本当に異常気象と言っていいと思いませんか?つい最近まで”暑い暑い”と言っていたのに急に冬の季節になってしまいました。日本の四季は何処へ行ってしまったのでしょうか?とは言え一応、秋なので…健康状態が気になりますよね。

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】
0 - 秋深まり寒い時期の健康生活における注意事項

秋深まり寒い時期の健康生活における注意事項

季節の変わり目が危険なのは常識だが

sayapon20160312402117 TP V 1024x682 - 秋深まり寒い時期の健康生活における注意事項季節の変わり目には体調を崩しやすいということは広く知られています。その原因の大きな部分が気候・気温の変化といえます。単に月日の移り変わりが原因であれば、人間には対策を打つことができません。しかし、気候・気温の変化がポイントであれば対応も可能となります。

寒い時期から暖かくなる場合は、比較的大きなリスクはありません。しかし、夏から秋、冬になるときは非常に危険な場面が生じやすくなります。特に、夏から一気に気温が下がる「秋がない」ようなお天気状況だと、健康管理も難しくなります。

寒くなることの何が危険かといえば、第一に血管が収縮しやすいことです。カレンダー上で1月2月という極寒が当然の時期であれば、それなりの備えができるものの、秋のはずが急に寒くなったという場合は対策が追いつかないことがあるのです。

そのため、体が冷えてしまい血管が収縮してしまう。虚血性心疾患や脳血管障害を引き起こすリスクの高まりです。

風呂場でのヒートショックだけでなく、トイレや廊下で発症することもあります。まだ、この時期に暖房を入れるのは早いとか、もったいないとか考えるのではなく、健康第一に考えましょう。必要であれば、暖房を入れることはもちろん、普段の衣服も暖かいものを活用します。

どんな病気にもならない心構えで秋から冬を乗り切る

saya0I9A4204072170615 TP V 1024x682 - 秋深まり寒い時期の健康生活における注意事項

寒くなることは、四季がある以上避けることができません。しかし、体を冷やすことは心がけひとつで回避できます。
冷えは直接生命にかかわる疾患だけでなく、風邪をはじめとした各種体調不良の元です。まだ秋だと思うのではなく、夏が終わったら冷え対策をはじめるくらいで良いでしょう。

ただ、寒くなってきたからと厚着にチェンジしたところ、急に暖かくなることがあるのが季節の変わり目が厄介な点です。そのため、汗をかいてしまい却って体が冷えるというマイナス面があります。

このあたりは臨機応変に厚着と薄着を使い分ける必要があります。汗をかいたら速やかに拭き取ることはもちろん、冷えたと感じたらお風呂につかることも重要です。
つまり、めんどくさがらないフットワークの軽さが健康を維持するために必要な条件となります。

運動不足で健康を損なうのも、病院へ行くのが遅れて病気が悪化するのも、めんどくさがりさんにありがちなことです。
どんな病気にもならない心構えでいれば、めんどくさいなんて言っていられません。その結果、行動力が向上し健康状態も良くなることが期待できます。

オヤジ世代は何かと疲れることが多く、季節の変わり目への対応まで手が回らない、体がついて行かないという言い分もあるでしょう。しかし、それではグッと冷えるある晩秋の朝、初冬の夜に突然倒れる危険を排除できません。

寒さ対策は他の健康のための行動と比較した場合、何も難しい話ではありません。これが無理というようでは困ってしまいます。いまからでも、フットワークの軽いオヤジとなって健康促進に励みましょう。

関連記事:医薬品によって起こる必須栄養素の枯渇を解説!

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー