 02 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

5.2インチフルHD(1920×1080ドット)液晶を搭載。厚さ7.2mmとハイエンド機種並みのスリムさを実現

P10 liteが注目される理由は、上質なスリムボディーに5.2インチフルHD液晶ディスプレーや高品質カメラ、そこそこ高速なCPUや指紋認証センサー、3000mAhバッテリーなど、プライベートからビジネスまで使うスマホに求められる機能をそつなく搭載している点だ。薄さ7.2mmのボディーには、メタルフレームと曲面ガラスパネルを採用。iPhoneほかハイエンドスマホと同等のスリムさと上質さで、ビジネスシーンにも適した品質を実現している。ディスプレーには5.2インチフルHD(1920×1080ドット)のIPS液晶を採用。発色や視野角も良好だ。本体の横幅は72mmで、男性の手なら片手で持って親指だけで操作できるサイズに収まっている。

このページ限定★BIGLOBE WiMAX 2+おトクな特典はコチラ>>
0 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

指紋認証センサーの認識速度はカタログ値だと約0.3秒

thumb 400 03 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

背面には指紋認証センサーや、裏面照射積層型の1200万画素カメラを搭載。サファイアブルーは見る角度によって異なる輝きを放つ

 

指紋認証センサーの認識速度はカタログ値だと約0.3秒だ。実際にはほぼ一瞬といっていい。指を触れるだけで画面が点灯しロック解除される。このほか、指紋認証センサーをカメラのシャッターとして利用したり、アプリやファイルのロックにも利用できる。ファーウェイは以前から指紋認証センサーを積極的に採用してきたメーカーだけあって、便利な機能が数多く搭載されている。

rr?rk=0100ii8m00gst9 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

 

thumb 400 06 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

カラーバリエーションはサファイアブルーのほか、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド(SIMフリー専用)、サクラピンク(UQモバイル専用)を用意。これはミッドナイトブラックだ

 

同じ3万円前後のスマホで、P10 lite並みのスペックとスリムさや上質さを実現したモデルは少ない。大半の人が満足できるデザインや性能を、バランスよく詰め込んだ点が支持されているわけだ。

rr?rk=0100gkhf00gst9 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

 

 

「iPhone SE」と比較

thumb 400 08 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

左から、iPhone SE、4インチ(1136×640ドット)、iPhone 6s、iPhones 7、4.7インチ(1334×750ドット)、P10 lite、5.2インチ (1920×1080ドット)。P10 liteは画面が大きく見やすい

「iPhone SE」とも比べてみよう。格安スマホ・格安SIM市場では今年に入ってY!mobileとUQ mobileが低価格でiPhone SEを販売しており、違いが気になる人も多いだろう。

P10 liteの優位点は、画面の大きさと解像度だ。5.2インチフルHD(1920×1080ドット)液晶は、iPhone SEの4インチ液晶(1136×640ドット)と比べて大きく見やすく高画質、そのうえ操作しやすい。

これまでAndroidスマホを使っていた人や、これまでスマホを使ったことがない人が、手ごろな価格で画面の大きいスマホが欲しいならP10 liteのほうが目的に合っているだろう。ネット動画やSNSを快適に楽しみたいならなおさらだ。

iPhone SEは、今までiPhoneを使っていた人ならデータを簡単に移行でき、アプリを買い直す必要がない。また、家族でスマホをiPhoneで統一し、アプリや位置情報を共有したい人には便利だ。だが、今どきのスマホとしては画面の小ささが気になる。コンパクトなスマホが欲しい人という人でなければ、少々不満を感じるだろう。

このほかの処理性能、カメラ、通信性能、指紋認証センサーなどはそれぞれ得手不得手がある。たとえば、iPhone SEは処理速度は速いが、実際の画面表示は大画面かつ高解像度なP10 liteのほうが満足できる。また、インカメラを含めたカメラ性能や指紋認証センサーの反応はP10 liteのほうが若干良い。全体のバランスや満足度でいうと、どちらかが極端に優れているということはない。

thumb 400 09 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

横幅は72mm。スリムかつ丸みを帯びた形状により、片手でしっかり握って親指操作しやすい

基本性能だが、OSはAndroid7.0搭載で、画面は前述の通り5.2インチのフルHD (1920×1080ドット)だ。バッテリー容量は3000mAhで、実際に持ち歩いてSNSやカメラ中心に利用してみたが2日近く持った。最近のスマホらしく、省電力性能が優れている。

なお、本体には独自仕様の急速充電器(9V/2A)が付属する。純正の急速充電器を追加購入するには、今のところ修理センターへの問い合わせが必要だ。公式オンラインストアなどで気軽に購入できる体制を整えて欲しい。

純正でない充電器を購入する場合は、標準的な1ポートあたり5V/1.5~2AのUSB充電器を選ぶようにしよう。日本で対応スマホの多いQuickCharge 3.0の急速充電には対応しておらず、一部のQuickCharge 3.0対応充電器では給電が5V/1A以下になって充電が遅くなることがあった。

月額1,980円(1年間・税別)のスマホ【UQモバイル】
0 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

インスタにも最適!高品質カメラと基本性能をチェック

thumb 400 12 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

カメラ撮影画面。上部のメニューから美肌撮影などを利用できる。マニュアル撮影できるプロ写真モードや、ビジネスシーンで便利な文書スキャン機能も搭載

カメラは1200万画素の、高感度な裏面照射積層型センサーを搭載。オートフォーカスに像面位相差AFも採用するなど、最新スマホのカメラのトレンドをしっかり押さえている。手ぶれ補正は光学式ではなく電子式で、動画撮影は4Kに非対応だが、普段使いで気になるほどではなかった。

インカメラは800万画素でF値2.0のレンズを搭載。ファーウェイ独自の、美肌補正と顔認識による背景ボケを演出するポートレートモードも利用できる。InstagramなどのSNS向けに、印象的なセルフィーを撮りやすい。

実際に写真を撮ってみると、ハイエンド製品に匹敵するセンサーを搭載するだけあって、3万円前後のスマホとは思えない写真を撮影を撮影できる。やや暗い程度の室内や暗所でも見栄えのする写真を撮影できた。オートフォーカスも高速だ。上位モデルのようなダブルレンズカメラなどの仕掛けはないが、記念写真からSNS向けの投稿写真まで幅広く活用できる。

このページ限定★BIGLOBE WiMAX 2+おトクな特典はコチラ>>
0 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

処理性能は数年前のハイエンドスマホ以上

thumb 400 17 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

Antutu Benchmark 6.2.7での計測結果。3万円前後のスマホでは一般的な6万前後のスコアとなった。前機種のP9 liteのスコアは5.5万前後だったので、着実に性能向上している

CPUの処理性能や体感速度だが、P10 liteは8コアチップのKirin658(4コア×2.1GHz + 4コアx1.7GHz)、メモリーは3GBを搭載する。実際の操作でもアプリの起動などで特にもたつきは感じられず、一般的なLINEやWebブラウザー、SNSの動作ではハイエンド製品と特に違いは感じられない。内蔵ストレージは32GBを搭載し、初期状態の空き容量は約20GBほど。microSDカードは最大128GBまでの製品に対応する。

P10 lineが採用するKirinシリーズのCPUは、ファーウェイが自社グループで設計しているチップだ。近年では、発熱が少なく消費電力が低いなど、このKirinシリーズがファーウェイ製スマホの強みとなっている。処理性能としてはKirin658という型番が示すように、3万円前後の他社製スマホの多くが採用するSnapdragon 600番台と同クラスだ。

rr?rk=0100ii8m00gst9 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

ベンチマークアプリ「Antutu Benchmark」のテストでも、他社のSnapdragon 600番台と同クラスの6万弱のスコアを記録した。このスコアはXperia Z3が搭載するSnapdragon 801など、数年前のハイエンドスマホと同等以上だ。

もうひとつテストとして、高画質3DCGゲームとして知られる「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」を動かしてみたところ、リッチ表示/標準(720P)までなら快適に動作した。最新ハイエンドスマホでないと快適に動作しないリッチ表示/高画質(1080P以上)だとコマ落ちする。とはいえ、このクラスのスマホとしては十分なスペックといえる。

ドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応

thumb 400 18 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

UQ mobileのSIMを使って、深夜に通信速度を計測した。通信速度制限の少ないSIMなら、深夜などほかの利用者の少ない時間帯や場所で100Mbps前後の速度で接続できることがある

通信周りの機能は、前モデルのP9 liteから大幅に強化された。LTEデータ通信は、2つの電波を束ねて速度を向上させるキャリアアグリゲーションに対応。理論値で最大262.5Mbpsでの接続できる。大半の格安SIMには速度制限があるのでそこまでの通信速度が出ることは少ない。だがドコモ、au、ソフトバンクのSIM、またはサブブランドのUQ mobileやY!mobileは、人の少ない場所なら高速通信できる場合がある。

対応SIMは幅広い。ドコモの回線を使ったMVNOやY!mobileに加えて、UQmobileやmineoなどが採用するau回線を使ったMVNOのSIM(au VoLTE SIM)も使えるようになった。

月額1,980円(1年間・税別)のスマホ【UQmobile】
0 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

thumb 400 19 px400 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

nanoSIMカードスロットと、nanoSIM/microSD兼用スロットを搭載。日本ではnanoSIMカードとmicroSDカードの組み合わせで使うことになる

SIMカードは、nanoSIMカードスロットとmicroSD/nanoSIM兼用スロットの2つを搭載。ただし、2つのSIMの電話番号を同時待ち受けできるDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)は、4Gと3Gの組み合わせに対応しておらず日本国内では利用できない。海外で2Gと4G/3Gの組み合わせなら利用できる。

Wi-Fiは5GHz帯に対応し、高速なIEE802.11ac規格で接続できる。前モデルP9 liteでは対応してなかっただけにうれしい改善だ。
rr?rk=0100ii8m00gst9 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?

 

高コスパ&プレミアム品質、SIMフリーのベストモデル

P10 liteの評価だが、現在の格安SIM・格安スマホ市場ではベストモデルといっていいだろう。3万円前後の低価格で、高品質なスリムボディーに、高画質液晶、高品質カメラ、まずまず高速なCPUを搭載。3万円前後の製品にありがちな「ちょっと安っぽいな」といった印象もなく、大半の人はこれで十分満足できるだろう。

欠点としては、本文でも触れた予備の急速充電器を購入しづらい点のほか、USB端子が最新のUSB-Cではない点、電話帳の名前入力でふりがなが自動入力されないなど細かい部分が挙げられる。とはいえ、圧倒的なコストパフォーマンスの高さの前ではいずれも些細な点だ。

古いスマホから格安スマホへの乗り換えを考えている人はもちろん、これから格安SIM・格安スマホでスマホデビューを考えている人にも、高品質なスマホをお得に手に入れたいならイチオシの1台だ。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

0 - 格安スマホ人気1位「P10 lite」は買いなのか?
関連記事:「格安スマホ」で注目のMVNO、大手による寡占化進む?総務省が調査へ

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー