Reading Time: 1 minute



「実家から独立して、一人暮らしを始めたい」「遠方から赴任するときに、家賃や生活費を安く抑えたい」――そんな人に人気なのが寮です。社会人なら、企業が福利厚生の一環として提供している社員寮や社宅に入りたい人も多いと思います。

なかでも工場の仕事には、寮付きのものが豊富にあり、オススメです。寮の種類も、自社寮だけでなく、完全独立タイプのワンルームマンションまでいろいろあります。そこで、寮付きの仕事を探している人のために、仕事の種類や寮のタイプ、寮に入ることのメリット、入寮前の注意事項などを詳しくご紹介します。

【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!
0 - 寮付きの求人に応募したい!どんな仕事があるか教えて!

寮付きのお仕事って何があるの?

寮付きの仕事には、自動車や自動車部品の組み立て・組み付けをはじめ、溶接、塗装、玉掛け・クレーン、フォークリフト、食品加工、仕分け・ピッキング・梱包(こんぽう)など、いろいろな種類があります。

なぜ工場の仕事に寮付きが目立つのかというと、製造ラインなどの仕事内容に多くの人手が必要だからです。多くの人を集めるためには、地元の人だけを対象に募集をかけても簡単には集まりません。そこで、寮を用意することで全国から人を集めようとしているわけです。

また、自動車の組み立てのような仕事になると、大勢の人を工場に集めると同時に、広い敷地が必要になります。そんな広い敷地は都心や住宅街にはあまりなく、一般的には郊外に設置されています。駅から遠い場所になると、通勤に時間がかかります。工場の近くに寮を用意して通勤時間が短縮できれば、社員のストレス軽減に大いに作用します。
工場は寮を用意することで、社員が働きやすい環境を提供しているのです。

【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!
0 - 寮付きの求人に応募したい!どんな仕事があるか教えて!

寮付き求人のメリットとは?

寮に入るわけですから、遠方から赴任する人が多いと思います。もし寮がなければ、土地勘がないところで、自分で家やアパート、マンションを探すことになりますが、これは少し手間暇がかかります。さらに、引っ越すために家具や家電なども一式そろえなければならず、お金もかかります。

しかし、寮を利用すれば、物件探しをしなくて済みますし、寮費が無料、または格安で提供されています。その上、入寮に際しての初期費用である敷金や礼金がかからず、冷蔵庫やテレビ、洗濯機、布団といった生活必需品が備え付けてあったり、レンタルできるところが大半です。そのため、引っ越ししやすく、お金と時間の両方を節約することができます。初めての一人暮らしで、できるだけ費用を抑えたいと考えている人にとっては、とても魅力的な条件です。

さらに、寮や工場内に食堂があったり、食事補助手当が出る会社なら、食費を節約することができます。また、光熱費が定額制になっているところが多いので、通常に比べるとかなり安くつくでしょう。このように、寮に入ると、一般のアパートやマンションで暮らすよりも、ずっと生活費を抑えて暮らすことができるので、貯金したい人にはピッタリです。

上でも触れましたが、工場から比較的近いところにある寮が多いため、車の渋滞や満員電車、交通機関の遅延といった通勤に関するストレスを大幅に軽減できることも大きなポイントです。通勤時間が削減できる分、プライベートの時間をしっかり確保できます。

メリットはまだあります。仲間が増えることです。知らない土地で働き始めるとき、最初は不安を感じる人もいると思います。しかし、同じ寮に職場の仲間がいると、話し相手ができて心強いものです。わからないことや気になることがあれば、気兼ねなく聞くこともできます。コミュニケーションが苦手だった人でも、気軽に話せる友達ができるかもしれませんよ。
【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!
0 - 寮付きの求人に応募したい!どんな仕事があるか教えて!

社員寮にも種類がある!どんなところを選ぶ?

寮には大きく分けて「自社寮」と「借り上げ社員寮」の2つのタイプがあります。それぞれの違いと特徴を紹介します。

●どんな寮がある?
・自社寮
会社が土地や建物を所有している寮のことです。大手企業は自社寮を持っているところがたくさんあります。家電や家具などの生活必需品がそろっているため、初期費用がほとんどかからずに利用できる点が大きな魅力です。部屋自体は個別に分かれているものの、風呂やトイレ、洗濯機などは共同というところが一般的です。管理人がいたり、食堂がある寮も多いので、寮内の仲間とコミュニケーションを取る機会が自然に増え、にぎやかに暮らすことができます。
・借り上げ社員寮
賃貸マンションやアパートを会社が借りて、社員に寮として提供しているタイプです。丸ごと1棟借りているものもあれば、部分的に数部屋借りているパターンもあります。このタイプが会社にとって好都合なのは、社員寮を建てる費用や固定資産税がかからないことです。マンションやアパートのメンテナンス費用もかからず、老朽化したら別のところを借りれば済みます。 借り上げ社員寮の中で最近多いのが「ワンルームマンション」タイプです。自社寮とは違って、普通のマンションやアパートで一人暮らしをするのと変わらない生活ができます。風呂やトイレなどは個々の部屋に設置されており、規制や門限などもないところが多く、友人を部屋に招き入れたり、夜に外泊したりといった行為も比較的自由にできます。寮を利用したいけどプライバシーは守りたい、規則に縛られずに暮らしたいという人には最高の条件でしょう。
【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!
0 - 寮付きの求人に応募したい!どんな仕事があるか教えて!

入寮前に必ず確認すること

寮にはそれぞれルールや条件が設定されています。入寮後のトラブルを防ぐため、寮に入る前に一度確認しておきましょう。

まず気になるポイントは、寮費が無料か有料かということでしょう。基本的に無料のところが多く、有料のところでも格安で提供されています。地域によってはワンルームタイプのアパートで1万円前後というところもあります。

ほかには、門限の有無も重要です。自社寮の場合には門限が設定されていることが多く、残業以外の理由で夜間外出していると、鍵を閉められて中に入れなくなってしまうことがあります。夜遅い時間帯の外出を制限している寮が多いので、門限が気になる人は事前に確認したほうがいいでしょう。

また、家族や恋人と一緒に住みたい人は、同居できるかどうかについても確認しておきましょう。一般的に社員寮は一人暮らし、家族と同居するのは「社宅」というイメージが強いですが、なかにはカップルで入れる寮や家族寮を社員に提供している会社もあります。

最後に、家具や家電がどの程度そろっているのかを事前に聞いておきましょう。自社寮であれば、ほとんどの設備が整っていて、着替えや身の回りの品を持参するだけで大丈夫なところがありますが、借り上げ社員寮の場合は、家具や家電の中で足りないものは何かを確認してから入寮すると、新生活のスタートをスムーズに切ることができます。

魅力いっぱい!寮付きの仕事

寮付きの仕事に応募して採用されると、採用側の会社、または派遣会社から入寮手続きについての説明があります。担当者の説明に従って、書類の記入や引っ越しの準備を進めましょう。「インターネットを使いたい」「できれば新しい寮がいい」など希望がある場合は、担当者に伝えておくと、考慮されることもあります。

寮にはいろいろなタイプがあります。入寮前に、自社寮か借り上げ社員寮か、寮費は無料なのか有料なのか、家具や家電はどれくらい用意されているのか、門限はあるのかといった点をよく確認してから手続きを行うことが大切です。

社員寮にはメリットがたくさんあります。寮に入って工場で働きたいと考えている人は、寮付き求人を探して応募してみましょう!

工場ワークスHPより引用
【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!
0 - 寮付きの求人に応募したい!どんな仕事があるか教えて!関連記事:製造業・工場の求人を探すなら工場ワークス


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー